レビュー寿司コース 2017年11月

鮨屋 ミュンヘン店のお寿司コース
寿司コース 2017年11月 sansaroミュンヘン

11月11日に初の公式寿司教室を開催しました~。 フェイスブックのここ 絵に描いたような短めのレビュー!

のようなコースで、大いに楽しませていただきました。 トライアルコース数週間前にメルマガ読者の方と一緒に開催した

参加者の皆さんには楽しんでいただけたのではないでしょうか。寿司屋のシェフが毎日行っている魚や野菜などの準備を抜きにしても、美味しい寿司を作るためには非常に忙しい作業です。師匠が空から降ってきたわけではないので、「練習、練習、練習」しかないのです。

最大13名の参加者を3人のシェフが担当し、もちろん、コース中の質問にも可能な限りお答えしますので、正しい指導を受けることができます。

コースにも参加したい!という方は、2018年1月、2018年2月の次回日程がオンラインに掲載されています。各コース12名様限定ですので、お早めにご予約ください。

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '