2018年11月1日上野ミュラー良子さんとの日本酒試飲会

当店のテイスティングイベントは2年前から好評を博しており、美味しい日本のお酒と特別な前菜を組み合わせています。2018年11月1日の万聖節の日、sansaroレストランでは、今回も日本酒をテーマにした試飲会を開催します。

日本酒をテーマにした専門家の紹介

2018年11月1日、いよいよその時がやってきました。"日本の上質な味 "を愛するすべての人に "日本酒 "の話題を紹介するために、上野ミュラー良子さんがミュンヘンにやってきます。日本酒といえば、熱燗酒としてしか知られていないことが多い。しかし 日本酒 実際にはシュナップスとは何の関係もありません - ワインの方がはるかに多いです。

試飲会では、上野ミュラー氏が日本酒の世界を案内し、いくつかの優れた品種を一緒に試飲しながら、高品質の日本酒を支える職人的な精巧な工程を説明します。上野ミュラー氏は、ドイツで最も有名な日本酒の専門家であり、「Mistress of Sake-Tasting (利き酒師)」などの賞を受賞しています。今回の試飲会では、勝山「玄」や、お手頃価格の「大宰府39」など、新しいお酒を企画しました。 また、新しい酒蔵「池亀」の紹介や、辛口のお酒「今代司黒」についても、お客様のご意見を伺いたいと考えています。

このイベント限定のフードペアリング

シニアマスター特別企画」の斉藤正美さんは、すでに特別な料理のペアリングを考えるのに忙しくしています。

鮨屋 ミュンヘン店で日本酒の試飲
白飯の酒と昆布のマリネ 塩梅と味噌ダレで焼きポルチーニ茸を添えて(炙り)
鮨屋 ミュンヘン店で日本酒の試飲
柔らかなイベリコ豚を酒味噌に漬け込み、柿とイチジクと一緒に一晩じっくりと煮込みました。
鮨屋 ミュンヘン店で日本酒の試飲
長芋と茄子のピューレの上に海老と枝豆の酒ポン酢ゼリーのテリーヌ
鮨屋 ミュンヘン店で日本酒の試飲
堂内と山椒のスパイシートロトロタタキ オニオンサラダ 酒オリーヴライムソース

今すぐイベントへの参加を確保する

イベントは15時30分から約2時間半。約18hから私たちと再び通常の夕方のレストランの操作を開始します。

ご予約をお願いします。 ホームページ上のオンライン ご登録はお早めに - 場所に限りがあります。重要:試飲会の後、もっとお酒を飲んでみたい方、お食事をしたい方、お友達と話をしたい方は、お席をご予約させていただきますので、ご連絡ください。

ちなみに、これまでのイベントのちょっとしたレビューは、以下にもあります。 予約ページ を下回る。

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '