ジャパニーズウイスキー

歴史、特集、極東の素晴らしいブランド

ウイスキーといえば、なだらかな丘陵地、緑の草原や高原、スコットランドやアイルランドの高い山をすぐに思い浮かべます。スコットランドのシングルモルトやアイリッシュウイスキーは世界的に有名です。しかし、アメリカンバーボンはウイスキーの世界にも進出しています。しかし近年では、極東の黄金色の蒸留酒を聞き、見、味わうことが多くなってきています。ジャパニーズウイスキーは、ウイスキー好きの味覚を制覇し、次々と賞を獲得しています。ニッカ、秩父、サントリーなどの重要な銘柄は、経験豊富なウイスキー愛好家のバーのキャビネットの中でインサイダー・チップとして扱われなくなって久しいが、品揃えの良い酒販店の棚や、ミュンヘンのSansaroのような寿司バーや日本料理店のドリンクメニューで見かけることも多くなってきた。

ウイスキーはどのようにして日本に入ってきたのでしょうか?ジャパニーズウイスキーはどんな味がするのか、極東のウイスキーの特徴は?Sansaroでは、日本の美味しい料理だけでなく、島の飲料文化にもこだわっています。伝統的な日本酒以外にも、多くの厳選された日本のウイスキーがあなたの発見を待っています。日本のウイスキーの世界への興味深い旅に一緒に出よう!

ジャパニーズウイスキー

ウイスキーはいかにして日本にやってきたのか-その歴史を振り返る

日本のウイスキーの特徴を理解したいのであれば、過去を振り返ることは避けられません。日本のウイスキー文化はまだまだ歴史の浅い伝統です。これは、1854年まで日本の幕府によって大きく封印されていたことが主な要因です。その年の3月の幕末までは、日本の経済が多くのヨーロッパ製品に開放されていませんでした。特に日本のウイスキーを扱う際には、絶対に通ることができない名前が2つあります。武鶴政孝と鳥居新治郎。この2人は、現在も蒸留所が市場を席巻している日本のウイスキーのパイオニアです。

1918年にスコットランドに化学を学びに行ったのは竹城正隆でした。彼はすぐにこの美しい国の文化に魅了され、化学の科学だけでなく、料理の専門家や将来の妻のことも知るようになりました。結婚してキャンベルタウンのヘーゼルバーン蒸留所で見習いを始める。日本に戻り、鳥居信治郎とともに日本初のウイスキー蒸留所をコトブキヤに開設しました。鳥井信治郎は、伝統的な日本酒や日本酒の「正中」に加えて、すでにヨーロッパの商品の実験を始めていた。しかし、彼のワインプレスの試みは、むしろ失敗に終わった。マセタカとウイスキーの知識を味方につけて、命の黄金水で突破口を開いた。

当初は2人で力を合わせてスコティッシュスタイルのジャパニーズウイスキーを製造していたが、ある日、2人はお互いに無理をしてしまった。武鶴は退社し、ジャパニーズウイスキー市場で2番目に大きな存在であるニッカを設立しました。

日本のウイスキーの特異性

しかし、ジャパニーズウイスキーは、今日のアワードが示すように、最初から世界ではあまり評価されていませんでした。それどころか、日本の蒸留酒は質が悪いとされていました。1960年代から1970年代にかけて、日本では信じられないほどの数の蒸留所が誕生し、非常に早く、安いアルコールでウイスキーを引き延ばしたこともありました。スコッチやアイリッシュウイスキーに慣れ親しんだヨーロッパ人の心を揺さぶることはなかったが、それは理解できる以上のものだった。美味しいウイスキーは、日本人自身が美味しい料理と一緒に、また、その代用品として飲んでいました。 日本酒.1990年代から2000年代にかけては日本の市場も過飽和状態にあり、地価の高騰、ウイスキー市場の低迷、伝説の羽生蒸溜所を含む多くの蒸溜所が閉鎖に追い込まれたが、これについてはまた後述する...。

しかし、すぐにこれはまた変わることになった。21世紀に入り、非常に優れたジャパニーズウイスキーが欧米に進出しました。2007年にニッカが「竹鶴ピュアモルト21年オールド」で「世界最高のブレンデッドモルト」を受賞し、2013年にジム・マレーが「ウイスキーバイブル」で「ジャパニーズ・ヤマザキシェリーカスク」を世界最高のシングルモルトに選出したとき、ジャパニーズウイスキーはヨーロッパに上陸した。

ジャパニーズウイスキー

日本のウイスキーの特異性

日本の名工たちの多くはスコットランドでウイスキー蒸留の高度な技術を学び、スコッチをお手本にしながらも、日本の基準や好みに合わせたレシピを作ってきました。そのため、ジャパニーズウイスキーはスコッチのシングルモルトとは大きく異なります。日本人は習ったことを完璧にすることで知られています。その努力の成果は、現在市場に出回っている多くの優れたウイスキーの品種で味わうことができます。

