バレンタインデー2017

大晦日とバレンタイン・イブほど人気のある夜はありません。これらの日には、シェフが伝統的に特別なメニューを用意します。

今年は2017年2/14(火)のバレンタインデー2017に向けて、シェフが一丸となって味覚が踊るパートナーメニュー「Symphony de l'amour」をご用意しました。

メインコースでは、3つのバリエーションから選択することができ、わずか49ユーロのためのお一人様4コース。ラムチョップに山椒ソースをかけたもの、西京味噌で有名なブラックタラ、ベジタリアン向けには有機豆腐に山椒ソースをかけたものなどがあります。

また、必要に応じて、ワインの伴奏、ウォルター&ソーンから私たちの専門家によって選択された4つのワイン à 0.1l 26ユーロp.p.のために。もちろん、あなたはまた、私たちの 全ドリンクリスト その夜のために特別なボトルの日本酒をご馳走になったり、デートの途中で 瓶詰め私たちが提供するもの?

バレンタインメニューの詳細はこちらから このPDFのここに.

重要なヒントは、あなたが恋に来るが、友好的な気持ちではなく、かなりカジュアルなこの夜に同僚や家族としたくない場合:加えて、あなたはまた、私たちの切望された冬のメニュー2016を選択する機会を持っている - この日にも "冬のメニュー光"(メインコース鴨胸肉なし、唯一の39ユーロ)として - この詳細については、次のとおりです。 ここにあります!

この日は、残念ながらいつものように通常のお料理やアラカルトのお寿司はありませんが、スタッフ全員が特別メニューに力を入れています。

いつものようにホームページでオンライン予約をお願いしています。 www.sushiya.de.週の間に他のお客様がその日の夜に素敵なバレンタインディナーを楽しめるように、2時間のテーブルを予約しています。私たちはそのような日に予約のためのクレジットカードのデポジットを必要とすることを理解してくださいしていない予約から私たちを保護するために、そのような日に予約のためのクレジットカードのデポジット。無料キャンセルは13.2.2017 12hまで可能で、その後、reservierung@sushiya.de にメールを書くだけです。

オンラインで場所を取得できない場合は、以下の方法でメッセージを書いてください。 お問い合わせフォーム!

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '