もみじ狩り~日本の秋

今、またやってきました、モミジ狩りの時期です。

今ではsansaroの夏のパティオにも特別なカエデの美しいコレクションがあるので、ここでは池を渡って日本を少し見てみましょう。

日本の季節について

世界的に知られている春、夏、秋、冬の季節の他に、日本には以下のような「季節」があります。 お花見 (桜の時間)とただ もみじがり葉がゆっくりと赤みを帯び、銀杏の木(公孫樹)が鮮やかな黄色に輝く頃。

元々は北国(北海道)出身で、平安時代から全国で特別な時間を過ごしてきました。また、これらの特別な時間の意味合いは きご (季語、「季語」)は日本語にも存在し、日本の特定の季節に関連した言葉やフレーズがあります。

たまに当たり前のことを言うこともありますが、微妙なこともよくあります。それは もみじ が秋を意味するのは明らかですが、なぜ月(月)も「秋の言葉」に属しているのでしょうか。今はまた夜が長くなってきていて、雲がないことが多いので、今回は特に月をよく見ることができます。このように、日本の超近代的で過重な都市やユビキタスなハイテクにもかかわらず、日本語には日本人の自然との深いつながりのようなもの、そしてロマンティックな情緒のようなものが見られます。

ドイツの毎日の天気予報では、現在、どこの地域が花を咲かせているのか、どこから紅葉が始まっているのか、などの情報が拡大されていくことが想像できますか?

日本では、このようなケースがあり、関心を持ってフォローされています。

Und natürlich sind da noch die kulinarischen Höhepunkte dieser Saison. Nur jetzt gibt es Dobin Mushi (土瓶蒸し), bei dem eine besonders feine Dashi mit einem der raren Matsutake (松茸,  Eichenpilz) in einem kleinen Gefäß, das einer winzigen Teekanne ähnelt, serviert wird.[/vc_column_text][vc_column_text]Nur jetzt findet man erntefrische Yuzu ( 柚子), diese ganz besondere Zitrusfrucht Japans und Ginnan (銀杏, Ginkgo-Nuss, eigentlich der Samen des Ginkgobaums). Außerdem findet man nur jetzt überall kleine Stände mit duftenden, frisch gerösteten Kastanien. Japan ist einfach ein gastronomisches Paradies, was sich viele unserer Kunden in München oft nicht vorstellen können – wir hoffen, irgendwann mal mehr Vielfalt anbieten zu können, was aber schwierig ist, solange die meisten deutschen Gäste immer nur das essen wollen, was sie schon kennen… 😉

この時期になると、何千人もの日本人が公園へハイキングに出かけたり、田舎へドライブに出かけたりして、雄大な自然の光景を楽しむことができます。

秋のお寺は多くの日本人の魅力

成田空港近くの東京郊外のお寺、成田山のここのように。西洋の観察者にとっては、何百人も何千人もの若者がお寺を娯楽として見ていることにいつも驚かされます...

秋の木々

京都では、若いカップルや友人同士で夜になると、秋になるとライトアップされた有名な清澄寺の壮大なもみじの木を眺めに出かけます。夕方の時間帯には、お惣菜屋さんやお土産物屋さんが軒を連ね、お寺までの道のりに並んでいて、のどかな雰囲気が漂っています。

秋の木々

ここ数年、私たちはアマリエンパサージュの真ん中にあるsansaroのテラスに、美しく、様々なエキゾチックな日本のカエデを飾るために、多くの愛情と情熱を注いできました。レストランsansaroのあるマックスヴォルシュタットのアマリエンパサージュの中庭の名前であるアダルベルトフには、ブラッドグッド、レッドフラッシュ、ファイヤーグローなどのスタンダードなカエデ、春と秋に特に印象的な色づきを見せる美しいオザカズキ、スターフィッシュ、桂、美穂、琴姫などの珍しい品種など、様々な種類のカエデが揃っています。残念ながらSUSHIYAの私たちは天気をコントロールできません。しかし、ここドイツの天気が秋に外に座るにはあまりにも新鮮に見える場合でも、アマリエンパサージュに来て、今起こっている光景と色の遊びを楽しむことができます。そしてもちろん、当店の畳の上に座って、大きな窓から色の変化や一人の時間の流れを眺めることほど素晴らしいものはありません。典型的な日本人:生命とその美しさに感傷的に 😉

投稿数の増加