新ドリンクメニュー2019

本当に楽しみにしているのは 2019年11月よりレストランsansaroでご用意している新ドリンクメニュー があります。

日本酒の品揃えを大幅に拡充した日本酒や、仕事帰りの一杯として日本でも人気のウイスキーハイボール、日本のジン、さらには世界初登場の柚子酒まで!

非常に簡単にそれをしたい人のために:ちょうどこの記事の最後にビデオを見てみましょう 😉

2019年のドリンクメニューの工夫の概要

私たちとの夜の始まりには、いつも自家製のアペリティフが最適です。私たちは特に好きです。 ゆずプロセッコ そして アポロスプレー - それは、神戸の福寿酒造の日本のゆず酒リキュールを使ったプロセッコや、天吹アポロンの日本酒を使ったプロセッコなど、非常に高品質な日本酒製品である。

栄光の栄冠は、もちろん 福寿あわさきスパークリング日本酒擬似発酵シャンパン酒。まろやかな甘みと酸味、食前酒として食卓で2~3本分の美しいボトルを楽しむ体験....

すべてがビールと同じままで、ここでは、従来のシリーズからのすべての大規模な選択を持っている シュタイナー醸造所 シュタイン・アン・デア・トラウンから と同じ醸造所のオーガニックシリーズのハインツ・フォム・シュタインから。2006年、レストランsansaroのオープン前に、お寿司に合う有機小麦ビールを探して、シェフと一緒に選んだビールです。その選択はハインツ・フォム・シュタインに降りかかったが、今日まで後悔はしていない。では品揃えも充実していて、特に小さなお寿司屋さんを楽しむのにいいのではないでしょうか。キエムガウ地獄、輸出、ヴァイスビア地獄とヴァイスビアダンケル、ラドラー、自然に濁ったツヴィッケルビール(チップ!)、さらにはヴァイスビア地獄の優れたアルコールフリー版(非常に良い!)とアルコールフリーのツヴィッケルビール。さらに、日本のアサヒスーパードライやキリンなど、ドイツでは残念ながら日本のビールの選択肢は限られています。

私達の範囲 ワイン 我々はわずかにWalter und Sohnから私たちのパートナーとのすべてのマップのように改訂しました。一部の場所では、シャブリのような有名な名前のワインは、あまり知られていないが、少なくとも同程度の優れたワインを好んで使用するようにしています。私たちの一番のお勧めはリースリング・フンデルグルデンで、よりスパイシーな料理にはリースリング "アウフ・デア・ラウアー "がお勧めです。また、新しいトップワインである ニコラ・マイレのプイィ・フュイッセAC from Burgundyは新マップの最初の日にすでにいくつかの新しい恋人を見つけました。

お客様はどちらかというと白ワインを飲まれる方が優勢なので、赤ワインのセレクトは少しタイトになっています。しかし、最近になってvondermarkwalterのピノ・ノワール トリプルGに感銘を受けたので、今では小さな赤ワインのセレクションの一部になっています。

新メニューの目玉は、日本酒の品揃えを大幅に増やしたことです。

倭人 お酒 は、お客様からの人気が高まっています。

私たちの 日本酒の試飲会 年1~2回 は、様々な日本酒を味わいながら、それぞれの料理に合ったペアリングを最高レベルでお届けする素晴らしいイベントです。先日、雑誌「FOCUS」に日本の米酒についての素敵な記事が掲載されました。

日本酒を飲んだことがない(あるいはまだ日本の米の酒というイメージがある)お客様も多いですが、日本酒のメニューを全部飲み干してしまった方もいます。

今では今までのものをはるかに超えて、1本約50ユーロの典型的な日本酒から、1本約700ユーロの「勝山ダイヤモンド」などの絶対的な高級品まで、最も多様な日本酒を提供しています。 当店では、このお酒やその他の銘酒の在庫が数量限定であることをご了承ください。 勝山電 飲むためには、数日前に連絡してボトルの在庫を確認しておくことをお勧めします。

日本酒を味わうためのレストランsansaroでの日本酒試飲便

あらゆる予算のお客様のための特別なハイライト:あります。 3種類の日本酒からなる日本酒試飲便常に数週間ごと、または必要に応じて変更されます。

テイスティングフライトでは、どのようなワインも残すことができる素晴らしいダッサイ23などのトップサケや、そうでなければボトルに195ユーロを投資しなければならない勝山DEN、長直7番やキオケ、ゴロギキ40など、品質レベルの異なる3種類のサケをご用意しています。 私たちは品質レベルの異なるミックスを作成し、交互にご提供しています。テイスティングボードでは、3本セットの日本酒1本を約18ユーロで試飲することもできますし、同伴者とシェアしたり、探索したり、少し多めの量(0.1L)を楽しんだりすることもできます。少量の日本酒を味わうには、私たちの素晴らしいノージンググラスが最適ですが、それ以外の量の日本酒は、小さなクラシックな器で飲むのが一番です。ただし、勝山のお酒は必ずワインやノーズグラスでお楽しみください。

