エフビーピーエックス

夏の日に飲みたくなる爽やかなお酒です。

タンジェリンと夏らしい温かみのあるバルサムの香りで、ソフトで優しい丸みのある香りです。県内最古の酒蔵である内ヶ崎の純米酒です。1661年に設立された。

1661年に創業した内ヶ崎酒造は、350年以上にわたって「鳳凰」を作り続けている。宮城県で最も古い酒蔵を、16代目の若手蔵人が切り盛りしている。大学で微生物学を学んだ後、山形県の老舗酒造メーカーで修行し、家業を継いだ。

現在の醸造所の建物は、150年以上前に建てられた木造建築です。建物を支えるアンティークの木の梁が、長い年月をかけて身につけた風格を醸し出しています。蔵の中には大きな鉄釜があり、ここで米を蒸す。最近はアルミやステンレスの釜を使う蔵が多くなり、鉄釜を今も使っている蔵は珍しい。これも、先代が築き上げた歴史としっかりと結びついたブルワリーであることの表れです。

これらの伝統的な道具と醸造技術を使って、内ヶ崎酒造の6人の従業員は、冬の間、地元の市場向けにさまざまな製品を精力的に製造している。小さな醸造所でありながら、国内外のコンテストで金賞を受賞しています。
国際市場で販売されるのはごく一部の製品ブランドで、この純米酒「さわやか夏風」もその一つである。特に嬉しいのは、高品質であるにもかかわらず、全製品が非常にリーズナブルな価格であることです。宝永の製品は、きめ細かさ、滑らかさ、バランスの良さが特徴です。宮城県産の特別栽培米「まなむすめ」を使った酒には、この蔵の上品な酒造りが特に適している。滑らかでコクがあり、非常にバランスのとれたお酒です。サワヤカという言葉が「さわやかな」「元気が出る」という意味を持つように、この酒もバルサミコやミカンの香りがする。60%に精米し、純度の高い水を使用しています。丸みのある甘みと同時に、ドライなナッツのような香ばしさも感じられ、すっきりとした後味に仕上がっています。この控えめながら魅力的なスタイルは、蔵元の人柄にも通じるものがあり、彼の酒は単純にいつも魅力的です。

マッチングフード
- 普段の料理と合わせて楽しめるお酒です。寿司や刺身には冷やして、調理した料理には常温でどうぞ。