飲食店用デジタル名刺 Sansaro

携帯電話のディスプレイに「+498928808842」という番号が表示されて、誰からの電話かわからず、出ないということはありませんか?さて~予約の電話をしてくださったお客様を呼び戻すために、3年前から始めました。いつもそうしているわけではありませんが、そうすると、ほとんどのお客さんがとても喜んでくれます。

しかし、お客様が知らない番号だからと言って出なかったり、不機嫌な顔で "YES PLEASE?!!" .... と言われたりして、お客様に届かないことがよくあります。

そんなわけで、デジタル名刺をご用意しました。シンプルでありながら独創的です。フィードバックや質問、携帯電話のナビゲーション用のアドレスだけでなく、当社の電話番号とメールアドレスも常に手元にあります。 Vカードをダウンロードするだけ携帯電話やパソコンで直接保存してください

sansaro」の下にある「sansaro」には当店の電話番号が入っています。ところで-私たちは、将来的にはオンラインでテイクアウトを予約することができるようになるという事実に取り組んでいます。時期が来たら、もちろんニュースレター(.....)でお知らせします。

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '