ミュンヘンのハートハウスでテクノ寿司を食べてきました。

ミュンヘンのハーツハウスでテクノ寿司を食べてみよう

お寿司をケータリングで提供しています。
目次
2018年5月2日にミュンヘンのHearthouseで開催された、YouDinnerとSUSHIYA sansaroのチームによるテクノ寿司イベントのレビュー。

ドイツで最もエキサイティングなクラブの一つであるハーツハウスでYouDinnerと一緒に素晴らしいイベントを行いました。

YouDinnerは、人と料理の専門家を結びつけます。いつも特別な場所で、いつも共有の長いテーブルで、そしてもちろん料理のハイライトで。重要なのは、クリエイティブで有名なシェフと連絡を取ることもでき、メンバーは直接会うことができることです - 最近では2018年5月2日のように。 この夜、YouDinnerは「テクノ&スシ」に招待し、料理のコンセプトとそのプレゼンテーションについて現場で作業するよう依頼されたのです。なぜなら、通常のレストラン業務に加え、2人の日本人シェフのチームが、全く慣れない環境で5品の小さなメニューを短時間で提供しなければならなかったからです。いわば、シェフのための遠足とでもいうべき特別なケータリングです。

にとっては ハク・ウォッカをドイツで発売 なければならない 白と黒のカラーコンセプトの和食 が開発される。もちろん、見た目が美しいだけでなく、味もよくなければならない。そこで、主役は料理ではなく、明らかにウォッカにある。

とはいえ、私たちのチームは慎重に考え、可能な限り特別なものを創造的に提供する機会を逃すことはありませんでした。数週間かけて、シェフと協力して様々な料理の提案を考え、何度も何度も代理店と調整を行い、後に実行に移しました。

お寿司をケータリングで提供しています。

この ハーストハウス ミュンヘンでは、特別なイベントを開催できるよう、独自の敷地を用意しています。また、ハートの1階には有名なレストランが鎮座し、ハースハウスは1階にも特別なイベント用のレストランがありますが、私たちにとっては、キッチンから遠く離れたクラブスペースにあるという特別なチャレンジでした。そこで、ヘッドシェフの斉藤と長年sansaroのシェフを務める夏子は、通常のキッチンを必要としない特別なメニューをデザインし、急遽、クラブのドリンクバーを寿司のプレパレーションステーションに変身させることに挑戦したのです。ハースハウスクラブメンバーとユーディナーゲストで構成されるこの会は、ユーディナー主催のラインヘッセンとバーデンのワインを試飲しながら、キッチンチームが用意した美味しいコース料理を食べながら、長いテーブルに座っておしゃべりに花を咲かせました。

お寿司をケータリングで提供しています。

興味深いディテールです。例えば、私たちのレストラン「sansaro」では、建築家が部屋の真ん中にある大きなテーブルを寿司屋のカウンターへのオマージュとしてデザインし、人々が会話を弾ませるための方法としています。

寿司はもちろん、このような場所で提供されることが宿命づけられているのです。アマリアンパサージュにあるレストラン「sansaro」では、チーム全員でできる限りの準備をし、2人の寿司職人がハースハウスに立ち、そこですべて調理してお客様に提供しました。斉藤シェフが選び、握った特製の棒寿司、巻き寿司、握りが少しずつ用意されていた。

デザートとして、最後に小さなほうじ茶のティラミスを食べました。私たちはいつものように自家製で、日本茶の「ほうじ茶」を焙煎した上質な香りを楽しみました。

お寿司をケータリングで提供しています。

皆さまに楽しんでいただけましたでしょうか。イベントを楽しみにしていたので、次は日本の料理人チームとのチャレンジを楽しみにしています

まだ当店のことを知らない方で、当店のチームについてもっと知りたい方は、このビデオを見てください。

ユーチューブ

動画を読み込むことで、YouTubeのプライバシーポリシーに同意したことになります。
詳細はこちら

ロードビデオ

日本の味と文化の発信と共有

SUSHIYAは日本料理と日本文化の発信に情熱を注いでいます。当店では、魅力的な日本料理との出会いやをご提供し、そのままご自宅にお届けすることができます。私たちのホームページ、Facebook、Instragramでは、常にニュースや興味深いトピックへの洞察を提供しています。

sansaroメニュー2020

いよいよ2020年8月、日本料理店「sansaro」に待望の新メニューが登場します。そして、もちろん、私たちは新しいものを設定します。

続きを読む "