日本酒を飲む温度

目次
日本酒は神秘的な飲み物であり、その起源や製造方法について知るべきことはたくさんあります。 日本酒のおいしい飲み方 ができます。 飲み物の温度も大きく影響し、それがまた密接に関係しているのです。 日本酒カテゴリー と理想的な酒器です。今回は、日本酒を飲むときの最適な温度について、すべてを解説します

さまざまな日本酒は、5℃から55℃前後まで幅広い温度帯で飲まれており、気温によっておすすめの飲み頃温度は異なります。日本酒の飲み頃温度の目安は、ワインの種類によって異なります。 日本酒カテゴリー (例えば、普通酒、吟醸酒、大吟醸酒など)、季節、そしてもちろん、個人の好みもある。

海外では、日本酒は燗で飲まなければならないと思っている人が多いようです。しかし、燗で香りがよくなる酒と冷やで香りがよくなる酒がある。ベストな温度は、カテゴリーだけでなく、個々の日本酒によっても異なることがあります。

日本で1000年以上続く伝統の燗酒

歴史的には、平安時代の貴族が「燗酒」を飲む習慣があったと言われている。つまり、日本には少なくとも1000年以上前から熱燗が存在していたのです。江戸時代には、庶民の間でも燗酒が飲まれるようになった。 

そこで、火に直接かけられる「燗鍋」や、1合または2合の酒を湯で温める「燗徳利」(1合=180ml)など、酒器にも工夫が凝らされるようになった。この時代、日本では酒文化が盛んになり始めた。

少なくとも冷蔵庫が普及し始めた1950年代までは、日本酒は主に熱燗で飲む習慣があった。

日本酒を加熱するとどうなるのか?

一般に、燗酒は米本来の甘みやうまみを向上させ、引き立たせる。(低い)室温のときよりも、多少味が柔らかくなる。その理由は、乳酸とコハク酸の化学反応にある。 

このように、燗酒は日本酒の5つの基本味である甘み、酸味、辛み、苦み、渋みを味覚で楽しむ方法の一つである。

プレミアムな日本酒は冷やして飲むことが多い

しかし、現在では、高品質の日本酒は冷やして飲むのが主流となっています。これは、製法が洗練され、銘酒が好まれるようになった現在、昔に比べて香りにアクセントのある大吟醸や純米大吟醸の酒が多くなったこととも関係がある。

特に以下の温度帯を推奨します。 花姫 そして 鈴姫 (を参照してください)。

しかし、最終的には、酒の種類、季節や気候、そして個人の好みによって、燗酒を楽しむかどうかが決まるはずです。

個人の好みと季節が関係する

寒い日には温かい純米酒を、夏の暑い日にはよく冷えた生酒をどうぞ。

日本酒の温度はどのくらいですか?

ここでは、日本酒の温度レベルについて、それぞれの和文表記とともにご紹介しています。 

すぐにお気づきのように、日本人は酒を飲む温度という地味な数字にさえ、素晴らしく叙情的な名前をつけます。

5℃ 雪のように冷たい雪冷え

雪は「ゆき」、冷えは「ひえ」。ちなみに、Yuki-hieを「ユキビエ」と発音するのは、日本語では2つの単語をつなげて1つの単語にするとき、後ろの単語の頭にある清音が音に変換されるからだそうです。雪絵稗とは、「雪のように冷たい酒」、つまり普通の冷蔵庫よりやや冷たい酒という意味である。

特にすっきりとした辛口の味わいを楽しみたい場合には、この温度が適しています。夏の日の食前酒やスパークリング日本酒に最適な温度です。

ただ、「雪肌精」の飲み頃温度では、香りが弱く、味も閉じているので、少しキツく感じることもあります。また、温度が低いため、甘みやうまみが出にくいという特徴もあります。

10℃ 春の花のように涼しい「花冷え」。

"花冷え "とは、文字通り "花のように涼しい "という意味です。しかし、実際には、日本では桜が咲き始める春ごろに寒さが戻り、涼しくなることを指す言葉である。この時期はまさに、日本では寒さも厳しい冬に別れを告げ、日本人の心が花見を待ち望む時期でもあるのです。

花冷え」は、俳句でも季語として使われる、とても叙情的な表現です。

10℃の目安は、数時間冷やした後、冷蔵庫から取り出したばかりの状態に相当します。ボトルを触るとすぐに、冷えていることがはっきりと感じられます。

この温度は、辛口や酸味のあるお酒をキリッと飲みたいときにおすすめです。 

例えば、ハナクソの温度帯(~10℃)は、よく似ています。 酒類部門 本醸造 また、甘口の日本酒を楽しむこともできます。

特にすっきりとした辛口の味を楽しみたい場合には、この温度が適しています。夏の日のアペリティフに最適な温度であることや スパークリング日本酒.

ただ、「雪肌精」の飲み頃温度では、香りが弱く、味も閉じているので、少しキツく感じることもあります。また、温度が低いため、甘みやうまみが出にくいという特徴もあります。

15℃ すずひー(冷え)・・・心地よい涼しさ

「涼」は、日本語の形容詞「すずしい」に由来します。すずしい」は心地よい涼しさのような意味で、「ひえ」は「すず」に関連して再び「びえ」になり、「すずびえ」となる。

15℃の目安は、冷蔵庫から取り出してしばらくしてからです。この時、ボトルの上に最初の水滴が現れるのです。

など、フルーティーで香りの良いタイプの日本酒に適した温度です。 吟遊詩人 そして 大吟醸. 

甘く華やかな香りがほどよく立ち上がり、心地よさを感じさせます。にも適した温度です。 生なまはげ に適しています。爽やかな香りと生き生きとした味わいをお楽しみください。

20℃ 常温または冷や・・・常温

常温とは、室温のことです。ヨーロッパでは室温が18℃が普通だが、日本ではもう少し高いらしい。 

"ひやおろし "も、常温の日本酒に使われる言葉です。ひや」はドイツ語で「Hiyasu」(冷やす)という言葉から連想されるため、日本でも「ひや」を冷酒と勘違いしている人が少なくない。しかし、「ひやおろし」とは、常温で提供されるお酒のことを指す。

日本酒を常温(~20℃)で飲むと、低温では隠れていた風味が広がり、口当たりもやわらかくなる。これは、ひとつの酒が持つ本来の味を最もよく感じられる温度でもある。

30℃ 日向燗(ひなたかん)-日向ぼっこのように暖かい

「日向(ひなた)」は日当たりの良い場所、「燗(かん)」は温めるという意味です。 

この温度は、太陽の下で横になっているような心地よい温かさに相当します。この温度では、口当たりは特に熱くもなく、冷たくもない感じです。常温よりもさらにお酒の香りが際立ちます。 

例えば、日本酒のような繊細なタイプのものが欲しい場合は 吟遊詩人 まずは日向館の温度(~30℃)で試してみてはいかがでしょうか。

35℃ ひと肌燗 ~肌のようにあたたかい

"ひと肌 "とは皮膚のことで、これは体温のことです。 

一口飲むと、ほんのりとした温かさが口の中に優しく広がります。の自然な香りを楽しむことができます。 ライス そして Kōji と、日本酒の甘みとうまみを楽しむことができます。

40℃ ぬる燗(ぬる燗)

"ぬる "は日本語の形容詞 "ぬるい "に由来する。この温度では、「とっくり」を手に持ってもほんのり温かく感じる程度です。 

ぬる燗にすると、香りはより香ばしく、味はよりふくよかになる。吟醸酒や大吟醸酒は少し冷やして飲むのが一般的だが、中には温めてもおいしいものもある。燗で飲む場合は、吟醸酒や大吟醸酒を燗にする場合の最高温度帯です。

45℃ 上燗(じょうかん)-ぬる燗の上限

上」は「上」、つまりぬるま湯以上の温度という意味です。この温度では、とっくりを触ると独特の温かさを感じ、注ぐと湯気が出ます。日本酒の香りがやや引き締まる。

これは 純米酒 適切な温度範囲

50℃ 熱燗 辛口でシャープな味わいの熱燗

"Atsu "は日本語の形容詞 "熱い "に由来しています。日本で熱いと感じるものを触ったときの典型的な感嘆詞です。

この温度になると、とっくりから湯気が立ちのぼり、手に取ると熱く感じる。酒の香りが鋭くなり、味はドライになる。

この温度帯は、日本酒のカテゴリーである本醸造と普通酒に適しています。

55℃から 飛切燗(とびきりかん)...激辛酒。

飛び切り」というのは、「極限」という意味です。この温度では、日本酒はかなり熱く感じる。酒の香りが非常に鋭くなり、味は辛口になる。

熱燗が好きな人は、本醸造や普通酒をこの温度まで加熱してもいいが、それ以外の酒は味のバランスが大きく変わってしまうので、あまりお勧めできない。

結論:日本酒は適温で飲むことに気をつけよう

このように、日本酒の燗付けにはさまざまな温度帯があります。ドイツでは、日本酒は熱燗でなければならない、つまり日本酒は熱いライスシュナップスのようなものだという考えが長年にわたって確立していた。実は、日本酒の美しさや香りは、さまざまな温度帯で展開される。そして、ほとんどの日本酒には、完璧に適したレンジはありませんが、日本酒の味を探求するためのいくつかの方法があります。 

ただし、特に「和食」のお店では、日本酒を提供する際の温度帯についての基礎知識があるかどうか、注意してください。暑いだけ、特にここでは暑すぎて、いろいろな日本酒を本当に楽しむ機会を逸してしまう。

どんな酒でも燗ができるのか?

温度が上がると風味が変わってしまうので、すべての日本酒が燗に適しているわけではありません。しかし、この目的に適した酒を適温で燗にすれば、冷酒に比べて、もともとあるうま味の風味をさらに高めることができる。

日本酒はどのように燗をつければいいのでしょうか?

日本酒を温めるには、適切な容器でウォーターバスに入れるのが最も効率的で均一な方法です。ただし、電子レンジなども有効です。もちろん、使用する時間は、日本酒の量や目指す温度によって異なります。

水風呂で伝統的な日本酒を温める

日本におけるウォーターバスでの加熱は、以下のように行われている。酒は、お湯に浸したトックリ陶器の瓶で燗をつける。これは熱湯でも良いのですが、80℃前後の加熱がやや優しいです。ぬる燗は約2分半、あつ燗は約3分。 

水浴でゆっくり加熱することで、香りがまろやかになり、アルコールが必要以上に蒸発しないので、最適な方法です。適当な和陶器がない場合は、マグカップや耐熱ガラスに入れたお酒をお湯の入った鍋に入れるのもよいでしょう。

日本酒を電子レンジで温める

さらに、日本酒は電子レンジで温めることもできます。 

日本酒1合(180ml)に対して、約40秒の加熱(500Wの電子レンジを使用)で約40℃になります。電子レンジで加熱することで、とっくりの上下に温度差が生まれます。 

そのため、20秒加熱した後、ボトルを取り出し、軽く振って中の温度を均一化させてください。 

再度電子レンジに入れ、お好みの温度になるまで温度を調整することをお勧めします。

どの飲み頃温度でどの酒質レベルか?

に応じて 日本酒の品質レベル 基本的に異なる温度範囲を推奨することができます。

吟醸酒、大吟醸などの高級酒におすすめの飲み頃温度です。

吟醸酒や大吟醸などの香り高い高級酒は、少し冷やして、常温で、または少し温めて飲むとよいでしょう。

しかし、このような繊細な酒を燗にすると、心地よい香りが広がる一方で、吟醸酒や大吟醸の過熱感は第一印象で香りが先行し、しばらくすると酒が持つ最高の風味が失われてしまうのです。

したがって、大吟醸や吟醸酒は燗をつけないのが一般的だが、例外的に燗をつけるとおいしい酒もある。 

あまりカテゴリーにこだわらず、自分が一番おいしいと思う温度を探したり、同じ酒を違う温度で試飲したりするのが日本酒の面白さだと思います。

ただし、吟醸クラスの日本酒は40℃以上の熱は禁物です。

生酒の推奨飲用温度

生酒、生貯蔵酒は、冷やしたり、氷を入れたりして飲む「生」のお酒です。他の酒によくある低温殺菌を行わないため、加熱すると酵母のような不快な臭いがすることがある。そのため、これらの酒は低温で楽しむことが強く推奨される。また、新鮮で果実味豊かな側面を引き出すためにも。

純米酒、本醸造酒、普通酒の各ジャンルの日本酒に適した飲み頃温度です。

これらの酒は最も汎用性が高く、よく冷えた状態からよく温まった状態まで、どのような温度でも美味しく飲むことができる。ただし、過熱しないように特に注意が必要です。55度以上の温度では、細かいフレーバーが識別できなくなり、酒は過度に強いアルコール臭を帯びるようになります。

寿司屋の寿司コース ミュンヘン
2018年6月28日のレビュー 寿司コース独占

2018年6月のレビュー第一弾 寿司コース限定 日本酒の試飲会やウイスキーの試飲会と同様に、当店の寿司料理コースは最高の盛り上がりを見せています。