2019年5月5日にsansaroレストランで日本酒の試飲会を開催します。

私たちのキッチンチームは、2019年5月5日にミュンヘンのsansaroレストランで開催される日本酒の試飲会の準備にすでに忙しくしています。 かつやまダイヤモンド.

日本の国民的酒類の文化、酒温、磨き度などの専門用語に隠された謎と神話を紐解きます。

価格帯の異なる厳選された高級日本酒との組み合わせで、幻想的なコーディネートのメニューを体験していただきます。

今回は計画までしています。 ふたつ 日本酒のコースごとに、日本酒と酒造りのプロセスの異なる特徴をよりよく対比させるために。

クリストス・ネティス氏は、ロンドン、バーレーン、グランドケイマン、そしてミシュランの星付きガストロノミーの世界で10年の経験と知識を得ており、特にリッツカールトンホテルのヘッドソムリエを務めました。日本酒は昔からの憧れの対象で、近年では上野グルメの熱狂的な顧客から、長年のパートナーである当社の専属社員へと成長しました。

現在、試飲を予定しているのは以下のお酒です。

リハク放浪の詩人&福寿神戸クラシック
今宵つかさブラック×花巴ネイチャー×ネイチャー
天吹いちごの花&理白夢幻の雲
カメマン玄米&出羽桜一郎
勝山ダイヤモンド
福寿梅酒

メニューやプログラムの詳細はまだ最終調整中ですが、2019年5月5日にsansaroで開催する日本酒テイスティングのために、今回考案した料理の仮プレビューをお届けします。詳細は近日中にこの記事でお知らせします。 お申し込みはいつものようにホームページで。

いつものように、このイベントのための独占フードペアリング - 2019年5月5日のためのスニークピーク、免責事項:これらは最初の下書きです、料理はもちろん創作過程で変更される可能性があります....

鮨屋 ミュンヘン店で日本酒の試飲
長芋のすりおろし蒸し、白身魚とグリーンアスパラガスをウニの紹興酒ソースでコーティング
鮨屋 ミュンヘン店で日本酒の試飲
やわらか卵かけうずらの卵の醤油漬け、枝豆、桜の塩漬け、自然白濁米酒ソース
鮨屋 ミュンヘン店で日本酒の試飲
カタツムリの赤だし酢飯、アーティチョーク添え
鮨屋 ミュンヘン店で日本酒の試飲
日本の新しい時代の転換期に向けて、礼和嘉門の形をした果物

今すぐイベントへの参加を確保する

今回のイベントはすでに15.00hから始まり、約2時間半続きます。約18hから私たちと再び通常の夕方のレストランの操作を開始します。

ご予約をお願いします。 ホームページ上のオンライン ご登録はお早めに - 場所に限りがあります。重要:試飲会の後、もっとお酒を飲んでみたい方、お食事をしたい方、お友達と話をしたい方は、お席をご予約させていただきますので、ご連絡ください。

ちなみに、これまでのイベントのちょっとしたレビューは、以下にもあります。 予約ページ を下回る。

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '