sansaro冬メニュー2018

レストランsansaroでは、2018年12月8日より、2018年冬メニューという季節のスペシャルメニューを再び実施します。 ここで少しだけ食欲を増進させましょう。

季節の特集:SUSHIYA sansaroで冬メニュー2018

冬が近づいてきました。"アウトドア "から後退して、何か良いものを自分にご馳走する時期です。才気あふれる創作料理人・斉藤正美が、これを機に季節ごとの美しいスペシャルメニューをご用意いたしました。これで夜は当店のsansaroでお楽しみいただけます。一晩のメニューは数に限りがありますので、在庫がある間のみのご提供となりますのでご了承ください。

sansaroの冬期特別4コースの概要。

  • "秋に別れを告げる": マッシュルームのマリネ、サルシフィと温豆腐のワイルドハーブサラダ、自家製照り焼き柚子オリーブマリネ添え
  • "冬への熱いハート"赤唐辛子味噌、鮟鱇、牡蠣、赤エビ、野菜のあっさりスープ
  • "新しいものに目を向ける: うなぎ、海老、鴨胸肉の切り身、野菜などが入ったBō寿司としてのむし寿司(温かい寿司!)。
  • "春の期待": 小豆とサツマイモとセサミクリームチーズのシュークリームサンド

メニューにはお勧めの日本酒がいくつか紹介されていますが、その中でも「ダッサイ39」という日本酒は非常に売れています。

楽しみにしています。 来訪sansaroでお会いしましょう

sansaroレストランの2018年ウィンタースペシャルの感想をご紹介します。

鮨屋 ミュンヘン店の冬メニュー
レストランsansaroの季節のスペシャル冬メニュー2018の1皿目:きのこのマリネを使ったワイルドハーブサラダ
鮨屋 ミュンヘン店の冬メニュー
ミュンヘンのsansaroで開催された冬のスペシャル2018の「坊主寿司
鮨屋 ミュンヘン店の冬メニュー
暗い季節のデザート「春を期待して

SUSHIYA sansaroで今すぐ予約する冬季限定メニューをご用意してお待ちしております。

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '