2022年7月、Toto & Bad Elementsとイベントケータリング。

目次

TOTOは、伝説的な日本製シャワートイレで日本のみならず世界的に知られている会社です。バイエルン州各地の衛生管理会社の説明会のために、ミュンヘン北部の和食の夕べにケータリングサービスの一環として料理を提供させていただきました。 

日本の技術・飲食の良さ

もちろん、日本のTOTOのシャワートイレは知っていますし、ミュンヘンのTOTO社自体とも、すでに非常に良いコンタクトが取れています。バッドエレメンツ社からTOTOとのイベントの話があったときは、いっそう嬉しかったですね。

課題は、30~45人分のケータリングイベントを企画することで、寿司はベジタリアン向け、魚はクラシック、メインディッシュはノーマル、ベジタリアン向けとしました。

当店の厨房では、ご予算に応じて個別の握りを選んでいます。特にロールは  巻き寿司は、このようなイベントのために特別に選ばれたもので、ここでもクラシックとベジタリアンの両方が用意されていた。もちろん、寿司はケータリングやフライングビュッフェのフィンガーフードとして非常に適しているが、ここでも適切な食器、箸、醤油入れなどが十分な数必要である。

講義も終わり、作業も終わり、ケータリングの準備も済んでいる。

ケータリングでメイン料理に挑戦:ざるそば

メインディッシュには、ざるそばを選びました。ざるそばは、冷たい麺をツユですするもの。蒸し暑い夏の夜にぴったりです。大根おろし、おろし生姜、ネギ、海苔、有機卵のスクランブルエッグなど、さまざまな具材が麺を引き立てます。その上には、シェフが細かく揚げた海老、玉ねぎ、コーンの盛り合わせ「かき揚げ」が乗っています。 

ざるそばの道具はすべてきちんと用意されています。組み立てることで初めて本格的な味になるからです。

ケータリングはケータリングらしくない味であるべき

この伝統的な日本料理は、もちろんドイツではなじみがないため、私たちは直接お客様と接し、それぞれの食材の配合を説明し、アドバイスをするという楽しい仕事をさせていただきました。 

この時、私たちは本格的な日本料理のセレクションを披露し、また、興味を持ったお客様には料理の説明をして、より親しんでいただけるような交流を楽しむことができました。出来合いの料理は、ケータリング業者にとっては便利でコストもかからないが、その分、本格的でなくなるし、その方が味がわかりやすいからかもしれない。  美味しくない日本の料理、文化、技術は、その奥深さと思慮深さに感動を覚えないことはありません。もし、あなたがそれに夢中になれるか、紹介してくれる人がいればの話ですが。

ホットキッチンが出来上がりました

パーティーサービスでの手作りデザート

最後に、自家製あずきチーズケーキを食べました。 

日本の小豆といえば、切ない日本映画「桜と小豆」でおなじみかもしれません。小豆を使ったお菓子は、私たちが知っている西洋のパティスリーの多くのデザートに比べて甘すぎず、日本人や日本通の人たちから愛されています。特に小豆のチーズケーキは、少量しか焼けないので、お客様から好評をいただいています。しかし、お客様の希望する価格によって、全く異なるデザートを提供し、そこでもお客様にアドバイスすることができます。

人気の自家製あずきチーズケーキ、常時少量販売です。

ミュンヘンでのビジネスケータリングの長年の経験

今回も好評価をいただき、嬉しく思います。お客様に満足していただき、帰り際に「おいしかったよ、ありがとう」とお礼を言っていただければ、和食のケータリングに求められる緻密な準備や調整も、結果的には価値があったということになります。

一方、私たちSUSHIYAは、日本料理を中心に、寿司を含む、含まない、プライベートまたはビジネスイベント、ゲストの多い、少ないに関わらず、最も多様なケータリングの経験を積んできました。 ケータリングをご希望の方は、下記フォームよりお問い合わせください。.しかし、良心的なプランニングと実行を求めるなら、私たちは正しい場所にいます。

デジタル名刺 すし屋 すし屋 ミュンヘン店
飲食店用デジタル名刺 Sansaro

携帯電話のディスプレイに「498928808842」という番号が点灯して、誰から電話がかかってきているのかわからなくなってしまうことはありませんか?

鮨屋 ミュンヘン店で日本酒修行
和酒
SUSHIYA sansaroでの日本酒研修

昨日、当店のsansaroに素敵なお客様がいらっしゃいました:「利き酒の達人」の認定を受けた上野良子ミュラーさんが