夏の人気料理「ひやし中華

日本の夏の代表的な料理である「ひやし中華」の写真をお見せするのはもうとっくに過ぎていますが、本当にさっぱりとした麺に何かの酢セサミドレッシングと添え物がついています。

ひやし中華とは、冷やした生ラーメンの上に、地域によってトッピングや具材を変えて食べる特別な一品です。関西では「韻」とも呼ばれ、北海道では「ひやしラーメン」とも呼ばれています。

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '