うなぎ

うなぎ - ドイツでは主に燻製の形で知られていますが、日本でも人気のある料理です。しかし、お寿司界隈では「うなぎ」としての握り以外にも色々な調理法があります。

長くて蛇行した うなぎ 鰻の淡水うなぎ)は確かに一見珍味には見えませんが、日本では古くから親しまれてきた料理です。そして、その準備だけに特化した小さなレストランがたくさんあります。扉や暖簾の名前に「う」の文字を見かけることがよくありますが、これは魚の形を連想させるものです。

一年中手に入りますが、日本の夏の暑さと蒸し暑さの中では、特に含有量が多く、ビタミンやミネラルが豊富なことで人気があります。夏バテ」に良いとされており、日によっては 牛野日大洋 土用の丑の日)には、夏の間(例年7月20日~27日)にうなぎを食べる習慣があります。ドヨは次の季節が始まる18~19日前なので、秋のドヨは日本の夏の中でも特に暑い時期である7月の終わりに向かっています。

古来より、うどん(うどん、麺類)、瓜(瓜、メロン)、うなぎ(鰻、うなぎ)など、「う」で始まる料理は健康に良いと言われてきました。幕末の頃、うなぎ屋の店主が、学者で作家の平賀源内に「夏の暑い日には商売にならない」と訴えていました。玄内は「今日はどーゆーし」という言葉を「考案」し、それ以来、どーゆーしといえば鰻を食べることを連想するようになりました。

日本のうなぎの調理法の違い

おそらく最もよく知られている準備の方法は うなぎの蒲焼き (蒲焼)にしました。そのためには、まず骨を取り、串に刺して炭火で焼くという手の込んだ調理が行われます。特に和歌山産の高品質なビンチョウ(樫)が人気です。その後、蒸して余分な脂を落とし(関西、つまり大阪では焼き時間を延ばすことで、この工程を代用することが多い)、少し甘めのタレをつけて2回目の焼き目をつけます。アナゴの人気寿司「うなぎ握り」でもお馴染みのタレです。

うなぎ屋の店主は、このタレをとても大切にしていて、たいていは独自の "秘伝のレシピ "を持っています。うなぎの蒲焼は、よく丼に盛ってから「うなぎの蒲焼」と呼ばれています。 うなぎドン 鰻丼)か、そうでなければ ウナジュ (鰻重)です。

の準備をしています。 白焼うなぎ 白焼き鰻)は先ほど説明したタイプと似ていますが、違いは焼く前に魚を塩漬けにするだけで、タレは省かれています。それはバーベキューの風味と脂肪のわずかに甘い味の組み合わせを介して魚の特別な味を強調するので、純粋主義者は、この準備を好む。

名古屋の名物は ひつまぶし 櫃まぶし)。そのためには、うなぎを丸ごと一匹きれいにしてから、4回に分けて食べます。1つ目はシンプルにご飯と一緒に提供され、2つ目の部分にはわさびとネギと細切りの海苔が添えられています。3つ目の部分には緑茶を入れています。 お茶漬け (お茶漬)は、単純に熱湯をかけただけです。4回目のサービスでは、再度お好みのタイプをお選びください。

のために 握り うなぎを焼いてタレでコーティングしたもの。鰻の強い旨味と、酢飯のあっさりとした甘さが相まって、美味しさが増しています。

そして、そこには ホネのせんべい 骨煎餅)、骨から作られたスナック - はい、あなたは正しく読んでください。骨はローストしてから揚げて、軽く塩味をつけています。このおつまみを日本酒やビールと一緒に食べるのが好きな人が多いようです。

和風オムレツ(卵焼き、たまご焼き)にうなぎの切れ端を包むと、いわゆる「うなぎ」が出てきます。 うまき 魚の塩気と卵の甘みの塊の組み合わせが特に虜になる「鰻巻き」-季節限定スペシャル「秋の献立2017」でお客様に体験していただいています。

のために きもやき 鰻のきも焼き(鰻のきも焼き)、鰻の肝を炭火で焼き、塩と山椒で味付けしたものをちょっとしたおつまみとして提供しています。

最後になりましたが、肝臓にも きもすじ出汁、みりん、醤油、三つ葉を使った薄味の澄んだスープです。

ご覧のように、最近流行りの「鼻から尾まで」の原則、つまり全ての部位を使うというのは、決して新しいことではなく、日本では古くから「うなぎ」の名で親しまれてきた伝統です。 うなずくし.

鰻は日本料理の重要な要素であり、人気のある食材ですが、ドイツ人のお客様の多くが鰻を扱うことに抵抗を感じるのは当然のことです。残念なことに!もしかしたら、次回当店に来た時には、うなぎ握りを食べてみるかもしれません。そして、季節のスペシャルを見逃すことはありません。皆様のご来店を心よりお待ちしております。sansaroでお会いしましょう。

投稿数の増加