大晦日2018

SUSHIYA sansaroで大晦日スペシャル2018展望

大晦日はいつも厨房チームの最高のクオリティーが求められます。普段の夜は、かっぱ巻きから焼肉まで、ありとあらゆるお客様のご要望にお応えするために、いわば準備をしなければなりませんが、大晦日の夜は、厨房チームは、完全に 特別メニュー 然ることながら 別体 焦点を合わせる。常連さんがもう楽しみにしているのも頷けますね〜😉。

また、今年はSUSHIYA sansaroにも特別メニューがあります。

SUSHIYA sansaro 2018年の年越しメニュー3選を詳しくご紹介します。

大みそか 

今年は、日本の伝統や大晦日の象徴的な意味を重視し、3つのメニューの中に1年の願いをすべて盛り込みました。 わかたけ, ナンテン そして せんりょう (各4つのコースに分かれています)詰め込みました。

前菜と同様に 森岩瀬 善哉(もりあわせ ぜんさい - 蓮根の天ぷら(蓮根の穴の多さは未来への展望を象徴している)や紅白なますの柚子漬け(人参の赤と大根の白の組み合わせは幸運の象徴)など、小鉢料理もたくさんあります。

または としこしそば 日本では旧暦から新暦への移行に欠かせない鴨肉の焼き鴨と揚げそばを添えて。そばつゆの長い麺は、完全に食べると長生きして新年の体力がつくそうです。 

繊細な シャロレー牛のサイコロステーキコニャック(ミズナラ樽熟成)でフランベすると、年の瀬の悩みを忘れさせてくれます。 

また、今回初めての試みとして オマール海老のお造り - 早くも気合が入っています!さらに あじくらべえび 南洋で持続可能な漁法で獲れた青エビ(エビは長寿の象徴)を使用した「天使の海老」を使用しています。

シンボリズムに沿って、今回は私たちのチームもまた、より伝統的な形での準備を選択しました。 ブラックタラの堤防焼きエビと牡蠣で新年を迎えましょう。 

ベジタリアンのために、私たちのチームはまた、次のような非常に素晴らしいコースを考えました。 エキゾチック野菜の天ぷら ブブアラレ添え (小さなおせんべい)や京東特注のクズコロモの具材を使用しています。 

そしてパティシエールのデザート、自家製抹茶と小豆のどら焼き。 柚子クリームを使ったシュークリームや、柿アイスの美味しさに、日本人だけではない至福の時間を過ごすことができます。

私たちはあなたがそれを好きな方法を聞くのを待つことができます。 じかんをとる とご希望のメニューをご紹介します

あけましておめでとうございます。

年越し寿司「すしや」ミュンヘン店
大晦日2018 伊勢海老のお造り SUSHIYA sansaroにて
年越し寿司「すしや」ミュンヘン店
黒ダラを野菜と一緒にホイルで蒸した堤焼き風。

投稿数の増加