3月3日のひな祭り

目次

特別な日のための特別な料理

3月3日、日本ではひな人形が設置され、飾られています。この「ひな祭り」(別名「ひな壇」や「ひな祭り」)には、女の子が健やかに成長して幸せになるように祈りが捧げられています。 
この日は桃の節句(桃の節句)とも呼ばれ、この頃から桃の花が咲き始めることから「桃節句」とも呼ばれています。
桃や桜の花をあしらったひな人形を愛で、色とりどりのひし形の餅(五穀豊穣を象徴するといわれる)、あられ(パステルカラーの甘いキューブ状のおせんべい)、ちらし寿司(魚や野菜で軽く甘くしたもの)、クラムチャウダーなどの特別な料理を食べてお祝いします。この日は日本各地で色とりどりのイベントが行われます。 

ひな祭りはどのようにして生まれたのか?

ひな祭りは、中国発祥の五節句(節句、季節の節句)の一つである「上巳(じょうし)」のことです。古来、季節の変わり目である「節分」の頃には、特に悪霊が体に入りやすいと考えられていましたが、現在では、「節分」の時期には、悪霊が体の中に入ってくると考えられています。 
これから身を守るために、日本では、人間を象徴する紙人形でお腹を撫でて、その紙人形を海に流れ込む川(「城市」)に浮かべて流すという風習が発達しました。このようにして、体から霊の不純物を清め、紙人形が霊を川に流して運ぶことになっていました。この風習は、現在も存在するひな祭りの特別行事「流しびな」の起源ではないでしょうか。

節供の行事が定着し始めた平安時代には、貴族の子供たちの間でも「雛遊び」が盛んに行われていました。ひな」とは小さくて愛らしいものを意味し、人形劇と「じょうし」が合わさって、現在のひな祭りの原形になったと考えられています。

時代とともに人形作りの技術は進化し、特に江戸時代には、より繊細で貴重な人形が作られるようになりました。ひな人形遊びと女の子の美しいひな人形の楽しみ方が関係していたことから、「城市」は次第に女の子のためのお祭り「ひな祭り」へと発展していきました。

ひな人形は女の一生のお供

女の子が生まれると、母方の祖父母が雛人形を贈るのが習慣になっています。これらの人形は非常に貴重な細工が施されており、高価なものであり、結婚しても生涯女性の財産であり続けます。また、家族の中で何世代にも渡って受け継がれていることも多いです。

雛人形とは、決まったルールに沿った雛人形の集まりです。統治者である夫婦(大入様・大雛様)、下女(かんじょ)と呼ばれることもある女性3人、音楽家5人、見張り役2人、その他3人の大夫妻に仕える者で構成されています。統治者とその部下は、平安時代の伝統的な宮廷衣装に身を包んでいることが多く、華麗な服装をしています。鮮やかな赤とゴールドのトーンが、仰々しい印象をプラスしてくれます。宮廷全体が5~7段の祭壇の上に配置され、家具や特に台所用品で補われることが多い。また、二段目に上る使用人の一人が、ひな祭りの時に、甘酒を少し甘くしてアルコール度数を下げて楽しむ「甘酒」を、支配する夫婦に手渡すという作法もありますが、これはお酒の特別な意味があることを示しています。
しかし、現在では大きな家を持たない家庭がほとんどなので、雛人形は支配者である夫婦のみで構成されるのが通例となっています。

早ければ2月中旬、女の子たちは雛人形を飾り始めます。 
3月3日は祭りの日でクライマックスを迎えますが、その後はまたすぐに人形を片付けるのが慣例です。これは元々、梅雨入りの湿気から雛人形を守るという理由がありました。しかし、もちろんそこには特別な意味がありました。現在ではあまり厳しく見られておらず、綺麗なお雛様の設定を月末まで放置している女の子も多いようです。

2021年3月3日の当日券のみの小特価

しかし、現代の日本で変わっていないのは、この日は特別な料理を楽しむという伝統です。月3日は、季節の変わり目のこの時期に元気に過ごせるように、ひな祭りのお寿司特集を少しだけご用意しています。当店のシェフが、有機ウズラの卵から様々な威厳を再現した、いわば「おしずし」のようなものを作りました(厳密には、その場合はちらしずしですが、話が長くなりましたが...)。 

もちろん、子供だけが「遊ぶ」ことを許されているわけではありません--少しの醤油で、どんな場合でもごく短時間で「片付ける」ことができるのです...。