2022年9月より日本酒テイスティングフライトを開催

目次

夏が終わり、新しい季節を迎え、新しいSake Flightをご紹介します。 

夏に導入した「日本酒テイスティングフライト」は、お客様から大変好評をいただきました。しかし、今回の新セレクションでは、日本を代表する酒蔵のトップ製品を味わうことができます。

九平次 純米大吟醸 "別誂"

このフライトの目玉は、磐城酒造の「九平次別誂」です。

別誂えとは、「特製」という意味で、各蔵のトップを飾る商品の名称である。 

パリのミシュランレストランで初めて採用されたことでも有名で、洋食にも調和する複雑な味わいが特徴です。このクラスの日本酒 純米大吟醸 は、最高級の酒米「山田錦」を使って醸造されました。磨きレベル35%は、すでに熟練の職人技と上質な味わいを示しています。ライチを思わせるほのかな香りに始まり、ミネラリーで爽やかな第一印象の後、凝縮した甘みとコクのあるうまみのある味わいに変化します。

変化を楽しむ 温度を変えて味わうよく冷やしたフレッシュな味わいから、常温に近いふくよかな味わいまで。

翠景 純米吟醸 "吟麗"

2つ目の日本酒は 純米吟醸 翠景酒造の銀嶺という 

蔵のある高知県は、美しい海と山に囲まれた食の宝庫です。

地元の人たちは、おいしい料理とお酒でお客様をもてなす文化を持っています。

そこでは、料理を引き立てる日本酒が特に人気だ。銀嶺は、まさにこの地で長年日本人に愛されてきた酒である。ほのかな香り、豊かな旨味、すっきりとした後味は、日本酒との相性も抜群です。 寿司 そして 刺身.

また、元コックのサトミが愛飲していたお酒でもあります。彼女は残念ながら転職し、また世界のどこかで新しいチャレンジに励んでいます。

今宵司 純米 "黒"

最後に、極辛口のお酒を紹介します。 

名前は、今代司酒造の「黒」です。辛口なので、脂ののった魚や肉料理、こってりした料理と相性が良いお酒です。 

では、近い将来、高脂肪のおいしい料理がたくさん日替わりメニューになる予定です。 レストラン sansaro レーベルルージュでは、「シャケハラス」や「ハマチノカマ」など、これらの料理とぜひ組み合わせてみてください。

新しい日本酒テイスティングフライトをお楽しみください

 

ひつまぶし~うなぎ三昧

日本は面白い料理の宝庫 日本の島国は楽しい郷土料理の宝庫で、地域ごとに様々な料理があります。