酒蔵と日本酒の種類

目次

日本酒 は、私たちを感動させ、魅了するテーマです。日本酒は複雑で、典型的な日本の職人芸であり、奥が深いため、欧米人が日本酒の多様性を正しく理解するのは難しい場合が多いのです。また、味覚的に洗練され、何百もの風味があるため、さまざまな種類の日本酒や日本酒の生産者は、人生を豊かにする発見のフィールドを提供してくれます。

しかし、日本酒は何種類あるのだろうか。日本酒の蔵元は何軒あるのですか?ここでは、大まかな概要と、面白い酒蔵や日本酒の種類を紹介していこうと思います。しかし、私たちと一緒に日本酒を飲めば、きっと楽しい発見があるはずです。

日本酒や酒蔵の種類はどのくらいあるのでしょうか?

定義のために:として 日本酒の種類 此処で言うのは 単体製品 - 例えば、ビール会社のビールに種類があるように(例えば、Steiner Hell、Steiner Export、Steiner Märzen)。

同時に 一工場一銘柄 シュタイン城醸造所では、従来のビールブランド「シュタイナー」と同時に、オーガニックビールシリーズ「ハインツ・フォン・シュタイン」を展開しています。

日本酒の蔵元は何軒あるのですか?

の後に 国税庁発表のデータ 日本には2017年に1,371の酒蔵がありました。

このうち、資本金3億円以上かつ従業員300人以上の大企業が6社、中小企業が1,300社、従業員300人未満の個人事業主が65社となっています。

日本酒の銘柄はいくつあるのでしょうか?

日本語版ウィキペディアのページには 日本酒の銘柄一覧と題して投稿.

したがって、日本酒の銘柄は1981種類もある。しかし、ここでいうブランドとは、さまざまな種類の製品を指す。例えばカツヤマは、「雷」と「電」を含むブランドです。

日本酒は何種類あるのですか?

さらに、『邦題:邦題:邦題:邦題:邦題:邦題:邦題 "日本酒データブック"は、2007年に出版されました。正確な内容はわからないが、タイトルに「日本酒は15,706種類ある」とある。現在、2007年以降に作成された情報は見つかっていません。

酒蔵の数はどのように推移しているのでしょうか。

日本の酒蔵は減り続けており、1970年には3,533軒あった酒蔵が、2017年には1,594軒にとどまっている。 この数字は醸造免許を持つ酒蔵であり、実際に操業している酒蔵は1,400軒以下(上述)である。

そのほとんどが中小・零細企業であり、酒造メーカーの閉鎖が年々進み、企業数は減少の一途をたどっています。 

例えば、「大宰府」の名で酒造りを行っている朝日酒造は、従業員214名(うちパート91名)の中小企業である。他の酒造会社は、確かに朝日酒造より小さい。だから、私たちが紹介する酒のほとんどは、本当に小さな、専門的な酒蔵です。

酒蔵の廃業は、後継者や職人の不足が理由の多くを占めるが、消費減退による経営難から断念するケースもある。

(出典) https://www.nta.go.jp/taxes/sake/shiori-gaikyo/seishu/2018/index.htm)

日本酒の消費は、この数十年でどのように変化したのでしょうか。

日本酒の国内出荷量は、1973年の170万キロリットル(1700万ヘクトリットル)超をピークに、他のアルコール飲料との競合で減少している。2020年には約42万kℓ(420万ヘクトリットル)にまで減少する予定です。

国内清酒出荷量に占める特定名称酒のシェアは、1998年の26 %から2017年には34 %と順調に増加している。 その中で、吟醸酒のシェアが増加しており、いわゆる高級酒に位置付けられる清酒の伸びが大きくなってきている。

日本酒の国内出荷量は減少していますが、輸出量は増加傾向にあります。2020年の日本酒の輸出総額は約241億円(前年比103.%)を超え、11年連続で過去最高を更新しました。10年前と比較すると、日本酒の輸出量は2倍、輸出額は3倍になっている。61カ国が輸出先で、そのうちアメリカ、中国、香港、台湾、韓国の5カ国は、量、金額ともに約80 %を占めている。(出典) https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2020/sake_yushutsu/0021001-122.pdf)

日本酒の地域差は?

昔ほどではありませんが、今でも日本各地に酒蔵があり、その土地の特産物を使った酒造りを行っています。 

日本は細長い国土で、北は北海道、南は九州・沖縄まで、気候条件や水の性質、周囲の自然、好まれる郷土料理などに大きな違いがある。食品・飲料の地域差、特に使用する原材料や調理法、組成の差は典型的な例です。 日本料理の世界遺産「和食.こうした多様性は、日本酒にも見られる。

寒冷地では軽めの辛口の酒を、温暖地では力強いフルボディの酒を造る傾向がある。また、地域の特色をよく見てみると、新しい日本酒の世界が見えてくる。 

さらに、それぞれの蔵の個性や伝統、物語を知ることで、酒選びはさらに面白くなる。

地域差については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。 地域別の日本酒の産地。