レビュー 寿司ビギナーズコース2018年2月

初心者寿司コース 2018.11.02.11

それぞれのコースは常に少しずつ異なり、参加者によって焦点やプロセスが異なります。2月11日にまたsansaroのお店で食べた初心者向けのとても素敵なお寿司コース。Whereby - 初心者は、今回はほとんど間違った言葉のようです。驚いたことに、参加者の多くはすでに寿司との接点を持っていて、中には何年も前から当店のsansaroを熱心に利用している人もいました。また、何度も日本を訪れて寿司が好きになった人もいれば、自宅で寿司を握ったり、別の寿司教室に通ったりしていた人もいました。この時点で:紹介ラウンドで何度も何度も素晴らしいお褒めの言葉を頂きまして、本当にありがとうございました~私たちもとても嬉しいです

理論から実践へ

今回の参加者は、前回の寿司体験が大きかったこともあり、理論から実践へと進み、巻きずしの巻き方から王様のしつけである「握り」へと、あっという間に上達していました。

その後、寿司の高い芸術である握りもまた、どちらか一方に挑戦してきました。齋藤シェフに加え、シェフの夏子さんと新堂さんも参加者の面倒を見てくれて、可能な限りのサポートをしてくれました。一部はドイツ語で、一部は日本人サービススタッフの翻訳付きですが、結局のところ、本物の寿司は本から学ぶだけではなく、実践と経験が必要な技術です。

sansaroの寿司コースのプラスポイント:集中サポート

レストランsansaroの寿司コースの参加者は、12名の参加者に対して3名の寿司職人から独占的かつ有能なサポートを受けることができます。また、私たちのシェフにとっては、いつもカウンターの後ろにいるのではなく、お客様と直接コンタクトを取り、対話することができたのも良い変化でした。

遅くとも新鮮な鯛が食卓に並び、斎藤さんが切り方を説明してくれた時には、日本料理がドイツ料理とどれだけ違うのか、寿司の下ごしらえがどれだけ凝っているのか、改めて実感しました。お店のお寿司の場合、料理人は最初の注文の数時間前から魚を脱スケールし、骨を抜いて切り身にしなければなりません - 私たちのコースの場合は、もちろんほとんどが準備されていました、なぜなら家のお寿司の場合は、通常は専門店で完成した切り身を購入するからです。

参加者の中には、それにもかかわらず、勇気を持ってドラドと切り身自体を試してみました - より深く、それは私たちが3月に初めて提供する高度な寿司コースで行く。詳細情報と登録は以下の通りです。 www.sushiya.de/sushi-kurs

私たちのコースは小さくて細かく、最後の数ヶ月はいつもすぐに予約が埋まってしまいます。でも、小さな輪と月並みなリズムは大切にしたいし、今回の日曜日のように、こんな素敵な輪が仲間入りしてくれると、特に嬉しいです。sansaroでお会いしましょう!ありがとうございます。

投稿数の増加

Azuki-Cheesecake

Unser Azuki-Chocolate-Cheesecake, der sich seit ein paar Wochen immer wieder als Dessert auf der Tageskarte in unserem Liefer- und Abholservice findet, wird ausgesprochen gut von

続きを読む '