おもてなし - 日本語でのおもてなし

目次
おもてなし」とは、日本の文化や哲学に深く根ざした特別なおもてなしのことです。明確な役割分担はあっても、ゲストとホストの関係は対等で、お互いを尊重し合うものです。ゲストはホストの努力を評価し、ホストはゲストが快適に過ごし、心地よい時間を過ごすためにあらゆる努力をする。

おもてなし」という言葉は、通常「ホスピタリティ」と訳されます。しかし、この読み方では、この言葉の複雑さと奥深さを正しく理解することはできない。それは、「おもてなし」が日本の文化や社会に深く根ざした姿勢であり、単に丁寧な接客を意味するものではないからでしょう。 

おもてなし」とは、お客様を心からもてなし、お互いに尊敬し合うことです。

おもてなし "は、お客さまに心地よく過ごしていただくこと、お客さまのために配慮されたディテールを楽しんでいただくことを目的としています。

夏、茶屋や料理屋に向かう道に涼しげな水が点在していたら、もうおもてなしは始まっている......。

オモテナシ」の意味

日本語では、「もてなす」という動詞には、「以て成す」と「持って成す」という2つの表記がある。前の「お」は、多くの日本語の語頭に置かれる丁寧な表現である。 

おもてなし」という言葉の適切な訳語を見つけるのは簡単ではない。これは、日本語では、漢字と意味が異なる2つの用語が、ひらがなやカタカナでは同じ発音になり、同じ表記になることがあるからである。

人のために何かをすることで、何かを成し遂げる

モテナス(以て成す)という言葉は、604年、飛鳥時代の皇族で政治家でもあった聖徳太子の「十七条憲法」に初めて登場したという説が有力である。この憲法は、日本最初の憲法と言われている。 

第一条は、和を以て尊しと為す-和を以て尊しとなす-ということで、和を最高の形とすることを述べている。この記事の「作る」(を・も・て)が「も・て・なす」(以・て・成す)となり、さらに「もてなす」(以・て・成す)となったという説がある。

そういう意味で、「もてなす」というのは「何かを成し遂げる」という意味です。 人のために何かをすることで

他人を思いやることで何かを成し遂げる

モテナスとは、「持つ」と「成る」の2つの漢字からなる言葉で、「何かを持つことによって、何かを達成する」という意味である。この「何か」は、気持ちのような非物質的なものを指すこともあります。その意味で、「おもてなし」とは、心のこもった仕草や行動によって、何かを成し遂げることを意味します。 他者への感謝や思いやりを表現する.その辺の話とも言えますね。 あいてを楽しませる を、注目することで喜ばせる。そこには、日本の伝統的な建築や音楽にも見られるような、空虚と静寂が展開される空間を必要とする、日本文化に馴染んだマインドフルネスがある。

誠実さの表現としての「おもてなし

また、「裏表なし」という読み方もあり、これは表も裏もないことを意味する。 

この表現は、日本の茶道の儀式にさかのぼる。亭主は客の前で茶を点てることで、何も隠していない、つまり表も裏もない、純粋な心で行動していることを表現するのである。 

このように、「おもてなし」は、心のあり方、純粋な動機から行動する人の誠実さ、無条件に行動すること、そして、「おもてなし」を表現していると理解できる。 かねにあたらなくてもよい.

おもてなし」のルーツ

おもてなし」のルーツは、日本の歴史と文化に遡ります。 

現在では、この表現は平安時代(平安時代、794年~1185年)にはすでに知られていたと推測され、また 源氏物語の歴史 (源氏物語は、当時の日本文学史に残る傑作である。    

12世紀以降、日本に伝わり発展した禅宗は、茶道の理念である「茶道」をはじめ、「道」「道」と呼ばれるさまざまな学問を生み出しました。この儀式は茶の湯とも呼ばれ、16世紀に大きな影響を与えた。 千利休 の造語です。 

 

茶道はおもてなしの心を大きく育む

茶の湯の大成者は、茶の湯の道筋に一定のルールを設け、それが今日でも日本の文化、社会、芸術に影響を与えている。また、茶道の儀式は「おもてなし」の魂とされ、純粋なサービスという考えをはるかに超えた心構えである。茶道の世界に少し足を踏み入れると、「おもてなし」の社会文化的な意義がよくわかる。

日本人の心の中に深く刻まれた「おもてなし」。

茶道の手順と意味

茶道では、亭主も客もそれぞれの役割を担って、その場を盛り上げる。茶道の目的は、お客様に最高のお茶を提供することです。しかし、亭主から抹茶碗が手渡される前に、すでに多くの意味ある行為が行われている。 

普段、日常生活から茶の湯にたどり着く客にとって、茶道は心を落ち着かせ、瞑想するためのものである。 

庭の路地(路地ロジ)を歩きながら、その日の考えや悩みを払い、茶の湯に備えることを象徴的に表現している。口と手を清めることは、心や魂を清めることを象徴している(洗心亭千心亭)。 

日本社会は基本的に非常に階層化されているが、茶道ではすべての社会的区別が脇に置かれる。したがって、伝統的に装飾された茶室には、すべての客がひざまずいて入ることになる。 

感謝、謙虚、尊敬、尊重がこのような集まりを支える価値観であり、それは人だけでなく、特別な注意を払う茶器に対しても同様である。

茶道の心構え

亭主の入念な準備には、数日を要することもある。食器や装飾品は、季節やイベントの目的、ゲストに合わせ、とても意識的に選んでいます。 

茶室の特別な厨子に掛けられた掛物、床の間、生け花も、この状況にぴったりと合っている。 

細部は完璧でも、茶道の芸術は簡素で質素であり、日本の茶室では一貫して余分なものや虚飾が排除されているのだ。

このシンプルで未完成なものの美学は、理樹の言葉に集約されている。

「お茶の技術に秘密はない。お湯を沸かし、お茶を用意し、それを飲むだけでいいのです。それだけでいいんです。"

おもてなし」の本質としての「理屈」7つのルール

千利休は、「茶道とは何か」と問われたとき、こう答えたという。 しちそく という、お茶を点てるだけではない、おもてなしの真髄に触れることができました。

茶は服のよき様に-茶は服のよき様に
お茶は舌だけでなく、心も豊かにしてくれるのです。自分が何かをするときは、相手の気持ちや状況も考えて行動する。そうすることで、ホストとゲストの間に一体感が生まれるのです。

炭は湯の沸くように、炭は湯のわくように配置する。
お湯がよく沸くように火を起こすには、炭を最適な位置に置かなければならない。形式ばかりを追っていては、火はつきません。また、たとえ燃えていても、火が消えないように一定の温度に保つ必要があります。つまり、物事の本質を理解することが重要なのです。

夏は涼しく、冬は暖かく」。
茶道では季節感を大切にします。お客様をお迎えする際には、お客様の健康を考え、五感をフルに使って、より快適にお過ごしいただけるようにしたいものです。

4.花は野にあるように(花は野にあるように)生けられること。
野の花の美しさ、自然が創り出す命の尊さを、茶室に生けられた花に内包して、お客様をお迎えしているのです。その美しさは人生のほんの一瞬。儚い美しさを整えることもまた、おもてなしのひとつなのです。

5.刻限は早めに~こくげんははやめに~と余裕を持たせておくこと。
時間をかけて、時間を尊重する。それは、気持ちにゆとりを持つだけでなく、人の時間を大切にすることでもあります。そうすることで、ホストとゲストが互いに心を開くことができるのです。

降らずとも雨の用意をする(降らずとも雨の用意をする-Furazutomo ame no you)
常に熟慮して行動できるよう、心身ともに準備しておく。機敏で誠実な心は、どんな状況にも適切に対応するための前提条件です。

7.相客に心せよ(あいきゃにこころせよ)
茶道では、数人が同時に茶室に入り、お茶を飲む。そのため、同じ空間を共有する人たちは、お互いを尊重し、気持ちよく共存していく必要があります。 


茶道の静寂は、自分と他者の自己に出会う瞬間である

その伝統は今も生きている

現在も裏千家、表千家、武者小路千家の3流派に分かれて、利休流の茶道が教えられている。などの特別なアカデミーでは 裏千家茶道専門学校 茶道やおもてなしの重要性に触れ、リーダーとしての自覚を持つ。

一生に一度だけ。おもてなし」と「一号絵」のコンセプト

おもてなし」と密接な関係にあるのが、「おもてなし」の概念です。 いちごいちえ一期一会とは、茶人・千利休が「一期一会」と言ったことに由来する。 

たとえ同じ場所に同じ人が集まっても、その体験は常にユニークなものです。 

司会者の仕事は、この特別な儀式が正しく行われるよう、真摯で丁寧な対応をすることです。ゲストは逆に、ホストに「一生に一度しかない出会いのように」敬意を払うべき--というような。 利休の弟子・山上宗二 (山上宗二)  山上憶良紀  (山上宗二記)は書いている。

海外から「おもてなし」を理解する

茶道という高度に儀式化された手続きと、日本における厳格な社会的関係を見れば、おもてなしが西洋の接客業におけるおもてなしとは異なる社会文化的基盤の上に成り立っていることがわかるでしょう。

欧米の無条件奉仕の考えとの違い

私たち欧米の文化では、ゲストとホスト、あるいは顧客と企業の関係を「お客様は王様です」という比喩で表現することがあります。 

しかし、この常套句は、お客様のご希望に絶対的にお応えするという意味だけではありません。また、「顧客は王様である」という比喩は、上下関係を表現しています。王は、人であれ、問題であれ、事柄であれ、すべての上にいる。王は常に正しく、他のすべての関係者は、疑わしきは従わなければならない臣下に過ぎない。王の訴えは常に正当なものであり、王の願いはすべて叶えられる。不適切な行動をとっても、丁寧に接する。 

お客様を王様と見なすことは、ホストや会社、スタッフのニーズよりもお客様のニーズを優先させることです。そのため、西洋文化圏からのゲストは、ある種の要求行動をする権利があると感じてしまうことがあるのです。彼らは、あるレベルのサービスを期待し、ホストやレストラン、ホテルは自分の考えを実現するために存在し、ゲストを喜ばせるためにあるという考えを持っているため、時に大胆な行動に出ることがあります。

おもてなしは目線の高さでお互いを尊重すること

そこで、日本人の考える「良いサービス」と欧米人の考える「良いサービス」が、例えばガストロノミーの分野では時としてぶつかり合います。

このようなゲストとホストの関係は、「おもてなし」のパートナーシップの理解に深く反している。 なぜなら、茶道の伝統では、敬意と心遣いは常にお互いの問題であり、満足のいく結果を得るためには、客と亭主が共に責任を負わなければならないからです。茶室では、儀礼的な茶の湯を前にして、いわば誰もが平等である。 経験上、日本人のお客様は、それぞれのホストや習慣に対して、より慎重に、より敬意をもって行動されることが多いようです。

つまり、「おもてなし」を欧米の視点から正しく理解するためには、日本という高度に儀礼化された社会で、相互の社会関係が複数の規範に影響され、幅広い行動規範の遵守が期待されているという背景を考慮しなければならないのです。

つまり、伝統的な茶道で、足を伸ばして、自分の好きなこと、気持ちのいいことを自由にやり始める日本人客はいないのだ。 

同じように、日本の寿司屋に来た客が、少なくとも店員によく聞かずに、自分で勝手に椅子やテーブルを調整し始めることはないだろう。

したがって、「おもてなし」は日本文化における一方通行ではなく、「客」は「主人」の努力を尊重し、「主人」は「客」が快適に過ごせるようにあらゆる努力をし、さりげない気配りでサービスをするという相互依存に基づく尊敬の関係を前提としています。

おもてなしは、社会的な行動規範の中で行われます。

このように、日本ではゲストとして特別な配慮と歓迎を感じることができるのです。 ホストのルールを尊重し、期待される範囲内で行動する限りにおいて。 

もし、この枠組みを離れて、ホストの努力に対して無礼な態度をとれば、あっという間に日本人の行動の全く違う面を経験することになります。 

もちろん、海外からのゲストや訪問者の期待値の枠は、かなり広げた方がいいことが多い。なぜなら、日本人は当然、自分たちの社会が複雑怪奇であることを知っているからだ(「wareware 日本人」参照)。この文化に属さず、社会システムに組み込まれている人は、常に異なる判断を下され、おそらくこの意味でそこの社会の一員になることはできないでしょう。 

しかし、人は自分の頭で考えるものであり、外国人ゲストに与えられる期待の範囲にも限界がある。

したがって、「おもてなし」の本当の意味での理解は、高度に儀礼化され、複雑な社会的つながりを持つ日本社会におけるルールや期待との関連においてのみ可能なのである。

日本の日常生活における「おもてなし」の体験

おもてなし」の精神は、茶室の静寂を越えて、現代の日本社会にも生き続けているのである。 

ショッピングでも、ホテルやレストランでも、お客さまには常に敬意を払い、献身的に、そして細部にまで気を配って接します。しかし、「おもてなし」はルールではなく、現代の日本においても、お客さまとの出会いの基本にある姿勢です。 

旅館でおもてなし:家に着くまで

日本の伝統的なおもてなしを体験することができます。 旅館 を経験することができます。江戸時代(1603年〜1868年)にはすでに高級ホステルを旅館と呼んでいた。食事もとることが多い伝統的な旅館は、100年前と変わらず営業しています。五感に訴えかけるような、上品で控えめな雰囲気の中で、スタッフの服装から料理のチョイスに至るまで、「おもてなし」はすべてを包含しています。 

これは、旅館に泊まる客は皆、旅館が用意した浴衣を着るということにも表れていて、上下関係がなくなっているようにも見える。 

お客さまは、旅館で自分の家に帰ってきたかのように感じるはずです。お客さまの人柄、好み、期待を理解することが最も重要です。  

この意味での「おもてなし」は、形式的なものではなく、人と人との出会い、心のコミュニケーションによって生まれるものです。日本の伝統的な旅館は、おもてなしを体験するのに最適な場所であることが多い。

ガストロノミーにおけるオモテナシ

料理の作り方や盛り付けの細部にまでこだわる「おもてなし」の精神は、日本の美食に息づいている。 

利休の言葉にもあるように、日本では昔から季節の移り変わりやそれに伴う変化が特別な意味を持っていた。桜の花という行事が印象的である。 

この感性は 日本料理.これは、季節による微妙な味の変化を楽しむために、早い時期に出る食材(はしり)、旬の食材(旬)、残り物(名残)を区別しているからです。  なごり)。 

利休のコンセプトである「野の花」にふさわしく、五感で自然を感じていただくことを目的としています。そのため、ケータリングは当然ながら美的センスも問われることになります。料理や飾り付けは、季節に合わせて選んでいます。 

夏はガラスで涼しげに、冬は厚手の陶器や暖色系で居心地のよい空間を演出します。このような細部へのこだわりや、季節に合わせた食器のアレンジは、次のようなところにも表れています。 日本の高級料理である懐石料理。 これは茶の湯の発展と大きな類似性を示している。

オモテナシショッピング

日本を旅すると、いたるところで日本独特の「おもてなし」に出会います。 

例えば、プレゼントを丁寧に包装する、ディスプレイを美しくデザインする、熱に弱い食品を買うときは氷を入れる、トレーに載せた簡単なレシートを手渡すなど、お客様には常に選択肢があることを意識すると、簡単なことでも尊敬と感謝の念を表すことになります。 

最近注目されているのは、買い物の後に紙袋に封をする「おもてなし」だ。これは、テープの端を少し折り返して、お客様が開けやすいようにするものです。

デパートでの買い物中に雨が降り出したら、BGMを突然変えて、曲の選択でさりげなく雨を表現することもあります。これにより、スタッフはデパートの(窓のない)環境でも、例えば、紙袋に雨よけのビニールをかけるなどして、お客様に快適なショッピングを楽しんでいただくことができます(無料)。お客様に気持ちよく帰っていただくこと、それが「おもてなし」です。

おもてなし」とは、表面的には、お客さまを温かく迎え入れる気持ちや、細かな気遣いのことです。

当たり前のことを当たり前にする「おもてなし

日本では、おもてなしが当たり前で、見返りを求めない。 

そのため、チップを渡す習慣はありません。しかし、心からお礼を言いたいときは、チップという選択肢もあります。 心付け(ココロヅケ) - 心を「つける」ことで、深い感謝の気持ちを表現しています。     

1400年以上前に聖徳太子が記した「和を以て貴しとなす」は、今もなお、人口密度の高い島国日本において、人と人が円滑に共存するための「おもてなし」の魔法となっているのです。

一方通行ではなく、双方向の「おもてなし」は、狭い社会・空間に閉じこもりがちな日本人の心を和ませ、尊重し合う交流の一助となるのです。おもてなし」というのは、お客様に対する特別な気配りの表現であり、日本人のサービス意識とドイツ人のサービス意識は大きく異なる。

メディアで見る「おもてなし

また、「おもてなし」については、少し触れていますが、他の話題も混じっているような、ちょっと古いレポートがあります。

ユーチューブ

動画を読み込むことで、YouTubeのプライバシーポリシーに同意したことになります。
詳細はこちら

ロードビデオ

ウイスキーテイスティング 2021年11月

長い間、不自由な思いをしていたコロナの休養を終え、2021年11月のウイスキー試飲会がどうなるのか期待していました。小さな成功を収めましたが