レビューウイスキー試飲会2019年3月 - それはそれだけの価値があった....

2019年3月17日にミュンヘンのsansaroレストランで開催されたウイスキー試飲会に親密なグループが集まっていました - 素晴らしい日曜日の天候にもかかわらず、希少なジャパニーズウイスキーの専門家であるJürgen Liebenau氏がsansaroでのウイスキー試飲会を開いたので、来場者全員が高揚していました。

噂によると、ニッカは素晴らしいニッカ コフィー モルトとコフィー グレインの生産を中止したとのことで、近いうちに高価になるか、他の多くのジャパニーズ ウイスキーと同様に、ほとんど手に入らなくなるのではないかとのことです。レストランsansaroでは、特別なカラム蒸留プロセスからの素晴らしいエントリーレベルのウイスキーをいつでも少量でも味わっていただけるように、いくつかのボトルをストックしています。

続いてサントリーロイヤルSRの旧作 JWHISKYのストックからコレクターズアイテムボトルはすでに少しくたびれていますが、香りは素晴らしく優しくて魅力的です!このウイスキーは多くの参加者に好評だったので、すぐにリーベナウ氏に残りのストックをSUSHIYA sansaroのゲストのために置いておいてもらうことにしました。おそらく2019年5月からは、新しいエントリーレベルのウイスキーとして新しいドリンクメニューになります。

その後も、ニッカ竹鶴17、秩父産ワインウッドリザーブブレンド、秩父産IPAカスクシングルモルトなど、希少で高品質なジャパニーズウイスキーの花火が打ち上げられ、最後はリーベナウ氏がニッカ蒸溜所から個人的に持ってきたキーモルト「フルーティー&リッチ」で締めくくられ、自家製のマーブルケーキのデザートも添えられて盛り上がりました。

参加者の多くは、これはウイスキーのテイスティングというよりも、美食家のためのフード・ペアリング・イベントだという意見を持っていました。私たちにとっては、創造性を追求することがスタンダードであり、高品質の食材と適切なペアリングが求められます。私たちのキッチンチームの高い努力は、その後、また、特別な材料を使用して作業し、特別な感謝のゲストを味わうために、もちろん常にエキサイティングな私たちの台所のために、最後に雷のような拍手で報われます。

ミュンヘンのレストランでの次回のウイスキーテイスティングを楽しみにしています。また、その間には、常に私たちの ウイスキー試飲会のギフト券 to buy: 需要が高く、引換券が多く売れているのを見て、夏の間にもう一回試飲させていただきたいと思います。

また、常識にとらわれない発想をお望みの方には、定期的に日本酒の試飲会を開催しており、香り高い日本の高級米酒をご用意しています。 すべての情報と現在の日付は、www.sushiya.de/sake-tasting/ で見つけることができます。.次回の日程は2019年5月5日を予定しています。

寿司屋「すしやミュンヘン」での日本のジンとウイスキーの試飲会のためにスピーカーを務めました。

ジャパニーズウイスキーの試飲会 ミュンヘン@寿司屋 すしや

ジャパニーズウイスキーの試飲会 ミュンヘン@寿司屋 すしや

ジャパニーズウイスキーの試飲会 ミュンヘン@寿司屋 すしや

ジャパニーズウイスキーの試飲会 ミュンヘン@寿司屋 すしや

ジャパニーズウイスキーの試飲会 ミュンヘン@寿司屋 すしや

ジャパニーズウイスキーの試飲会 ミュンヘン@寿司屋 すしや

ジャパニーズウイスキーの試飲会 ミュンヘン@寿司屋 すしや

投稿数の増加

3月3日のひな祭り

特別な日の特別食 3月3日、日本ではひな人形が設置され、飾られています。この「女の子の日」(別名「人形や雛祭り」とも呼ばれています。

続きを読む '