ヨッヘン・ドレックマン|『ミッテルパンクテ』2018年9月号

アートワーク

木が倒れても枯れることはありません。彼らは第二の木としての秘密の生活を始めたばかり。思い出の品を持っていくのはもちろんのこと、その人柄の良さもあります。木を手に持った時に感じる、木を見た時に感じる。夏の淡い暑さ、冬の夜の深い暗さ、春と秋の穏やかな暖かさ...このような木への思いが、ヨッヘン・ドレックマン(*1967)をミュンヘンで木の工房を経営しているだけでなく、それぞれの木の需要にも関わってきました。最初はケニアの椰子の木から作られた小さな木の彫刻であったが、次第に抽象的な形式へと変化していった。異なる[...]間の対話が発生しました。

寺島彩香|"小さな青い庭"

アートワーク

インスタレーションで使用されているシリーズ「花瓶に花が咲いた」は、誰かが所有していた既製品の磁器と自分の形を組み合わせた彫刻プロジェクトです。青」という色は、地球の大部分を占める海や空の色として見られています。しかし、「青」という色の定義が曖昧で現実味がない。この曖昧で美しい「青」という色の世界に、ぜひ足を踏み入れてみてください。日本のアーティスト寺島彩香(※1987年)は、日本の大学で伝統工芸や陶芸を学び、2016年からミュンヘンに留学して活動しています。彼女にとって粘土は、彼女の思考を直接形にするための最も原始的な素材である[...]。

宮下ゆかりさん|"着物-自然観"

アートワーク

アーティストでありフローリストでもある宮下ゆかりさんは、自然素材を使った作品を好んで制作しています。彼女の花の作品は当然のことながら、すぐに儚くなってしまうことが多いので、目と心のための短い時間を見逃すわけにはいきません。彼女は母国日本の要素を組み合わせた作品を好んで制作していますが、多様な色、構造、神秘的な形を持つ自然が常に主役です。宮下ゆかり(※1983年)は京都で美術と日本画を学ぶ。すでに「いけべな」のライセンスを取得し、花柄の着物のデザイナーとして活躍していた。今日、彼女はミュンヘンとプラハに住んで、彼女の非常に[...]で芸術と自然を兼ね備えています

ヴォルフガング・ステック|"風に吹かれて"

アートワーク

"ヴォルフガング・ステックは、幼い頃に名付け親から、公園のベンチに座るのではなく、その下を覗いて写真を撮るようにアドバイスされたという、一種の鍵となる体験をして、一風変わった世界観を与えられました。一気に世界が変わり、その魅力が手の届くところにあるように見えた。モチーフを掘り下げること、モチーフに近づくこと、スケールを変えること、自分の参照枠を移動させること、これらはすべて初期の具象的な作品の特徴であり、抽象化への道を切り開いた。... 物体を隠蔽することで、別の明快さ、別の現実が浮かび上がってくる。ブリジット・サイデル)。おなじみの、しばしば目立たない - ここでは2つの風鈴[...]を吹く

アンヤ・コロンブレス|"雲の中の頭"

アートワーク

アニャ・コランブレスの作品は、現実と夢の世界を行き来するシュールな旅に見る者を送り出す視覚的な詩である。植物や動物、人体解剖学、雲の世界は、幾何学的な形と偽りの色の間で現実の断片のように混ざり合い、痛々しくも親しみやすく、ほっとするような異質さを感じる無重力の詩を生み出しています。私たちの存在に対する欲望と恐怖は、すべての作品に不可分に織り込まれており、光と影の境目に道を描き、生命そのものを映し出す鏡となっています。アンヤ・コロンブレス(※1989年)は近年ウィーンとベルリンに住み、2017年からはミュンヘンに滞在しています。彼女の個人的なことだけでなく、芸術的なルーツ[...]

ステファニー・シリング|"近くに来て!"

すし屋ミュンヘンのイベント「アートボックス」で展示された青い羽根の写真

自然の風景であれ、抽象的な構図であれ、ステファニー・シリングの作品は、リグレーで部分的に透明な構造の多様性で目を引きます。そのために、彼女は様々な芸術的手法を試しています。ここで紹介する作品は、主に印刷技術を用いて制作されたものです。美術教育を学び、シルクスクリーン印刷の工房で美術助手をしていた頃から、印刷技術の創造的な可能性を秘めた職業に就いていました。モチーフの一部は日本の古典的な木版画から着想を得ています。彼らは、様式化された自然のシーンや抽象的な構図を含み、見る者をそれぞれの構造に飛び込むように誘っています。だから-一歩近づけ!

グレゴリーインフィニティ "サークルソレイユ"

アートワーク

グレゴリー・インフィニティの作品は、抽象的で有機的であり、刺激的であると同時に開かれているように見えます。ミュンヘンにある世界で唯一の教会画の名門校に通う。いくつかの奨学金を受けており、ミュンヘンの有名なギャラリーで活躍しています。彼の作品の背景にある意図は、「都会の規範であるグレーとの癒しのコントラスト」を生み出すことにある。"芸術とは、人間が実際にどのような美しさと深みを持っているかを示すことができる、意図を持った創造物である。インスピレーションとキャンバスの間のフィルターとしての自分を取り除いたとき、絵の上に何かが流れてきて、それがどこから来たのかと、アーティストである自分自身が微笑みながら黙って見ている。グレゴリーを満たす[...]

ヴィオラ・ジャスミン・プロヴォスト "ネイチャー・オブ・カラーズ"

アートワーク

色の性質と遊ぶというアイデアは、それらを試してみて、その範囲をテストすることは、インスピレーションを与えてくれます。同時に、芸術は自然の色、その無限の豊かなニュアンス、コントラスト、光の遊びを反映しています。これは、自然界でも芸術界でも、事実上無限のバリエーションの豊かさを生み出しており、個人が小さな部分でしか捉えることができません。ヴィオラ・ジャスミン・プロボストは、1999年にカナダのバイエルン州に生まれ、幼い頃から芸術作品に魅了されてきた独学のアーティストです。今日、彼女は抽象的なフォルムで自分の想像力を自由に働かせています。 構造と様々なテクニックが同時に彼女の作品にフレームワークを与え、最も多様な雰囲気や雰囲気を示唆しています。詳細は[...]を参照してください。

ユージニア・ピアセンティーニ "インボリューション"

アートワーク

人類の最初の一歩から実存的な問いかけへ - 私たちのルーツや精神的なパターンの下に隠された、より大きな全体の一部であるという感覚があります。この直感は、私たちの原始的な地面に固定されており、これに直面して、法律、教義、単にすべてが余分なものになります。私たちの外見は、そのような時、私たちに内観を強要します。進化が私たちから直感を掠め取った時代に戻ろう。1981年ブエノスアイレス生まれの独学アーティスト、マリア・ユージニア・ピアセンティーニ・ヴェロンは、常に世界の窓を探して潜在意識にメッセージを送っています。陶芸は、自然発生的、詳細で忠実な方法で彼女に来る[...]。

rosaLee "アポフェニック・ペインティング"

アートワーク

アポフェニック・ペインティングは、光学的なパレイドリアを利用しています。rosaLeeは実験的な手法と異なる素材を用いて、ランダムな構造を得て、そこから物語の主人公を発見したり、状況を精緻化したりしている。このようにランダムに生成されたパターンの中で意味を探すことをアポフェシアといいます。sansaroのアートボックスに設置されたインスタレーションは、展示されているキャンバスの制作過程を記録しており、作家の作品への洞察を提供しています。アポフェニック・ペインティングは、鑑賞者との対話を誘い、同封されたテキストが思考の糧となります。詳細は www.rosaLee.de をご覧ください。