すし屋 ミュンヘン店 ドリンクメニュー

店内の希少なジャパニーズウイスキーを厳選 sansaro

冬になると、私たち日本人は ウイスキー より人気があります。ジャパニーズウイスキーのセレクションでは、これまでと同様に、エントリーレベルの優れたウイスキーと、世界のどこでも手に入らなくなった希少なレアリティやスペシャルティをミックスしてお届けしています。私たちは、世界中のウイスキー愛好家に愛され、収集され、時にはウイスキー取引所やeBayで高額で取引されることもある「秩父ウイスキー」の豊富な品揃えを常に誇りに思っています。日本では、今ではドイツの私たちよりも、これらのウイスキーを手に入れることは不可能になりました。 

新・飲食店の日本銀 sansaro

しかし、ここ数年ヨーロッパで空前のブームを巻き起こしたジンも日本で生産されるようになりました。そこでは、ジンの話題にこだわっているのはほとんどが正中の蔵元であり、知られざる品種も生産しています。ミュンヘンと東京の間で、日本をテーマにした万能なジンを提供しています。私たちは、小規模で上質な専門的な蒸留所の製品のみに焦点を当てています。

世界のノベルティ-日本のゆずの精霊

最後はワールドノベルティ:一緒に世界の仲間たちと コズミックスピリッツ 世界でも類を見ない、世界初の柚子の精神を生み出しました。

柚子は、日本の柑橘類の中でも特に独特の香りがあります。柚子は日本では11月から2月にかけて収穫されるのが一般的ですが、日本ではほとんど神秘的な意味合いを持っています。これは、柚子が醸し出す独特の香りが恋人たちを夢中にさせ、日本人の心を落ち着かせ、元気にさせてくれるからに違いありません。この香りはボウルの中に鎮座しており、コズミックスピリッツのマスターディスティラーであるセバスチャン・ラウシャー氏の緻密な手仕事によって、ボウルの中から導き出され、ボトルの中に閉じ込められています。静岡の川根周辺の山間部から有機柚子を取りに行ってきました。樽脇園の農家の樽脇康明さんを見つけて、彼が栽培している山梨県産の柚子の実を直接収穫し、コズミックスピリッツに持ち込みました。

その結果、日本の柚子だけを原料とした典型的な南ドイツ・オーストリアの蒸留法で製造された柚子蒸留酒という、これまでにないユニークなものができあがりました。いわば、SUSHIYAのための典型的な、両方の世界の間の橋を構築するために。特別な香りを持つ柚子の精は、私たちとの食事の締めくくりに最適です。

コスミックスピリッツの上質でフルーティーなスピリッツをもっと見る

柚子だけではなく、コズミックスピリッツの2つの素晴らしい仲間をドリンクメニューにご用意しました。コズミック・スピリッツはその短い設立期間ですでにいくつかの賞を受賞しており、一見の価値があります。

レストランsansaroのドリンク価格

約3年ぶり(!)の新ドリンクメニューに伴い、またもや値上げもあり、残念ながら避けて通れません。私たちは、一部のゲストが私たちを高すぎると非難していることを知っています - 私たちは、過去10年間の値上がりも私たちを驚かせるので、この考えを理解しています。

同時に、固定費で何を払わなければならないのか、良い鮭や良い素材のために実際にどのようなコストが発生するのかを知ることもできます。これを「クッション」にすることはできません、飲食店はいつまでも補助金運営を続けることはできません。逆に、飲料収入では、キッチンチームとその付帯費用を支払わなければなりませんので、グラス1杯の水にもサービス料を請求することがありますので、ご理解をお願いします。回転率が低いと、良いシェフ+良い機材とそれに付随する全てのコストをカバーするのに十分な収益につながるというのは、そうではないだけなのです。 

sansaroのレストランでは、12年ほど前から、よく訓練された日本人シェフに頼っており、そのおかげで高い品質を確保しています。これらのシェフは、公正な労働時間と賃金を得るべきであり、それに加えて、外食産業は想像を絶する量の税金と管理を経験しています。私たちは品質を維持したいと考えていますが、良い素材(オーガニックのものが多い)とドリンク(例えばNatürlich Saftのオーガニックアップルスプリッツァー)を30ユーロ程度で手に入れることができ、それだけでお腹いっぱいになることができるという事実に誇りを持っています。

今後もこれだけの数のお客様にご来店いただき、特に当店がセレクトした素敵なお酒をご賞味いただければ幸いです。日本の職人の技と、今日から試せる素晴らしい品種にワクワクしながら、私たち個人も納得して熱中しているものをいつもお勧めしています。夏は素敵なテラスで、冬は居心地の良いレストランで、日本酒、ウイスキー、ワインなど、バラエティ豊かなお酒をレストランsansaroでお楽しみください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

投稿数の増加