エフビーピーエックス

和包丁と切れ味 - 切れ味で味わう

ゆるく続けて、SUSHIYAブログで和包丁と切れ味をテーマに報告しているので、それに付随して 上級者向けの寿司コース2018年3月に初開催される『Mr.これは第二部で、第一部は 日本の包丁と切れ味-入門編.このシリーズは継続して補足していきます。

日本の包丁と切り方 - 切ることで味が出る

ほとんどのキッチンでは、シェフは主に調理や調味料の形で製品の味を引き出すことになります。

しかし、日本料理では、食材をカットするだけで「旨味を引き出す」ことになっていることが必ずあります。

これは、洋食の目利き、通の方には想像もつかないことでしょう。しかし、誰でも簡単に試すことができます。最高級の魚(サーモンやマグロなど、他の魚でも可)を一切れ持っていく。切断面に平行に水平に1回、木目に沿って1回、木目を横切って1回の計3回切る。浅い小鉢に魚を入れる。 しょうゆ を用意した。ソースが表面に薄く塗られ、薄板に浸透し、あるいはそのほとんどがすぐに滴り落ちていることが、すでに視覚的に確認できるはずです。魚の表面は切り口によって異なり、そのため舌の感覚も異なる。まさにそこに味覚の受容体があるのだ。

和包丁と切り方
切込み、非切込み、クロスカットの追っかけイカの表面が異なります。

日本料理では、箸で扱いやすいように何でも一口大に切るが、それとは別に、風味が非常に繊細な食材は、適度に細かく切ることで表面積を大きくしていることが多い。その一例がイカ(ika)鰞(qual)である。このようなチェイスをしないイカは、口に入れるとほとんどゴムのような硬さです。
ストリップが刻まれている場合、これはすでに変化しています - そして、表面のより多くは醤油で濡れています。より精巧なクロスカットでは、この効果はもちろん増幅され、口当たりも味も再び変化します。

和包丁と切り方
ホタテ3枚:未加工、一重切開、クロスカット付き
和包丁と切り方
醤油が一番よく釣れるのは、クロスカットされたホタテ貝柱。

ジャーマンパケに匹敵する魚で、全てを取り除くことができないほどの数の細かい骨がある場合は、表面を細かく平行に切り込みを入れて、骨が食べるのに邪魔にならないように鑿で削っています。例えば、うなぎの品種「鱧(はも)」を下ごしらえするための専用の包丁「はもきり坊主」があります。

味をしめてしまったのでしょうか?そして、近いうちにもう一度見てみてください。次のパートでは、伝統的な和包丁の使い方を紹介します。

投稿数の増加

日本のレストラン - 寿司だけじゃない!

日本料理-寿司を思い浮かべない人はいないでしょう。しかし、実際にはもっと多くのことがあるのです。旅行者としては、日本ではすぐに圧倒されてしまいます。具体的にはどのようなレストランがあるのでしょうか?

続きを読む '

sansaro メニュー 2023

sansaroレストランでは、2007年以来、長年にわたり、多くのシェフやキッチンスタッフによって、一貫した日本の本物の品質を提供できることを誇りに思っています。 これが、私たちの特徴です。

続きを読む '