スパークリング日本酒

目次

近年、日本酒は世界的に人気が高まっている。より深く理解するために、さまざまな 日本酒のカテゴリー ここでは、「スパークリング清酒」という言葉の背景を説明します。

スパークリング清酒とは

スパークリング酒は、炭酸を含む日本酒です。また、スパークリング清酒は、アルコール度数が低く、甘みがあるため、「日本酒」を初めて飲む方への入門編としても興味深いものです。

スパークリング清酒の3つの製造方法

スパークリング清酒は、製造工程によって3種類に分けられるので、ここで簡単に説明する。

渾身(こんしん

日本酒の製造に必要なアルコール発酵では、アルコールと炭酸ガスが発生する。そのため、スパークリング日本酒ではない通常の日本酒でも、もろみを搾った直後は微発泡しています。通常、炭酸ガスはハイアール(低温殺菌)と呼ばれる工程を経て消失する。

カッセルにごり(活性濁り)」とは、「活性濁り」という意味です。このタイプでは、日本酒は低温殺菌されていません。発酵がほぼ完了したマッシュは、瓶詰め前に目の粗い布でろ過される。粗い濾過のため、液体に固形物が残っており、酒の色は白濁している。瓶の中では酵母が生きていて発酵しているので、炭酸ガスが発生します。

瓶内二次発酵

この日本酒も低温殺菌されていない。発酵が完全に終了する前に、マッシュをプレスして瓶詰めする。搾った液体に活性酵母が残り、瓶の中で発酵を続け、炭酸ガスを発生させる。ちなみに、これはスパークリングワインやシャンパンの製造方法に相当する。

スパークリング清酒の新潮流「阿波酒」。

日本酒の新たな需要を開拓するために、多くの酒蔵が発泡性の新商品を開発・提供していますが、健全な市場拡大のために、明確な品質基準を設ける取り組みも行われています。その代表的な取り組みが「あわさけ会」です。2022年には、日本全国に28の加盟ブルワリーが誕生する予定です。

"泡 "は "泡 "を意味します。"阿波酒 "は、そのため、スパークリング清酒の特別な名称である。阿波酒」の名を冠することを許されるのは、厳選された米、こうじ、水を原料とし、瓶内二次発酵による自然な泡を持つ透明な酒であること。さらに、厳しい品質基準を満たし、外部審査員の検査に合格しなければ、「阿波の酒」として認定されません。

炭酸ガス注入方式

完成した日本酒に人工的に炭酸ガスを添加したスパークリング日本酒です。比較的安価にスパークリング清酒を製造できる方法です。品質は比較的安定しており、常温での保存が可能です。そのため、日本ではスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されていることが多い。

スパークリング清酒の味は?

スパークリング清酒の特長は、フルーティーな味わいです。アルコール度数は5〜7 % vol.と低めのものが多いが、11〜15 % vol.と高めのボトル入りのものも存在する。
原則として、アルコール度数が高いほどドライな味わいになります。また、「かわせみにごり」は、米の風味がより強く残るため、よりマイルドでクリーミーな味わいになっています。そのためには、ガラスに残滓が付着してしまうので、スリムな陶器の瓶を使うことをお勧めします。

スパークリング日本酒は、すべて冷やしてお召し上がりください。透明なスパークリング日本酒は、シャンパングラスやフルートの使用をお勧めします。

詳細はこちら 酒造りの各工程 はこちらでご覧いただけます。

日本酒の起源と歴史

日本酒 は、ヨーロッパではライスワインとして知られていますが、そのシンプルな名前は、その味を正当化するものではありません。

何世紀にもわたって、日本酒は複雑な傑作へと進化を遂げてきた。

日本は島国であり、200年もの間、外界から隔離されていたため、あらゆる分野で常に技術を向上させ、完成度を高めることができました。これは職人の酒にも影響し、非常に多様な味を発見することができる。

しかし、実際に日本酒はどこから来るのだろうか。そして、日本酒の歴史的・文化的なルーツは何なのか。

日本酒のカテゴリー

日本酒のカテゴリー&分類は?目次 現在、日本には約1,400の酒蔵があり、その中には

純米大吟醸酒の分類

純米大吟醸 目次 日本酒は印象的な香りの宝庫です。異なる日本酒のクラスを区別するために、それぞれのクラスに応じた差別化を