復習 寿司上級コース2018年3月

第1回上級寿司コースの現場レポート

2018年3月11日(日)に初めての上級寿司教室を開催しました。

当店のキッチンチームは現在60年以上の日本料理の累積経験があり、sansaro店は10年前から一貫して高い日本品質の料理を提供していることで知られています。しかし、寿司コースの提供者としての経験はまだ比較的浅い。昨年、初めてのお寿司コースを運営して以来、初心者向けのコースが大人気で、すぐに予約が埋まってしまいました。

だからこそ、最初の上級コースはどうなるのか、最初は少し不安だったのですが、それもすぐに収まりました。斉藤シェフは長年の経験で輝き、多様な分野で魅力的なコーチであることを証明してくれました。少人数の参加者で、日本料理の様々なトピックを探り、特に寿司作りについては、より深く掘り下げていきました。また、具体的な質問や面白い寿司の準備の仕方などにも対応できる絶好の機会です。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
お寿司屋さんsansaroの初の上級寿司コースのための道具や資料が揃う

玉子寿司の卵落としを自分で作る

今回の一番の難関は、お寿司屋さんが大好きな玉子焼きを作ることだったのかもしれません。

1本目は、里見シェフが寿司の卵料理の作り方をルーティンで実演してくれました。玉子焼きは、四角い専用のフライパンで丁寧に揚げていきます。日本の有名な戦刀に使われている幾重にも折り重なった鉄の形を少しだけ思い起こさせてくれます。その努力は、特別な味と心地よい粘りを実現するためになされており、コース参加者は、それぞれが玉子焼きに挑戦したときに、その手の込んだことを実感することができました。そして、参加者の最初の疑問や不安をよそに、最終的には食べられるだけでなく、とても美味しいものになりました 😉 もちろん、斉藤シェフからは、このようなタマゴを家庭で簡単に作るコツも教えていただきました。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
自家製卵のオムレツ「たまご」は、かなりの手作業が必要です。
ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
活動中の玉子焼き
ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
たまご寿司の玉子寿司の下ごしらえ

おしずしと坊主ずしは自分でやる

また、京東地方発祥の押し寿司で、専用の木箱に押し込んで形を整える「押し寿司」の製造も行われていました。鮭のマリネや、押し寿司の中でも特に美味しいとされる野菜の具材の下ごしらえなどを一緒に行いました。

この日は、棒ずし作りの実習も行われました。棒ずしとは、棒状に巻いてプレスしたもので、鯖のマリネとの相性が抜群です。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
SUSHIYA 斉藤シェフがボーズシの原理を解説

当店sansaroのお客様は、季節のメニューや、バレンタインや大晦日などの特別なイベントでは、いつもメニューにはない特別なネタを使った超特別メニューをご用意していますので、このようなお寿司の下ごしらえの形をすでにご存じです。上級コースでは、ドイツではあまり知られていない寿司の形を、興味を持ってくれた参加者の皆さんと一緒に、楽しく練習しました。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
SUSHIYA 斉藤シェフが解説する、サーモンの押し寿司用のマリネの作り方
ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
おしずし作りの説明と実践
ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
レストランsansaroの寿司上級コースのプロからのヘルプ
ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
誇らしげな勝ち組:最初に持っていた押寿司は、すでにそんなに悪くないように見える

ナイフのケアとプロの研ぎと小さなナイフのレッスンは、それが最終的に共同試食に集中的なコースの約4時間後に行った前に、結論を形成した。乾杯には素晴らしい勝山健のお酒、もちろん手作りのお寿司の美味しさと参加者同士の会話も弾みました。参加者の中には、和風テイストの手作りチョコレートを持ってきてくれた人もいました。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
レストランsansaroの寿司包丁上級コース
ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
寿司の包丁研ぎ上級コース

シェフとのジョイントファイナルラウンド

私たちにとって、この初の上級コースは、初心者コースよりもはるかに柔軟で、参加者の希望に応えることができ、コース参加者が自分自身を連れてくることができるという素晴らしい経験となりました。寿司の準備の広い分野では、常に光を当てることができるエキサイティングな側面を提供しています。これは、私たちが知る限りでは、当店の専用コースとプロの寿司コースの特別な独自のセールスポイントでもあります。

現在、初級コースの需要は上級コースよりも高くなっています。ただ、すでに参加者全員が継続を期待しているので、今後は比率が変わるのではないかと疑っています。というわけで、楽しみにしているのは ご意見あなたの質問、あなたの登録で、私たちはお客様の関心が何であるか、何を提供すべきかを知ることができます。

現在の寿司コースの日程は www.sushiya.de/sushi-kurs - 現在は予約システムにも取り組んでおり、コースをより簡単に予約できるようにしています。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」で寿司上級コース
レストランsansaroの寿司上級コースで仕事帰りに素敵な最終ラウンドで雑談

投稿数の増加