樽酒 - 木樽で熟成させた酒

目次

日本酒は非常に汎用性の高い飲み物です。異なる 日本酒カテゴリー は、日本酒の汎用性を構成するのに役立ちます。また、日本酒には6種類(または8種類)の高級酒があるほか、醸造方法によってさまざまな特別仕様がある。今回は、「樽酒」を紹介します。

樽酒は、伝統的な木樽での熟成を守りながら、独特の杉の香りがする特別な酒です。

現在、日本酒はステンレス製のタンクで貯蔵されるのが一般的です。Tarusake(ドイツ語と日本語の綴りは異なります)は、2つの重要な天然物の栽培利用を組み合わせたものです。米と木で、特別な味を作り出す。これが名前の由来にもなっている。木樽の酒「樽酒」。日本の文化を知る上で興味深い内容です。

タルとは何か、「タルザケ」とは何か。

"タル」とは樽のことで、本来の意味は木の樽のことです。その中で酒は熟成し、その中で貯蔵され、その中で輸送される。樽に長く貯蔵して木の香りがついたものは、「樽酒」と呼ばれるようになる。

日本の酒税法では、「たるざけ」の正確な定義が定められていない。しかし、必要不可欠なのは、木の香りが「偶然に接触した」結果ではなく、「意図的に木樽で熟成させた」結果であると認識できるほど、香りと風味が明確に発達することである。

樽の貯蔵・熟成期間に決まりはないが、木の香りをどれだけ集中的に吸収させるかは、蔵元が決める。

日本の食卓に欠かせない "樽

古代日本では、木は生活のあらゆる場面で重要な役割を担っていました。家も船も、そしてお寺も、木で造られていた。食器や飲み物は木で作られ、食べ物は木の樽で保存・保管・運搬された。木と酒の関係は、江戸時代(1603年〜1868年)の通常の酒類の貯蔵に対応するものであった。当時は何も特別なことではなく、今となっては例外的なことです。

日本人は素材としての木が好き

日本では古くから、木は便利なものの材料としてだけでなく、リラックス効果をもたらす自然界の要素として高く評価されてきました。また、人気の 森林浴の実践(新緑) は、日本人が自然、特に木や水と深く関わっていることを表しています。

日本には何世紀も前から、木工の高い芸術性を証明するものがあります。奈良の東大寺は747年に建てられた世界最大の木造建築として世界的に有名だが、沖縄のサバニ船も有名である。落ち着きと透明感のある木でデザインされたインテリアは、世界的に見ても「日本的」であると認識されています。そのため、日本では木を扱うことは長く強い伝統があり、日本製ののこぎりやその他の木工道具は、今でも世界中の大工に人気があり、求められている。

シダーウッドの香りが日本酒の風味と調和する

杉は日本で最も珍重される樹木の一つです。柔軟で強靭、耐久性に優れ、心地よい香りを放つ木です。

樽は杉や松の木で作られているものが多い。杉樽は、その香りが酒の香りと調和し、鮮度が際立つため、酒の熟成・貯蔵に非常に適している。樽で貯蔵する期間が長くなればなるほど、熟成が進み、まろやかな酒になる。

日本酒とスギの関係は長く、伝統に満ちている。私たちと一緒に、木の 升の酒器 が知られています。しかし、日本酒とこの銘木の関係の重要性を知っている人は少ない。

樽にとって最も価値のある杉「吉野杉

吉野杉は、奈良県の森林に自生する特殊な杉です。

しかし、日本にも何百年も続く吉野杉の文化がある。日本三大人工林の一つである杉の人工林です。その歴史は室町時代までさかのぼること500年。以来、「吉野式」と呼ばれる独自の手法で栽培されてきた。種子は、その土地の土壌に適した大型の杉から採取しています。そこから苗を育て、最終的に山へ植え付ける。

吉野方式でユニークなのは、1ヘクタールあたり1万本の苗木を、通常の2倍の1メートルしか間隔をあけずに植える植林方式だ。これにより、高密度な樹木環境を実現し、樹木の高さをより高くすることができるのです。
(出典: 常陸太田市木材加工所 www.tsunekichi.net)

一例として紹介されたおすすめの樽酒。吉野杉のタルザケ

吉野杉は、心地よい香り、艶やかな色合い、柔らかくしなやかな質感、腐りにくい性質で知られています。スギは古くから高級木材として扱われ、宮殿や神社仏閣の建築、さらには造船にも使用されています。昔も今も、スギの最も有名な用途のひとつは、樽の製造である。

一般に、樽にはもちろんさまざまな種類の木材が使われますが、吉野杉は最もポピュラーなものです。

杉 芳野 は、中段は香りのよい赤みのある木、外段は白に近い明るい木で素晴らしい。この2つの木材は、どちらも優れた酒樽になります。しかし、外側が白く内側が赤い部分は、特に酒樽の材料として珍重される。杉樽は、木の内側の部分から作られています。

この銘木を使った樽に貯蔵された酒は、樽酒の最高峰とされている。杉の木と原酒の香りの絶妙なハーモニーが、「吉野杉の樽酒」を際立たせ、木樽貯蔵の苦労を物語っています。現在、日本酒の貯蔵はステンレスタンクが主流です。味はニュートラルで、好ましくない風味の変化は生じません。耐久性に優れ、修理の必要がほとんどなく、安全で耐火性が高く、最終的には木製の樽よりもコストパフォーマンスが高い。しかし、里芋の酒は、木樽で貯蔵することで初めて「特別な何か」が生まれるのです。

体積測定単位としてのタル

タルの容量について、もう少し詳しく。これらの単位は、"to "と呼ばれる3つのクラスに分けられます。

樽の容量には大きく分けて3つのクラスがあり、最も小さい1トンサイズは直径約40cmで18リットル入る。次のサイズである2-toは、直径約50cmで36リットル入る。一番大きい4-toは直径約65cmで、最大72リットルまで入れることができます。

この4斗樽には、鏡開きなどの大きなお祝いや儀式に必要な量の酒が収められています。1斗缶には約100〜120人分の酒が入るが、もちろん飲みやすさが重要なので、この量でもゲストの半分程度にしかならないことがある。

日本の伝統的な計量単位や、なぜ日本酒が180mlの瓶で提供されることが多いかという疑問については、「酒器」の章で興味深い情報をお伝えしています。

日本酒の飲み方 - 日本酒の美味しい飲み方

事前の良い知らせ:へ 日本酒 おしゃれに楽しむには、必ずしもルールを守る必要はありません。さまざまな儀式や推奨事項がありますが、自分の好みに合わせて解釈すればいいのです。例えば、日本酒は食中酒でも食後酒でもいいんです。日本酒は料理と合わせてこそ本領を発揮するというのが多くの愛好家の意見だが、日本酒は単独でも独特の味覚の世界へ連れて行ってくれる。

日本の地域別の酒のスタイル

日本酒 は、北は北海道から南は沖縄まで、日本中で作られています。作る地域によって味が大きく変わる。日本酒の醸造は、醸造所がある地域の水や気候に影響されるからです。