sansaroレストランでのレビュー ジンの試飲会 2019年6月

レストランsansaroでは、すでに数多くの高品質な試食会を開催しています。 にほんざけ そして ジャパニーズウイスキー 日本のジンの試飲会と、アマリエンパサージュの大きなテラスでの試飲会です。

それによると、チーム内の緊張感は凄かったですね~特に日陰では35度で一人で汗をかきそうになっていたので。試飲会の前夜、自発的にお客様のために数本のうちわを作り、2015年にお客様のために作った古いカレンダーを再利用しました。ルイーズ・アードナーさんの写真シリーズ「Finding the familiar in the foreign」の素敵な写真がぴったりで、スタイリッシュで美しいファンに感激しています。

アマリエンパサージュのサマーテラスでの素敵な試食会

28名のお客様は、傘の日陰で、穏やかな風が吹くテラスで、扇形のもみじに囲まれながら、日本のジンについての知識を持つユルゲン・リーベナウ氏の説明に耳を傾けていました。

今回の試飲会では、菅原シェフの料理との相性の良い日本のジンをリストアップしました。

サントリー アイスジン 37%+カツオとこぶだしのお吸い物 - 日本の魚のスープに新鮮なマグロとオリーブの串焼きを添えて、ドライ・マルティーニへのオマージュを表現した。

本坊マルス和美吟 45%+さばの竜田揚げ - 鯖の紫蘇の葉のフライ(紫蘇もこのジンの材料の一つ)で、鯖のタレがジンを引き立てている。

京屋ゆずぎん 国産クラフトジン47%+海老とほたての春巻 - いわば手作りの本格的な生春巻きをマンゴーソースのようなもので、限定の柚子ジンとの相性も抜群でした。

京都蒸溜所 木の実エディションK 46% + 賀茂のじぶん - ジブニスタイルのダックは、この偉大で、求められていた限定ジンの軽やかなピートノートと完璧に対照的なもので、ウイスキー樽で熟成されていました。

あかねクラフトジンハートなつ 46%+アーモンドとキャラメルのレモンパフェ - 単体ではとても甘そうなデザートでしたが、あかやねさんの季節シリーズの「夏」のジンと合わせてみると、急にピッタリと合います

あまりにも面白かったので、私たちは勝手に6番目のジンを一緒に試飲しました。 駒佐法師茶 濃厚な緑茶の香りで...

美しいイベントを成功させるための大きなフィードバック

暑さの中、たくさんのジンを飲み続けてくれたお客様、そしてキッチンチームの努力に対して、このような熱心で親切なフィードバックをしてくれたお客様、本当にありがとうございました。

レストラン「sansaro」での試食会は、その前後に必ずと言っていいほど、多大な努力が伴うものです。とはいえ、大きな反響があったので、8月末にまたジンの試飲会を開催するかどうか検討中です。今回もカスタムフードとのペアリングで、もちろん少し変わったジンのセットアップ。これについてはどう思う?私たちのホームページのお問い合わせフォームに数行ご記入ください。

ヴィメオ

動画を読み込むことで、Vimeoのプライバシーポリシーに同意します。
詳細はこちら

ロードビデオ

投稿数の増加