クリスチャン・ブラウアー「これは違う。"Goe the"

アートワーク

色の反射によって、私たちは生命を持っています。ニスは果実を気密に閉じます。有機物の表面は無機物の下に消え、こうして腐敗から守られているが、それ以上息をすることができない。クリスチャン・ブラウアーは1967年ミュンヘン生まれのスタイリストであり、フリーランスのアーティストです。年に一度の世界各国の写真シリーズに加え、インスタレーションを制作するなど、写真による創作活動をさらに発展させている。表現的な要素と抽象的な要素が混在している夢のイメージ - 異なるテーマに基づいて。象徴性の強いモチーフに焦点を当てています。既存のものを新たな意外な角度から近づけ、予想の裏を見ることを目指している。詳細情報 www.christian-bräuer.de

ヘルガ・カルヴァイト「砂の世界

アートワーク

"絵画は画家の心と鑑賞者の心をつなぐ架け橋である"ウジェーヌ・ラクロワ ヘルガ・カルヴァイトの絵画は、常に実在する物体の反響でありながら、非具象的であり、解釈の余地を残しています。そうすることで、鑑賞者個人の想像力やコンセプチュアルな世界を豊かにし、探求していく。ヘルガ・カルヴァイトは美術教育を学び、15年以上ミュンヘンに住み、活動しています。油絵具とアクリル絵具を使った砂のハイブリッド技法を用いています。長いプロセスの中で、絵の具や砂は何層にも塗られ、これまでにない新しいバリエーションが生まれ、絵画に望ましい構造を与え、色の効果に影響を与えます。詳細情報はこちら:http://sandvisionen.jimdo.com/

内藤亜美「51.600mmペーパーウェーブ

アートワーク

折り紙は日本独特の芸術の一つです。紙折りの可能性はほぼ無限大です。今回のインスタレーションでは、ミウラファッハで表現しています。第三次曲面も可能で、紙で表現しています。キリングと呼ばれる紙の波や形を通して、春夏の自然な感じを表現しています。内藤亜美(ないとう・あみ)さん(1989年東京都生まれ)は、インテリアデザイナー。武蔵野大学卒。2011年に「Appaloosa」を設立し、2012年からはミュンヘンで活動しています。彼女の作品では、自然からインスピレーションを得ています。日本独特の色、素材、技術は、彼女にとって常に新しいアイデアの源となっています。彼女のデザインは、アジアの融合を目指しています。

ファビアン・ブロス「路面電車の中のプロメテウス

アートワーク

ファビアン・ブロスは言語学者であり、フリーランスのアーティストです。文芸誌「Das Prinzip der sparsamsten Erklärung」やミュンヘン・ノイハウゼンの展示スペース「Linoleum-Club」の共同創設者。Süddeutsche Zeitung紙(2013.12.31)は、ミュンヘンを「よりカラフルで住みやすい街」「エキサイティングな街」にする若いクリエーターの中に彼を数えています。彼の作品は、個人の実現と社会的規範との間の緊張を扱っています。一見すると合わないように見えるものが、調和のとれた全く新しいイメージになるように織り込まれています。このようにして、多くの作品は、日常生活の珍しい組み合わせ的な見方を通して、定着した知覚や連想のパターンを打破することに成功しています。このような意図を持って、ここに描かれているプロメテウスは、[...]から出てくる。

ドミノ・ピッテル - マティアス・トレイガー "割当"

アートワーク

美しいものが待っています、それは深紅色の黒い茨でフェンスで囲まれています、その中には斑点のある棘のある萼とビロードの羽のある、傾斜したシダと水緑色の丸いフレークの房が立ち上がっています。[ステファン・ジョージの空中庭園の本より]

ファビアン・ケティシュ|マイケル・ミエスケス "クルト、フリードリヒ、ガビ"

アートワーク

"宇宙の空虚さはどうなるのか?欠乏しているとしか見えないこともしばしば。そして、空虚とは、空虚と間隙の充填の欠如とみなされます。"マルティン・ハイデッガー sansaroアートボックスの3つの新しいショーケースの最初の展覧会は、ミュンヘンのアカデミーの学生2人の作品で、空間とその境界、そして空虚さを扱っています。ショーケースの中では、インスタレーションが何度も何度も膨らみ、それに与えられた境界線を破っているかのように見えます。成長し、呼吸し、生きているという絶え間ない動きの中で、最も多様な連想が生まれ、見る者を魅了し、同時に苛立たせます。

ユリウス・ポール・エルハート「温室の中で」絵と窓(と水やりの缶)付き

アートワーク

"私はどこで何を望んでいるのかわからない孤独な種の白い1つのそれの上に、私は鈍い飛蚊症を取得し、それを置く地面を描く。行きたいところにはどこでも地図を持っていく。水差しで私は色のトーンを流し、絵の中で黒になるためにトラックを置き、窓の植物のように、私は写真と温室で鳴るから、輝きます。"60年代に生まれたユリウス・パウル・エールハルトは、1978年にミュンヘン芸術アカデミーでゲルト・ウィナー教授(アマリエンパサージュの壁のデザインを担当)の絵画クラスに参加し、ウィーン芸術アカデミーでは1987年から1993年までフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーの修士課程に在籍しました。ビジュアルデザインとセラピー」の勉強をした後、彼は何年にもわたって[...]をリードしてきました。

ルイーズ・エイトナー「外国の中に馴染みのあるものを見つけよう

日本の女の絵

"この作品は、私にとって全く異質な文化圏に踏み出した痕跡を写真で探すものです。日本の写真を通して、文化的な分断を克服して外国へのアプローチを生み出す方法を示している。私の目的は、この異世界の本質を「詩的ルポルタージュ」という形で提示し、社会的・感情的なアナロジーを可視化することである。日本の文化の異質さと様々な写真の方向性に魅せられて、私はこのシリーズで日本のポートレートを描いています。"ポエティック・ルポルタージュ "という言葉では、ドキュメンタリー、ストリートフォト、エッセイ的な物語、スナップショットなど、さまざまな写真のジャンルが混在していることを意味しています。ルイーズ・アードナーは1984年に生まれ、[...]で