伝統とイノベーションの融合

日本人は、古い伝統や技術、レシピと新しい技術を素晴らしい方法で組み合わせる方法を知っています。革新的な技術を用いて、彼らはウイスキー蒸留の独自のスタイルを開発することに成功しました。彼らは生産と熟成のプロセスを監督し、日本の典型的な工芸品の完璧さの旗印の下で、可能な限り最高の結果を瓶詰めするまで手を加えています。ジャパニーズウイスキーメーカーのこだわりは、基本的な原料選びからも始まります。水と穀物で、彼らは最高の品質に注意を払っています。

ブレンドマスターとしての日本人

ウイスキーの伝統的な生産の適応では、日本人の飲用習慣が反映されている。ここでは、シングルモルトウイスキーをあまり飲まずに、ブレンデッドウイスキーに傾倒しています。このようにして、極東の名蒸留家は真のブレンド王となったのです。優れたブレンドに別の樽からウイスキーの結婚、ユニークな喜びのマスターに異なる味の組み合わせは、完全に日本人をマスターしています。

命の水の中のアルコールが少ない

しかし、ブレンドされたウイスキーや、近代的で革新的な技術が使われていることに加えて、ジャパニーズウイスキーは独特の風味が特徴です。日本のウイスキーはスコッチウイスキーのコピーではなく、それぞれの特徴を持っています。その偉大なアイドルたちよりもマイルドで滑らかで微妙な感じです。また、ジャパニーズウイスキーはアルコール度数が低い。もちろん、カスクストレングスの優れたジャパニーズウイスキーもありますが、アジア人は食中や食後に飲むのが好きなので、ゴールデンブランデーは料理の味にやや劣るとされています。その結果、スモーキーなウイスキーはその国の食文化に全く馴染まないため、日本ではほとんどピーテッドバーレイが使用されていません。弊社の秩父「ザ・ピーテッド2015」のような特別にスモーキーなウイスキーや、白州のウイスキーのような非常に微妙な煙の含有量のウイスキーも常にありますが、一般的に日本人は単純にマイルドでバランスが取れていて、派手ではありません。

日本人のウイスキーの飲み方は?

私たちヨーロッパ人は普段、食事ではなく、夜の居心地の良いラウンドでウイスキーを飲みます。ウイスキーの楽しさに付随するのは、チョコレートと小前菜、そして葉巻の一本や他の葉巻だけです。日本では違うんだよ。日本人は、美味しい食事のお供にお酒を少なめにして人生の黄金の水を楽しむだけでなく、精神をさらに薄めてしまうのです。カスク・ストレングスのボトリングからもわかるように、ウイスキーの繊細さを引き出す役割を果たしているのは数滴の水だけではありません。日本人は夏にはウイスキーを寒さで薄め、冬にはぬるま湯やお茶でも薄め、少なすぎない程度に薄めます。

しかし、特に人気なのは、ウイスキーをハイボールとして楽しむこと。このために、グラスの中にはたくさんの氷が入っています。上にはウイスキーが乗ってきて、またもや炭酸水で満たされています。日本では、ハイボールウイスキーは男女ともに仕事後の代表的な飲み物であり、ニッカやサントリーなどの世界的に有名なトップブランドでも、ハイボールに適したウイスキーを提供していたり、そのように宣伝していたりします。2019年からは、人気のサントリー角瓶を使用した「sansaro」でも定期的にメニューにハイボールが登場しています。

ジャパニーズウイスキーの主な銘柄

サントリーとニッカという2大ウイスキー蒸留所の他にも、日本にはウイスキー好きには見逃せない注目の銘柄がいくつかあります。当店のSansaroでは、定番のノージンググラスで極上のジャパニーズウイスキーをご用意しております。ちなみに、ショット・ツヴィーゼルの高品質なグラスでは、4clをお勧めします。ニッカ-コフィーモルトやサントリーヤマザキ-ヤマザキ12などのよく知られているウイスキーの品種に加えて、秩父-ピーテッドカスクストレングス2015などの秩父蒸溜所の特別なウイスキーを知ることができます。洗練された和食の中で、あるいはフードペアリングをしながらのウイスキーのテイスティングで、日本のウイスキーの世界を知ることができます。

サントリー

ジャパニーズウイスキーの代表的な銘柄といえば、確かにサントリーです。ジャパニーズウイスキーのパイオニアの1つである伝統ある会社が、2つの大きな蒸留所で蒸留しています。その一つが、日本最古の蒸留所である山崎ウイスキー蒸留所です。天王山の麓では、サントリーの特徴的なウイスキーを特に軟水から蒸留しています。シングルモルトのボトリングは甘くフルーティーな味わいですが、シングルカスクのボトリングもシェリーカスクのような特別なノートが印象的です。

