ひつまぶし~うなぎ三昧

興味深い料理の宝庫、日本 日本の島国は、地域ごとに独特の食材や調味料を使った楽しい郷土料理の宝庫です。数年前までは、海外の欧米では、日本料理といえば、寿司、天ぷら、鉄板焼きが主流でした。 多くの外国人観光客が日本を訪れるようになってから、多くの人々が様々な形の日本食を知り、愛するようになりました。日本料理店「Sansaro」では、愛知県出身の松井シェフが、ミュンヘンの人々に郷土料理である「ひつまぶし」を紹介しています。ひつまぶし」の歴史的由来 ひつまぶしは、地元の豊かな名物料理で、「......」で作られたものです。

うなぎ

うなぎ - ドイツでは主に燻製の形で知られていますが、日本でも人気のある料理です。しかし、お寿司界隈では「うなぎ」としての握り以外にも色々な調理法があります。蛇の形をした長いうなぎは一見珍味には見えませんが、日本では古くから親しまれてきた料理です。そして、その準備だけに特化した小さなレストランがたくさんあります。多くの場合、ドアの上に、または確かに魚の形を多少連想させる暖簾の名前に "う"("u")の文字を見つけることができます それは一年中利用可能ですが、暑さの[...]で