エフビーピーエックス

2022年12月より日本酒テイスティングフライトを開催

目次

クリスマスのデコレーションが輝く街並みに、クリスマスシーズンへの期待感が高まる今日この頃です。 

sansaroのレストランでは、友人や家族とのクリスマスディナーや同僚との忘年会も開催しています。1年間の苦労をねぎらい、年末にもう一度、お互いの親睦を深めるためです。

クリスマスにちなんで、今年も日本酒のテイスティングフライトを開催します。

 

朝日純米 大吟醸 "ダッサイ23"

ダッサイ」ブランドの日本酒を製造する朝日酒造は、倒産寸前の小さな村の酒蔵でありながら、今や日本酒業界をリードする存在となっている。

受賞した「大宰相23」は、非常に高い精米度(23 %)で世界的に有名で、特別な日に飲むのに最適なお酒です。 

メロンやイチジク、白い花などの美しい香りが漂う。ソフトでビロードのようなテクスチャーで、豊かなフィニッシュまで続く、うま味のある味わい。 

ワイン好きの方でも、このお酒をきっかけに日本酒のファンになったという方も少なくありません。シェフはいつも、ワインを知っているヨーロッパの日本酒初心者に、日本酒がいかに面白く、構成的であるかを最初に理解するために、この酒を勧めたいと考えています。

 

名倉山 純米吟醸 "よきかな"

この酒は、ピュアで香り高いスタイルで知られる福島県会津地方で生まれたものです。 

福島は昔から酒どころであり、酒類鑑評会でも数々の賞を受賞している。

よきかな」は、素晴らしい香りを持つお酒の代表格です。氷砂糖、青リンゴ、洋ナシのノートがシルキーな液体を滑るように広がり、非常にクリーンなフィニッシュを迎える。

 

あきたばれ純米 "越喜来純造り"

"古式純造 "とは、「古い様式、純粋な製法」という意味です。 

この酒は、私たちが紹介する他の多くの酒と同様に、主に手作りで、また時には100年前の道具を使って意図的に生産されています。

この 純米 は、プラムの香りにほのかに草の香りがします。一口目はかなり辛口で、レモンやプラム、ブドウの皮のような香りがします。とはいえ、全体の感覚は非常にマイルドでバランスが取れている。この酒は、何時間でも止めようと思わずに楽しめる。

 

このような思いから、皆様のご来店と、私たちの小さな レストラン sansaro 日本の文化や食の楽しみを伝えるために、常に新しいアイデアや興味深いストーリーがあるように...。

 

札幌市長

札幌市長-ゲルハルト・ポルトの「Fast wia im richtigen Leben」(ほとんど実生活と同じ)の古いスケッチのようだ。