世界的に事業を展開するサントリーグループの第2蒸溜所は、ウイスキーのパイオニアである鳥居信治郎の息子である佐治敬三氏が1973年に設立しました。白州は日本で最も高い蒸留所で、非常に軽やかでフレッシュなウイスキーを生産しています。しかし、スモーキーな実験もあり、かなり説得力があります。サントリーのもう一つの銘柄は、モルトウイスキーとグレーンウイスキーのブレンデッドウイスキーとして高い評価を得ている「響ウイスキー」です。

ちなみにサントリーはジムビームやボウモアのような老舗ウイスキー蒸溜所のオーナーでもあり、近年の日本のウイスキー蒸溜所の成功を表しています。

ニッカ

当店で試飲していただけるもう一つの高品質なウイスキーブランドが「ニッカ」です。1936年にサントリーを退社した竹鶴政孝が創業した余市蒸溜所は、北海道南部(日本最北端)に位置しています。三方を山と海に囲まれたこの地は、優れたウイスキーを生産するための最高の条件を提供しています。ニッカにも蒸留所は1つだけではありません。宮木京では、特にフルーティーなウイスキーが生産されており、スコティッシュ・ローランド・レディースに匹敵するほどです。

秩父

有名ブランドの他にも、SUSHIYAの私たちは秩父の「イチローのモルト」というブランドに心を奪われています。芥川一朗は、おそらく日本の近代のウイスキー生産者の中で最も優れた生産者であると思われます。古くからの酒造一家の出身で、膨大な専門知識と最高の職人技、そして小さなシリーズで新しいアイデアと古い技術を試しています。かつて祖父が所有していた伝説の羽生蒸留所があったことから、彼の揺りかごにあったのでしょう。そこで一郎は、羽生の古樽を使った古いウイスキーを伝説の「カードシリーズ」として復活させることからスタートしました。2000年代初頭に再建された秩父蒸溜所のウイスキーは、現在、愛好家の間で絶大な需要があり、非常に複雑な風味を特徴としています。Sansaro店では、すでに絶対的なコレクターズアイテムとなっている伝説の「秩父・初代」をはじめ、世界的に完全に品切れとなっている品種を小分けにしてご用意しております!

明石・ホワイトオーク

日本のブランド「明石ウイスキー」は、ウイスキー界の新星です。この素晴らしいウイスキーの産地である江井ヶ島のホワイトオーク蒸留所は、1888年に創業しました。酒類の蒸留免許を取得した最初の会社です。それは主に生産された 日本酒 と焼酎。2000年代以降、ウイスキーもポートフォリオの一部となっています。明石ウイスキーはスコットランドから輸入したモルトを蒸留しています。シングルモルトとブレンデッドウイスキーの数本だけが、広い世界に足を踏み入れています。フルーティーでモルティ、シェリーの香りと軽やかな木のアロマを持つ明石ウイスキーは、グラスの中で自分自身を表現しています。私たちと一緒に、この希少な極上ジャパニーズウイスキーをお楽しみください。ちなみに日本自体では、EUの法律ではウイスキーではないモラセススピリッツを入れて販売されています。

ジャパニーズウイスキーの未来

日本のウイスキー文化に目を向けてみると、人生の黄金水の楽しみ方の違いだけでなく、日本産のウイスキーは非常に高値で取引されていることが多いことに気づくでしょう。これは主に、国自体の需要が非常に高いことに起因しています-そして今、世界は日本のウイスキーを世界最高の一つとして発見しました。ジャパニーズウイスキーが世界で知られるようになったのは非常に遅く、実際には21世紀の最初の10年が過ぎてからです。しかし、これは数年後には変わってくるでしょう。どの優れたドロップがすぐにヨーロッパへの道を見つけるのか、また、Sansaroミュンヘンへの道を見つけるのか、それはエキサイティングなものになるでしょう。私たちは、お皿の上やグラスの中のアジアの魅力をお届けするために、常に目を光らせています。

ミュンヘンでジャパニーズウイスキーの試飲会を開催しました。
2018年12月9日のウイスキー試飲会のプレビュー
遂にsansaroでもう一つのウイスキーのペアリングが登場!もちろん、印象的なジャパニーズウイスキーに合わせて、日本のキッチンチームの特別な逸品も味わいます。ジャパニーズウイスキーの試飲とフードペアリング...
ジャパニーズウイスキーの試飲会 ミュンヘン@寿司屋 すしや
2018年4月2日プレビューウイスキー試飲会
2月にジャパニーズウイスキーを使った最初のウイスキーテイスティングを行ったところ、大変な反響をいただき、多くのリクエストをいただいたため、再度のテイスティングの日を探していました。今、我々は整理 - 夏休みの前に、涼しい気温がまだ精神的な飲み物を許可する限り - イースターの月曜日に15.30hで再び排他的なウイスキーの試飲。