心づけ - 日本語でチップを渡す

目次

最近、レストランで、チップは日本ではしないのか、日本ではどうするのか、という質問が出た。 ミュンヘンのレストランsansaro は、それを続けていくことになる。
私たちはいつも、お客様が日本人の文化や習慣について知識を持ち、大変興味を持たれていることに感心しています。ここでは、「日本でのチップ」というテーマで詳しくご紹介します。

もちろん、ドイツの日本食レストランでは、チップを渡すことが許されていますし、そうすることが奨励されています。日本国内では、いつものことながら、もう少し複雑な事情があるようだ...。

ココロ漬けとは

厳密に言うと、日本にはチップの制度がないかというと、そうではありません。サービスを提供してくれる人に対して、「心付け」という形でお金を渡すことは、ある場面ではごく一般的なことです。(心」はドイツ語で「ハート」の意味)。

日本人は様々な場面で、この「こころづけ」を店員さんに渡します。  旅館や料亭でのサービス、冠婚葬祭のスタッフ、タクシー運転手など。実は日本では、サービスに対する評価というよりも、お客様からの感謝の気持ちの表れなのです。この「心のこもった贈り物」は、礼拝が始まる前に贈られることが多いのもそのためです。

チップ&オモテナシ

の精神で オモテナシ と見る向きもある。  ゲストの努力やケアに対して金銭的な補償を期待するべきではありません。また、日本のレストランでは、請求書にいわゆる「サービス料」が含まれていることが多いため、チップを払わないという思い込みが蔓延しています。

日本では欧米のような自動チップはない

そして、実は日本のレストランでは、欧米などのようにチップのオートマティズムがないのです。しかし、このことは、日本ではどんな形であれ、チップは侮辱であるという事実とは何の関係もない。 

むしろ、日本ではよくあることですが、いろいろと複雑な形でお互いを尊重し合うということなのです。

日本では金銭の直接贈与は好ましくないことが多い

確かに、日本ではお金を直接渡すのは嫌がられる。特に冠婚葬祭などの特別な日のお金の贈り物は、そのため封筒に入れたり、紙に包んだりして贈ります。

また、日本ではチップはサービススタッフの通常の収入に含まれないと考えられていることも知っておく必要があります。実際、多くの日本人は、賃金は仕事に対する十分な対価だと考えています。

だからまず、自分の仕事に対してお金をもらっていることを前提に、とにかく-きちんと、できる限り心を込めてゲストサービスをする。

ですから、心付けは通常、特定の場面でのみ渡すものですが、心付けは決して不快なものでも問題でもありません。通常のガストロノミーでは、とにかく珍しい。与えるのも与えないのも見苦しいことではありません。

日本でのこころづけの方法とタイミング

しかし、自由とはいえ、日本で心付けを贈るにはいくつかの注意点があるので、ここでいくつかのヒントを挙げておきたい(もちろん、観光客にはあまり関係のない冠婚葬祭の話ではないですよ)。

どんなときに「こころづけ」を渡すのですか?

  • ホテル、レストラン、タクシー、運転代行サービスにおいて、より良い部屋などの特別なサービスを受けた場合、または何らかの理由で飲食物を部屋に持ち込んだり、通常の習慣にないサービスを要求した場合。考え方:レストラン、ホテル、タクシーの運転手などにいつもと違うことを頼んだら、感謝の気持ちを伝えたり、いつもと違うことを頼んでいるという意識を文書化すること。何らかの理由でワインを持ち込みたい場合のレストランのコルク代に匹敵する。
  • 運転手がいつもより多くアシストしてくれた場合。
  • カフェやファーストフード店では、チップを追加する機会はほとんどない。

ココルヅケのタイミングは?

  • ほとんどのホテルやレストランには、お客様を特別にお世話することを仕事にしているスタッフがいます。仲居(なかい)」と呼ばれる。このスタッフにテーブルや部屋に案内されたら、「いろいろとご準備いただきありがとうございました」と言って、心付けを渡します。
  • 特別な手配の場合は、合意または完了した後に「心づけ」を渡す。
  • タクシーに乗った後、前述と異なり、お釣りをチップとして置いていくことができます。

こころづけ」の渡し方は?

お金を封筒に入れるか、紙に包んでください。
日本には、心付けやお金を渡すときに使う「ポチ袋」という小さな封筒があります。この封筒はコンビニやスーパー、文房具店などで買うことができ、ぽち袋が手元にあれば、いつでも上品に心付けを手渡すことができる。

こころづけはいくらですか?

心づけは必ず紙幣で渡され、硬貨で渡されることはない。日本円なら1000円(約8ユーロ)以上であること。例えば、3万円の部屋に泊まったら、平均3000円を贈る。しかし、心づけは「本音」であるはずなので、1000円を渡すことも問題ない。

日本では、「心づけ」は決して義務ではありません。

もう一度はっきり言いますが、「心づけ」は日本では強制的な習慣ではありません。サービスに満足しているのであれば、そう言えばいいのです。それはまず、どのような形のビジネス関係であっても、お互いを認め合い、尊敬し合って付き合うことです。しかし、目に見える形で満足感を与えたいのであれば、心からこころづけをすることです。

ドイツの日本食レストランでのチップ

ここドイツでは、ほとんどのレストランのスタッフがチップを払う習慣があります。ドイツ人は食事に関しては質素を好むと言われているので、レストランにとってチップは重要な要素です。

レストランSansaro チップはスタッフ間でほとんど共有されており、単なるお金ではなく、お客様からの心のこもった贈り物だと考えています。 

なぜなら、私たちは一人一人のお客様、一皿一皿のために喜んで心を尽くしており、それは働き者の大勢のキッチンクルーなしには不可能だからです。
特にキッチンはお客様と直接お話する機会がないため、チップは「美味しかったよ」というメッセージにもなると考えています。それは、私たち全員が向上心を持ち続けるためのモチベーションになります。 

ありがとうございました。

わさい

本格的な日本料理は、素材本来の味を大切にし、あまり強い味付けはしない。

鮨屋 ミュンヘン店の冬メニュー
sansaro冬メニュー2018

レストランsansaroでは、2018年12月8日(金)より、季節限定のスペシャルメニュー「2018 Winter Menu.Let」を再びご提供いたします。