シーズンスペシャル秋メニュー2017

sansaro」の店内にはまたまた季節限定のお得なメニューがあります。"秋のメニュー2017 "では、普段はなかなかお目にかかれないような名物料理を4品のコースメニューで提供しています。お見逃しなく

四季折々の名物料理を一度に味わえる全4コース

sansaroの日本人シェフがまた何かを思いつきました。まずは、上質な白身魚のカルパッチョとポルチーニ茸のグリルをオリーブと柚子ライムの絶妙なソースでいただきます。ドイツのキノコの季節と日本の柚子の季節はこのように合体しています。2つ目のコースは、カニの身の天ぷら、北海道産スカッシュ、3種のきのこの天ぷらです。

最後に、メインコースとして、3つの小さな茶巾寿司:寿司のこの形式では、シャリと魚は、薄い卵洗いの小さな、芸術的に編まれたパッケージのようなものに入っている - 私たちと、いつものように、有機卵を使って自家製。うなぎは当店の料理人が新鮮なうちに調理しています -... 郷土料理!
栗金時は、読みにくいですが、仕上げにサツマイモと小豆を添えて、はちみつシロップと秋のフルーツを添えた、とても楽しい栗の名物料理です。

イメージギャラリー 季節のスペシャル秋メニュー2017

忘れてはいけないのは、季節のスペシャルメニューは夕方にしか提供されないということです。ランチタイムには、メニューを減らして、素早く物事を進めることができるようにしています。メニューの各コースは、組織の都合上、単品でのご提供はできませんので、ご了承ください。喜んでコメントとして、ご意見をお待ちしております。 フェイスブック またはいつものように お問い合わせフォーム ホームページに掲載されています

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '