2016年の大晦日

sansaroの寿司屋では、大晦日の夜がいつものハイライトとなっています。なぜなら、この夜は伝統的に(バレンタインデーに似ています)、当店では他では手に入らないような特別なメニューを作っているからです。そのため、この日の夜は寿司アラカルトもテイクアウトもありませんので、ご了承ください。

今回は「京都流・江戸流」をモットーにシェフがメニューを組んでくれました。メニューは日本料理の伝統的な側面を象徴するもので、一つのメニューはより現代的な側面で、もちろん握り寿司や江戸前寿司と呼ばれていたものもあります。

いつもお客様の熱気の源となっている特別な夜をお見逃しなく!ところで:私たちはしばしばこのようなイベントのすべての料理の写真を事前に提供することはできませんので、このようなイベントのすべての料理の写真を提供することができます。 昨年の年越しメニューの感想です。

の詳細 2016年のお年玉メニューはこちらでご確認ください - 大晦日のために、ホームページでできるだけ早くベストを予約してください。ご予約時にテキスト欄にメニューのご希望をお知らせいただくか、ご予約後速やかにお送りいただければ、準備のお手伝いをさせていただきます。 私達にメール.

予約の取り方としては オンライン予約のためのホームページに直接アクセスしてください...

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '