レビュー ウイスキー試飲sansaro 2018年12月

"たくさんのウイスキーの試飲会に行ったが、これはセンセーショナルだ!""高級な試食会、ここでやっているのはグルメ料理教室!" - 2018年12月のウイスキーテイスティングにご来場いただいたお客様からいただいた素晴らしいご感想をご紹介します。

そして、日本の蒸留酒を一緒に楽しんでくれた、とてつもなく素敵なお客様にも喜んでいただきました。

2018年12月のウイスキー試飲会は完全予約制

ジャパニーズウイスキー は、私たちの心に密着した刺激的な話題です!ニッカ、山崎、白州、秩父を中心としたコレクターズアイテムは、なかなか手に入りません。そして、私たちは、実際に日本の希少な蒸留酒のすべてのボトルにストーリーを伝えることを知っています。

からの希少なジャパニーズウイスキーの看板専門家ユルゲン・リーベナウによるジャパニーズウイスキーの興味深い歴史を専門的に梱包してまとめました。 jwhisky.com.

食品化学者・竹鶴政孝の出発から、鳥居信治郎との提携、今日の世界最大手飲料会社が世界のウイスキーのトップを席巻するまでのジャパニーズウイスキーの始まりをカバーし、短い時間ですべてを知っていた。

日華余市から白州12号、希少な秩父ちび樽まで、様々なテイスティングフライトでウイスキーのテイスティングはとてもエキサイティングなものとなり、ジャパニーズウイスキーの世界を旅するエキサイティングな旅となりました。特に面白いのは、レアで古い 日華大紀元 講演者のユルゲン・リーベナウ氏が宝箱から持ってきてくれたものです。今回試飲したウイスキーは、該当するブログ記事で紹介しています。

すぐにフォロー:2019年春の新ウイスキーテイスティング

現場のゲストからの素晴らしいフィードバックを受けて、2019年2月24日か3月10日にまたウイスキーのテイスティングをすぐに発表したいと思っています:2019年2月24日か3月10日に、またウイスキーのテイスティングを行います

正確な日程は、ニュースレターや、もちろんwww.sushiya.de/whisky-tasting で、できるだけ早くお知らせします。今回も、様々なジャパニーズウイスキーを集め、キッチンチームによる特別なフードペアリングと一緒に味わうことができるのは確かです。早期割引の恩恵を受けたい方は、今すぐオンラインショップでウイスキーテイスティングのバウチャーを注文してください。

2019年春のウイスキー試飲会では、新旧の顔ぶれにお会いできるのを楽しみにしています。もちろん、今回も新しいウイスキーフライトと、キッチンチームによる新しい個別の料理のペアリングをご用意しています。

寿司屋「すしやミュンヘン」でジャパニーズウイスキーの試飲
ミュンヘンのSUSHIYA sansaroでの試飲会:聴衆は熱心に耳を傾ける
美しいグラスの中には、日本のウイスキーの良さが凝縮されています。
美しいグラスの中には、日本のウイスキーの良さが凝縮されています。
寿司屋「すしやミュンヘン」でジャパニーズウイスキーの試飲
2018年12月のウイスキー試飲会では、クリエイティブシェフの斉藤正美さんがゲストをお迎えします。
寿司屋「すしやミュンヘン」でジャパニーズウイスキーの試飲
スピーカーのユルゲン・リーベナウ氏は、宝箱の中から「日華大紀元」を誇らしげに紹介します。

寿司屋「すしやミュンヘン」でジャパニーズウイスキーの試飲

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '