信州 - 「新酒」というカテゴリーにはどんな意味があるのでしょうか。

目次

日本酒は、さまざまな 品質分類 また、制作方法も微妙に異なる。ここでは、「信州」の名を冠した日本酒がどのようなものであるかを説明します。

信州の3つの定義

新酒(しんしゅ)は直訳すると「新しい酒」。 

しかし、この言葉は明確に定義されているわけではなく、いくつかの意味があります。ここでは、そのうちの3つを解説します。

1. 酒造年度中に生産・出荷された酒類

酒税法では、醸造年度内に製造・出荷された酒を「新酒」と定義しています。

酒造年度とは、その年の6月から翌年7月までの期間です。日本では一般的に、4月から翌年3月までを会計年度と定めています。しかし、酒造りは原料の米が収穫される秋に始まり、冬から春にかけて行われる。

そのため、醸造年は7月から翌年6月までの期間と定義しています。そのため、信州は冬から春にかけて醸造され、長期熟成させずにその年の5月末までに市場に出される酒である。

2.酒造年度内に収穫された新米を原料として造られた酒。

現在では、温度管理などの技術向上により、1年中酒造りができる酒蔵もある。しかし、多くの酒蔵は11月から3月にかけて、その年に収穫された新米で酒を造り、「新酒」として市場に出している。そのため、この時期になると「信州」という言葉をよく耳にします。実際、日本ではこの意味で「信州」という言葉が広く使われている。

3.生酒

日本酒は通常、もろみを搾った後と瓶詰めした後の2回、低温殺菌されます。生酒は通常「生酒」と呼ばれるが、熱処理をしていない新鮮な酒であることから「新酒」と呼ばれることもある。

信州の味はどうですか?

ここでは、11月頃から発売される新米を使った「信州」の味を紹介します。

貯蔵期間が短いため、信州はフレッシュでキレのあるきれいな口当たりです。搾りたての酒は荒々しく、活気があるため、ピリピリした感覚を呼び起こすこともある。

坂東新酒ができる兆し。

日本の伝統的な酒蔵を訪れると、軒先に写真のような毬が置いてあるのをよく見かけます。これは「酒林(さかばやし)」と呼ばれる杉の葉の玉で、信州に関係するものだそうです。

実はこれ、新酒が蔵で造られたことを示すサインなのです。吊るした当初はまだ緑色だが、徐々にしぼんで茶色になり、新酒が熟成していることを示す。

酒造りに適した米の種類は?

日本では 日本酒 基本的にはすべての米を使って醸造することができますが、銘酒に適した特別な米もありますし、食用の米とは構造や性質が異なる特別な米もあります。のための特別な米の品種についてご紹介します。 酒造り.

酒類部門 大吟醸

大吟醸 目次 日本酒は、香りや製造基準を示すさまざまなカテゴリーに分類されています。大吟醸は高吟醸に属します。