アートワーク

Fabian Bross „Prometheus in der Tram„

ファビアン・ブロスは言語学者であり、フリーランスのアーティストです。文芸誌「Das Prinzip der sparsamsten Erklärung」やミュンヘン・ノイハウゼンの展示スペース「Linoleum-Club」の共同創設者。Süddeutsche Zeitung紙(2013.12.31)は、ミュンヘンを「よりカラフルで住みやすい街」「エキサイティングな街」にする若いクリエーターの中に彼を数えています。

彼の作品は、個人の実現と社会的規範との間の緊張を扱っています。一見すると合わないように見えるものが、調和のとれた全く新しいイメージになるように織り込まれています。このようにして、多くの作品は、日常生活の珍しい組み合わせ的な見方を通して、定着した知覚や連想のパターンを打破することに成功しています。

その意図から、スペイン生まれの画家ジュセペ・デ・リベラ(1591-1652)の油絵に描かれたプロメテウスと、夜のミュンヘンを走るトラムの旅が美学的に融合し、ギリシャ神話文化の創始者が幽霊のように見えるようになっている。路面電車の中のプロメテウス」(2013年)と題されたこの作品は、個人の意志と集団の義務、ドライブと規範、私と私たちの間のバランスについて、常に時事的な議論を象徴しています。