ジャパニーズウイスキーをフードペアリングで試飲してみたレビュー2018.02.25

2018年2月25日にSUSHIYA sansaroで行われたトップクラスのウイスキー試飲会は、ゲストによって体験されました - 少なくとも出席したゲストのフィードバックが信じられるならば。山崎バーボン樽や白州18号など、非常に希少で高価なボトルを含む数種類のジャパニーズウイスキーを試飲していただきました。また、当店の厨房で作られた小さなこだわりの料理のペアリングや、ウイスキーの専門家による講演会の同行もありました。

初心者からプロまで楽しめるウイスキーテイスティング

晴れているがとても寒い日曜日、ミュンヘンのアマリアンパサージュにある寿司レストランsansaroに、非常に混在したゲストが集まっていた。目的:日本のウイスキーを試飲し、日本のキッチンチームによる特別な創作料理とフードペアリングすること。については、すでに2017年以前にも何度か同等の試食会を開催し、成功していました。 テーマ酒 abgewickelt. Die Nachfrage nach unseren Tastings steigt an, da jeder Termin im Restaurant sansaro ein exklusives Event mit einem besonderen, individuellen Food-Pairing ist. So hatten wir bereits bei dem zweiten Sake-Tasting 2017 im November zahlreiche „Wiederholungstäter“, die beim ersten Termin im Mai 2017 ebenfalls begeistert dabei waren. Bei diesem Whisky-Tasting waren nach unserer Schätzung die Hälfte der Teilnehmer bereits Gäste unseres Restaurants, die andere Hälfte Whisky-Fans und Tasting-Kenner.[/vc_column_text][vc_column_text]Die Brücke zwischen der japanischen und der schottischen Whisky-Welt wurde von Referent Mark Armin Giesler geschlagen: er hat viele Jahre in Schottland gelebt, selber alle möglichen Stufen von Ausbildung bishin zur Geschäftsführung einer Brennerei durchlaufen und sich dabei solides Wissens aus dem Teil der Welt angegeeignet, wo Whisky eigentlich mal „erfunden“ wurde. Und genau so haben es auch die Japaner gemacht, die in den 1920er Jahren das Wissen über die Whisky-Brennkunst in Schottland gesammelt haben und dann in Japan (mit schottischen Brennblasen) aufgebaut und verfeinert haben.[/vc_column_text][vc_column_text]Entstanden ist in Japan daraus unter anderem der Konzern Suntory, der 2014 Jim Beam Whiskey in Amerika gekauft hat und Mark Armin Giesler ist Brand Ambassador von Beam Suntory, dem dritt größten Whisk(e)y-Konzern der Welt mit den Marken Yamazaki, Hibiki und Hakushu, die auch Whisky-Kennern in der westlichen Welt ein Begriff sind. Der Yamazaki Sherry Cask beispielsweise gilt als einer der höchst bewerteten Whiskys weltweit, und viele Whisky wie Yamazaki 18, Hakushu 18 oder Yamazaki Bourbon Barrel sind High-End-Spezialitäten, für die erhebliche Preise aufgerufen werden und die kaum noch zu bekommen sind.

マーク・アーミン・ギースラーは、個々の専門家が与えたポイントをあまり重要視すべきではないという意見を持っています - 「それは主観的なものであり、味がなければならない!」と、紛れもないレニッシュマンは言います - そうでなければ何の役にも立ちません。今日はそのためにここに来たんだ どのウイスキーが好きなのか見に来たんだ

ユニークな料理のペアリング

午後はウイスキーと炭酸水を混ぜたハイボールでスタート。それに合わせて、アボカドボートに自家製野菜チップス、日本のマヨネーズ、そして日本のトビコを添えていただきました。

次のコースでは、「日本料理のズッキーニの花を使ったゴルゴンゾーラ......それは合わないと思っているんですね!」と、いつもの思考パターンの打破に挑戦しています。そして、ゴルゴンゾーラの味は最初は非常に強烈ですが、その後、ウイスキーと一緒に両方を試してみると、なんと!」とレオニー・クリンハンマーは感心しています。レオニーは、ウイスキーを本業としていることが多く、仕事は ミュンヘンを拠点とするウイスキーのディストリビューター whic.deまた、試食動画なども作成しているので、経験豊富な口からのお褒めの言葉がとても嬉しいです。

それぞれのコースは、シェフが特別にデザインしたソースとそれぞれのウイスキーをテイスティングしていただきます。結局、この日の夜は、料理のペアリング、ジャパニーズウイスキー、スピーカーの専門家のレクチャー、どれが重要なのかわからないのです。

ジャパニーズウイスキー

一つはっきりしているのは、日本人は驚くほどの完璧さと細部へのこだわりを持ってウイスキーを作っているということです。スコットランドの蒸留所では、常に同じスチルを使用して最高の安定したフレーバーを生産しているのに対し、日本では蒸留所ごとに異なる形状のスチルを使用して、より多様なフレーバーを生産しています。これらのモルトは、マスターブレンダーによって印象的にブレンドされ、優れたブレンドを生み出したり、優れたシングルモルトに熟成されたりします。sansaroレストランでは、1本1本にお金をかけなくても、ご来店の際に少しずつ試飲していただける上質な日本のウイスキーを多数ご用意しております。だから、ボトルのコスト "山崎バーボン樽今回の試飲会でお客様にお出しした「白州18」のボトルの価格は、現在、最低でも450ユーロ(時にはそれ以上)、「白州18」のボトルは-もし手に入れば-約300ユーロです。しかし、SUSHIYA sansaro sansaroでは品質を愛しており、日本酒やジャパニーズウイスキー、キッチンチームの特別な創作物など、お客様に何か特別なものをお見せすることができたときは、とても嬉しく思います。ちょっとしたヒント:常に自分の注文のために4clのバリアントを選択することで、グラス、鼻、口の中で香りと味をより良く分配することができ、より多くの利益を得ることができます(4clは2clよりも安く計算されています)。

安くはない:2/25/18のSUSHIYA sansaroのウイスキー試飲会で試飲した6本のウイスキーのうち3本。山崎12号、山崎ブルボン樽、白州18号。

最高の褒め言葉は、若くてムチムチ好きな経営コンサルタントからのものでした。

すべての分野での細部へのあなたの注意は、本当に顕著で、素晴らしいです。sansaroに行くのはいつも特別なことなんですよね!

次回の試食会を見逃さない方法

]次回のSUSHIYA sansaroでの試食会を楽しみにしています。 ニュースレターを購読する自動的に通知されるようにします。 メッセージを送る新しい日程が決まり次第、お知らせするようにメモしておきましょう

質の高い試食会への関心が高まっていますので、ご希望の内容をお知らせください。そして、次の試飲会が開催されるまでは、レストランsansaroで美味しいジャパニーズウイスキーを飲みに来てください!

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '