ひつまぶし~うなぎ三昧

目次

日本は面白い料理の宝庫

日本の島国では、地域ごとに特色のある食材や調味料を使った楽しい郷土料理の宝庫です。

数年前までは、欧米の日本料理といえば、寿司、天ぷら、鉄板焼きが主流でした。 

多くの外国人観光客が日本を訪れるようになり、多くの人々が様々な形の日本食を知り、愛するようになっています。

日本食レストラン「Sansaro」では、シェフの松井氏が 愛知県 郷土料理の "ひつまぶし "を食べた。

ひつまぶし」の歴史的由来

ひつまぶしは、日本では非常に有名な豊かな郷土料理です。約150年前、熱田神宮の前にあった「蓬莱軒」という料亭で「ひつまぶし」を出したのが始まりです。

熱田神宮は、古くから多くの人が訪れる巡礼の地です。の一つである。 日本の三種の神器古代から天皇が受け継いできた「草薙の剣」と呼ばれる剣。

この巡礼地は、東京と京を結ぶ東海道筋にあります。時代を超えて多くの人々がこの地を訪れ、この地ならではの料理を学び、広めてきました。

ひつまぶしとは具体的にどのようなものでしょうか?

ひつまぶしは、料理の中でも 日本で大人気の川うなぎ繊細な甘辛ソースがかかった、ご飯の上に乗っている。うなぎは昔からこの地域の特産品で、さまざまなうなぎ料理は愛知県の郷土料理の代表格です。

付属のソースもこの地域では広く出回っています。たまり醤油は、大豆だけで作られた濃厚な甘みのある醤油で、うなぎとの相性は抜群です。

お皿全体を空にするちょっとした工夫

蓬莱軒では、この「うなぎ丼」を「ひつ」に入れてお客様に提供していました。

美味しい鰻だけを食べて、ご飯を食べないお客さんが多くなってきたので、料理人は鰻を小さく分けてご飯に混ぜるという工夫をしました。このようにして、「ひつまぶし」という名前が生まれました。

一皿で3つの味が楽しめる

ひつまぶし」を存分に楽しむためには、特別な食べ方があります。

1.少し深めのお皿に4つくらいに分けて入れます。

2.最初の部分では、うなぎと卵とご飯の相性をチェックします。そのため、うなぎと卵とご飯の「純」を数口食べます。

3.次に、香辛料(ネギ、海苔、ゆずこしょう)を入れて、味のコントラストを出します。でも、ゆずこしょうは確かに辛いので、入れすぎないように注意してください。

4.緑茶やお出汁(当店ではほうじ茶のお出汁をご用意しておりますが、必要に応じて温め直してください)をかけて、美味しいお出汁と鰻とご飯の組み合わせをお楽しみください。

5.自分の好きな方法で食事を終える。

ひつまぶしは、1つで3つの味が楽しめる料理で、日本では150年前から親しまれています。

残念ながら日本への旅行は難しいので、ドイツではあまり見かけない特別な料理「アールひつまぶし」で、ミュンヘンで日本の豊かな食文化を体験してみてください。

ひつまぶしのご注文はこちらへどうぞ 予約注文の受け取りや配送が可能なオンラインストアです。

3月3日のひな祭り

特別な日の特別食 3月3日、日本ではひな人形が設置され、飾られています。この「女子の日」に