フェア弁当 2022年5月

目次
日本では、シーンや目的に応じてさまざまな種類の弁当があります。2022年5月中旬、ミュンヘンで開催されたハイエンド見本市の来場者向けに、2日間にわたり日本の変化するお弁当の制作を依頼されました。 べんとう を製造しています。日本のハイエンドメーカーが当社の製品群を紹介する良い機会です。

のような形式的な弁当とは対照的です。 松花堂弁当 または当社の 吹上弁天 今回、目指したのは、ちょっとした休憩時間に、いつでもどこでも食べられる、バラバラに計算できる食事です。

実用性を追求したシンプルな弁当

弁当は小さいが、半分がご飯で、ある程度お腹を満たして、午後からまた働けるようにするためだ。 

これに、ご飯に合う主菜と、栄養バランスを考えて野菜や卵を使った料理が4〜5品ついてきます。最後に、バランスは中心的な要素の一つである。 和食 ということで、日本の古典的なお弁当でもあるのです。

メインディッシュは日によって肉と魚が変わるので、毎日食べても飽きない。

弁当#1(照り焼きチキン付き

1日目のメインディッシュは照り焼きチキン。 

オーブンからフライパンに出てきた皮がパリッとした柔らかいチキンに、甘辛い自家製テリヤキソースをかけて食べます。 

豚肉で包んだインゲンを米酢で煮ているので、さわやかな酸味で口の中がさっぱりします。鰹の出汁を効かせた出汁巻き卵は、ふんわりとした優しい味わい。刻んだキャベツは消化を助ける。

弁当#1」、2022年ミュンヘン・ハイエンド・トレードフェアへ出展

弁当#2 焼き鯖添え

2日目のメインは鯖の塩焼き。

脂ののった鯖を塩で味付けして焼き、レモンを添えて提供する。レモンの爽やかな酸味で軽やかな風味に仕上がりました。 

大きなちくわの切れ端(ア 竹輪を海苔の風味でカラッと揚げています。 

旬の野菜であるブロッコリーを砂糖、醤油、ゴマと一緒に食べることで、仕事の疲れを追い出します。塩漬けされた オーガニック-黄身がとろける卵は、すでに弁当箱で人気の具材です。

Bento #2がミュンヘンのハイエンドフェア2022に登場

ケータリングのオプションが豊富

非常に様々なシーンでアレンジさせてもらえるオーダーはとても嬉しいですね。 

それは、日本料理への情熱、最高の食材の使用、そしてお客様の個々の要望や要件に対する徹底的なアプローチです。

特別な日や希望はありますか? 食事会を開催したい方はこちらまでご連絡ください。日本のお客様にも納得していただけると思います。

Made in sansaro:フェアに向けて弁当を準備する厨房チーム。
日本の寿司屋を訪問

SUSHIYAは日本文化が好きで、そのためにミュンヘンで初めて日本食レストラン「sansaro」を経営しました。から

閉店時間22時~盲目的な行動主義

2020年10月21日、SUSHIYA GmbHの創業者兼マネージングディレクター、アレクサンダー・ライネルト氏による現状の解説。 ケータリング業界は