ミュンヘンのハーツハウスでテクノ寿司を食べてみよう

ドイツで最もエキサイティングなクラブの一つであるハーツハウスでYouDinnerと一緒に素晴らしいイベントを行いました。

YouDinnerは人と料理の専門知識を一緒にもたらします - いつも特別な場所で、通常は共通の長いテーブルで、もちろん料理のハイライトで。重要なことは、あなたはまた、創造的で有名なシェフと接触することができます、メンバーが直接会うことができます - 2018年5月2日の最近のように。 この夜にYouDinnerは「テクノ&寿司」に招待され、料理のコンセプトとそのプレゼンテーションの現場での作業を依頼されていました。通常のレストランビジネスに加えて、2人の日本人シェフのチームが、全く慣れない環境で5コースの小さなメニューを短時間で提供しなければならなかったため、今回も小さな挑戦でした。いわば特別なケータリング、シェフの遠足です。

お寿司をケータリングで提供しています。

ハーストハウス ミュンヘンには、特別なイベントを開催することができる独自の施設があります。また、1階の「ハート」には有名なレストランが入っていて、1階には特別なイベント用のレストランもありますが、私たちにとっては特別なチャレンジでした。そこで、当店の斎藤シェフと長年sansaroを担当してきた奈津子シェフは、一般的なキッチンを使わずに、クラブのドリンクバーを寿司の下ごしらえステーションにするための特別メニューのデザインに急遽挑戦しました。ハーツハウスクラブのメンバーとYouDinnerのゲストの素晴らしい混ざった群衆は、長いテーブルに座って、私たちのキッチンチームからの様々な小さな、しかしおいしいコースとYouDinnerの後援の下でラインヘッセンとバーデンからのワインを試飲しながらおしゃべりをしました。

お寿司をケータリングで提供しています。

面白いディテール。YouDinnerは通常、長いテーブルを使ってお互いを知ることができます。 中卓 寿司屋のカウンターをオマージュして、人々の会話の場としてデザインされています。

お寿司をケータリングで提供しています。

お寿司をケータリングで提供しています。 集中力のある料理人の奈津子が最後の修正をする


寿司はもちろんそのような場所で提供されることが宿命です。アマリエンパサージュにあるレストランsansaroのチーム全員ができる限りの準備をしてから、2人の寿司職人がハーツハウスに立ち、すべての料理を用意してお客様にお出ししました。京都で特に人気のある特製の棒寿司、巻き寿司、握りなどを斎藤シェフが厳選して調理したものを少しだけ用意していました。

最後に小さなほうじ茶ティラミスをデザートとして、いつものように我が家の自家製で、焙煎した日本茶「ほうじ茶」と一緒にいただきました。

お寿司をケータリングで提供しています。

皆さまに楽しんでいただけましたでしょうか。イベントを楽しみにしていたので、次は日本の料理人チームとのチャレンジを楽しみにしています

お寿司をケータリングで提供しています。 仕事が終わってさよならを言う斉藤


まだ当店のことを知らない方で、当店のチームについてもっと知りたい方は、このビデオを見てください。
ユーチューブ

動画を読み込むことで、YouTubeのプライバシーポリシーに同意したことになります。
詳細はこちら

ロードビデオ

投稿数の増加