サントリー ハクウォッカ発売 ドイツ - ミュンヘンのSUSHIYAによるケータリング付き

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング
目次
先日、「HAKU VODKA」のドイツでの発売にあたり、特別なチャレンジで素晴らしいケータリングを開発させていただきましたので、その様子とサントリーの新しいウォッカについてレポートします。 SUSHIYA - ミュンヘンのアマリエンパサージュにある日本食レストラン「sansaro」を2007年から成功させている会社は、ケータリングも長年やっている。 しかし、どんなケータリングでもできるわけではありません。私たちは、日本人のお客様にも喜んでいただけるようなクオリティの高い寿司や日本料理のケータリングにのみ特化しています。

スペシャルチャレンジ:白と黒だけのおいしい日本食

しかし、本当の課題はケータリングでした。 ビームサントリーを代表して エージェンシー フィッシャーアッペルト ...このイベントを主催します。

にとっては ハク・ウォッカをドイツで発売 なければならない 白と黒のカラーコンセプトの和食 が開発される。もちろん、見た目が美しいだけでなく、味もよくなければならない。そこで、主役は料理ではなく、明らかにウォッカにある。

とはいえ、私たちのチームは慎重に考え、可能な限り特別なものを創造的に提供する機会を逃すことはありませんでした。数週間かけて、シェフと協力して様々な料理の提案を考え、何度も何度も代理店と調整を行い、後に実行に移しました。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング

SUSHIYAでのケータリングはすべて、キッチンチームと連携して事前に綿密な計画を立てる必要があります。

もちろん、この方法はより多くの労力を必要としますが、最終的に適切な品質と顧客満足を得るために、モチベーションを持って取り組むことができる唯一の方法なのです。

今回のイベントのために、私たちはキッチンからのチームと現場で料理の準備をし、スタッフが給食を行いました。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング

 ミヌダル串(沖縄名物) - 豚肩ロース肉に黒ゴマペーストを塗ったもの

すみません、写真がありません。自家製餃子の黒(エビ入り)と白(豚ひき肉入り)に酢醤油をかけたもの。

縁起の良い紅白なますを添えて:有機黒人参と白大根を使用(ベジタリアン用

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング

2種類の寿司:ホワイトアスパラガスの裏巻きと昆布とひじきの細巻き(ベジタリアン向け)

最後の満足感を得るためにしぐれ煮マグロのおにぎり

デザートには、季節にもぴったりの人気の伝統的なデザートである、あんこといちごが入った白い大福と、同じくいちごが入った黒(黒ゴマで自然に彩られたもの)と白餡の2種類の大福を提供しました。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング

イベント特製デザート2種

絹のような食感の大福を噛みしめると、豆のピューレと爽やかな甘さのイチゴの組み合わせを味わうことができ、このデザートがいかに特別なものであるかがわかります。大福を引き立てるために、白のパンナコッタに黒ゴマソースをトッピングしていただきました。珍しい組み合わせのフレーバーは、ゲストの笑顔を残してくれました。

日本のファンだけでなく、日本のファンにもヒットしているのが、ケータリングの色である黒/白と赤のアクセントにイチゴを詰めた自家製大福です。

典型的な日本文化:ハク・ウォッカの特徴

このイベントのハイライトは、何と言っても鳥居一之氏(創業者の鳥居信治郎氏とは無関係)との試飲会である。

その マスターディスティラー ロクジン&ハクウォッカ が最良のソースでした。 新商品「ハクウォッカ」の特徴 を知ることができます。

日本にはジャガイモや麦などを原料とするアルコール飲料もあるが、米はそのまろやかな味わいと純粋さで、日本人の発祥の地ともいえる。日本人にとって、お米は間違いなく最高の出発点となる商品です。1回目の蒸留では、まだ日本酒ややや荒い焼酎を思わせる味わいだが、2回目の蒸留では、特に竹炭によるろ過により、非常にまろやかで滑らかな味わいに仕上がった。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング

サントリーから鳥居和幸さんが来日し、ドイツでの発表会で「ハク・ウォッカ」を披露してくれました。

打ち上げイベントでは、特別な役割を持っていました。 鼻眼鏡 sansaroのレストランで、ウィスキーと日本酒のためにSchottZwieselのノージンググラスが使用されました:2種類の蒸留酒のテイスティングで、私たちのノージンググラスが大きく取り上げられました。初留分はまだ日本の焼酎や日本酒を少し思わせる香りだったが、2回目の蒸留ではすでにかなり丸みを帯びていた。最後に、日本の竹炭でウォッカを再度ろ過します。その結果、極めてマイルドで心地よい、日本らしいウォッカが誕生した。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング

ハク・ウォッカ・テイスティングでSUSHIYAのノージング・グラスが大活躍

また、名前やラベルに力を入れているのも典型的な日本人です。ハクは「白」の略ですが、読み方によっては「純」の意味もあります。ウォッカの基本色である白と黒は、ケータリングのテーマであり、このような特別な料理を開発した理由でもあります。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング

ミュンヘンの屋上でHaku Vodkaのエキサイティングなテイスティングセッションを。

今回のケータリングは特別な挑戦でしたが、それだけではなく、とても楽しかったです。

クライアントである代理店のフィッシャーアッペルト社とサントリー社には、素晴らしい熱心なフィードバックをいただき、特に代理店との素晴らしい、いつも前向きな協力関係を喜んでいただけたことに大変感謝しています。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング
日本料理を中心としたケータリング、私たちはそれが好きなんです。
サントリーハクウォッカの特別カラーコンセプト

SUSHIYAのケータリングによるドイツでのハク打ち上げのビデオ。

ちなみに、私たちの共同作業の成果は、すでにこの代理店向けのスポットでご覧いただくことができます。また、注意深い観察者は、私たちのメガネと、その中にいる私たちのスタッフの何人かを認識することができます😉。

そしてもちろん、Haku Vodkaを試すのに最適なのは、私たちのレストランsansaroです:私たちはとても感激して、すぐに2019年夏からの新しいドリンクメニューに取り入れました。発行され次第、ニュースレターやこちらのブログでお知らせします。sansaroでは、お客様のご来店(またはケータリングのご依頼)をお待ちしております。

ユーチューブ

動画を読み込むことで、YouTubeのプライバシーポリシーに同意したことになります。
詳細はこちら

ロードビデオ

鮨屋 ミュンヘン店で日本酒修行
和酒
SUSHIYA sansaroでの日本酒研修

昨日、当店のsansaroに素敵なお客様がいらっしゃいました:「利き酒の達人」の認定を受けた上野良子ミュラーさんが