2018年2月25日のウイスキー試飲会|SUSHIYA sansaro

2018年2月25日プレビューウイスキー試飲会

今回のウイスキーテイスティングでは、シェフが考えた料理とのペアリングは、私たちを驚かせてくれます。

ズッキーニの花とワサビのゴルゴンゾーラ、和牛のタタキとウイスキーのジンジャーソースなど、他にも様々なメニューがありますが、中にはメニューにない希少なウイスキーもあります。

sansaroでのウイスキー試飲会のプレビュー

日本産5本、スコットランド産1本の計6本のウイスキーを、お料理のシーンに合わせてお楽しみいただきます。

シーンに合わせた料理とは、それぞれのウイスキーに合わせた6つの素晴らしい料理のペアリングを体験することを意味します。

茄子の花の味噌和えゴルゴンゾーラわさびソース、牡蠣とホタテのバター炒めウニソースとボタルガのすりおろし有機豆腐の温製スライス、ワグのタタキと焼きシイタケの生姜ウィスキーソイソース、うわぁ~。シェフは、個人的に好きなウイスキーのテーマに敬意を表しています。

有能な伴奏は、ビームサントリーのブランドアンバサダーであり、ウイスキーのスペシャリストでもあるマーク・アーミン・ギースラー氏が担当しています。ハイボール」というエキサイティングなテーマを皮切りに、「山崎12号」「山崎バーボンバレル」「白州18号」など、山崎と白州のブランドを中心に、初心者からハイカラットまでのウイスキーをご紹介します。もちろん、ビル・マレーとの「ロスト・イン・トランスレーション」で知っている人もいるウイスキー、響がいなくなったわけではないかもしれません。そして、最後と比較のために、デザートにはスコッチ:グレン・ガリオック12があります。 試飲がとても楽しみです

今すぐ場所を確保する このイベントに参加して、最高のウイスキーとユニークな料理のペアリングをお楽しみください。

 

スタートのハイボールとしてのチタ

とりあえず、山崎知多は「ハイボール」のバリエーションで登場します。"ハイボール "は、日本では、特にあらゆる社会階層の女性の間で非常に人気があります。さらに、シェフが帆走するアボカドのチフチェンには、野菜チップスが添えられています。

響 和のハーモニー&わさびゴルゴンゾーラズッキーニブロッサム

ブレンデッドウイスキーのシリーズの代表格といえば、世界的にも大人気の「サントリー 響 JAPANESE HARMONY」があります。 映画「ロスト・イン・トランスレーション ソフィア・コッポラ著ウイスキートマトペーストの上にわさびゴルゴンゾーラと味噌玉子を乗せたズッキーニの花が添えられ、エディブルフラワーで飾られています。

山崎12 牡蠣&ホタテ入り

初のピュアシングルモルトとなる「ヤマザキ12」は、年齢を表すウイスキーであり、今もなお手頃な価格で、そして何よりも今でも入手可能なウイスキーです。バターで揚げたホタテ、おろしたボタルガ、有機豆腐のスライスをキュウリとウニのソースの上にのせて焼き牡蠣を提供しています。

山崎ブルボンバレル2013 キングカニのテリーヌ添え

なかなか手に入らない、手に入らないのが次のウイスキー:山崎バーボンバレル2013、世界中の皆様のために調達した数ある希少なウイスキーの一つです。このウイスキーはメニューにもありませんが、少しスモーキーな白州バーボンバレルのマイルドな兄弟で、同じように希少で、4clでも28ユーロと比較的安く計算されています。ここでは、レストランsansaroでウイスキーのテイスティングを持っているユニークな機会は、400ユーロのためにボトル全体を購入することなく、小さなショットで山崎バーボンバレルを味わうことができます。

白州18号&和牛たたき

最後に、微妙なスモーキーさで知られる山崎蒸溜所の姉妹である白州の話題になります。白州18年は絶対的なトップ商品であると同時に、簡単には手に入らない商品でもあります。ここでの2clショットは通常18ユーロです。sansaroのウイスキー試飲会で、ウイスキー生姜焼きのタレに焼きシイタケをのせた和牛のタタキと一緒に提供されています。

デザートにグレンガリオッチ12

ジャパニーズウイスキーの旅の最後には、すべてがウイスキーから始まったヨーロッパに戻り、かつての伝統的な蒸溜所グレン・ギャリオックが復活したからです。スコットランド産シングルモルトのグレン・ギャリオック18と、フレッシュな柚子(!)、金柑、グレン・ギャリオック12の自家製ジャムを添えたほうじ茶のパンナコッタの小さなデザートをご用意しました。

スピーカー マーク・アーミン・ギースラー

これだけ多くのトップクラスのインプットがある中で、味の世界をナビゲートしてくれる経験豊富な舵取り役が重要なのです。マーク・アーミン・ギースラーは、日本最大のウイスキーメーカーであり、近年はアメリカやスコットランドの有名ブランドを傘下に収め、ブランドアンバサダーを務めるウイスキービーム・サントリーです。しかし、マークはサントリーのブランドアンバサダーであるだけでなく、ワイン生産地である「ナーエ」(ヘッセン州)の実家のブドウ畑で育ったこともあり、自分が何を言っているのかよく理解しているのです。1998年から飲料業界で働き、9年間スコットランドのハイランド地方に住み、現役のスコットランド最古の蒸留所GLENTURRETでマッシャーと蒸留器として生産訓練を修了。その後2014年、「インディペンデント・ボトラー」ADELPHIの新蒸留所ARDNAMURCHANの立ち上げにアシスタント・ディスティラリー・マネージャーとして協力し、2015年1月にプロダクション・マネージャーとして就任した。簡単に言うと、10年以上ウイスキーの製造を担当した人なら誰でも、その仕組みについて、たとえそれがヘッセン語であったとしても、何か語ることができるのです😉。

ウイスキーテイスティングを予約する際の注意事項

あなたがそれに参加したいなら、今すぐ www.sushiya.de/whisky-tasting 2018年2月25日15:30hのオンライン予約 - 空いている場所は限られています!

テイスティングの後、お友達とおしゃべりしたり、18時からのお寿司を注文したり、ウイスキーをもっと掘り下げてみたい方は、事前にお知らせください。

もし今回行けなかった場合は、現在のドリンクメニューをご覧ください。 www.sushiya.de ダウンロードして、彼がミュンヘンの寿司屋sansaroでいつでも試せる特別なウイスキーのレアリティを見てみましょう。スラインテ・マース!

まだ当店をご存じでない方で、当店のこと、斉藤シェフのこと、そして当店のスタイルをもっと知りたい方は、このビデオをご覧ください。

ユーチューブ

動画を読み込むことで、YouTubeのプライバシーポリシーに同意したことになります。
詳細はこちら

ロードビデオ

投稿数の増加

日本への旅

私たちの(あまりにも小さな)厨房チームは、「大晦日会席」Omisoka 2023で2つの素晴らしい夜を終えたところです、

続きを読む "