ミュンヘンで刺身を食べる

目次
ミュンヘンで一番おいしい刺身はどこで食べられますか?また、ミュンヘンでおいしい刺身が食べられるのはどこでしょうか?以下は、私たちの経験&意見です。

2022年、私たちは興味深い観測を行います。

があります。 殆どない 刺身 モリアワセミュンヘンでは、様々な種類の魚の刺身を混ぜ合わせた王道的な料理で、品質も抜群です。 

数種類の魚を高度に単純化したアレンジが中心で、スパイスの効いたものが多くなっています。 ドライアイスを使った素晴らしいプレゼンテーションのはずです。

ミュンヘンでは数少ない(美味しい)刺身盛合せを提供するレストラン

これを「刺身のオンザロック」などと呼ぶが、もはや本物の刺身盛合せとは言えない。

 

理由は明快で、多くの種類の魚から本当に美味しい刺身盛合せを作るには、かなりの時間がかかるからです。 

何種類もの魚の切り身を用意し、加工し、一つひとつを刺身に仕上げる。 

多くの注文が入ると、すべてのお客様の待ち時間が長くなります。ドイツ人客はそれが気に入らない。何しろ、いつも行くイタリア料理やギリシャ料理、高価な「寿司」レストランの方がずっと早く、すべてが自分の思い通りになるのだから。 

また、高級レストランや星付き料理でも、前菜やメインディッシュによっては、美味しい刺身盛合せがお客様のために出来上がるよりもずっと早くまとめられてしまうこともあるのですだからすぐに不満が出るのだが、これは残念ながら日本料理に対する無知が原因だ。

数種類の刺身と工事用キットからの刺身

近代的で、視覚的に印象的で、よく整理されたレストランでは、3〜4種類の魚の悩みをできるだけシンプルに並べ、場合によってはあらかじめ均一にカットしたものを刺身にすることでこれを回避しているのです。 

こうすることで、経験の浅いシェフでもその家のスタンダードな刺身を作ることができ、寿司バーが長くふさがれることもなく、お客様を長く待たせることもなく、回転も良くなります。そして、あまり深く研究していない客は、シンプルで安くアレンジできる、切り方一つ、魚一つ、刺身への添え物一つで再びシェフに挑戦しない、袋物の効果で誤魔化している。

もちろん、ミュンヘンのお客さんが何を求めているかも関係している。できればサーモンとマグロ、それにハマチぐらいがいい。 

同時に、総合的な「刺身もりあわせ」で コレクト イカゲソ、タコなどの魚の惣菜も魅力的です。 

どこでも良い刺身もりあわせが手に入れば、感謝や評価を受ける価値がありますよ。

徹底的に研究した結果、ミュンヘンではどの刺身がお勧めなのか?

ミュンヘンで一番おいしい刺身はどこですか?

ミュンヘンで一番美味しい刺身は、レストランsansaroです。

簡単に言うとこんな感じです😉。

冗談はさておき、ミュンヘンの寿司屋をめぐる旅で刺身について深く掘り下げてみたとき、レストランsansaroの刺身がいかに繊細であるかということに気づかされた。

sansaroで最高の魚を刺身で。

私たちsansaroは、長年にわたって、できるだけ良い魚を選んで仕入れてきました。私たちは常に新しいサプライヤーや、より良い品質のものを探しています。これは、ミュンヘンでは数軒のレストランでしか食べられないバルフェゴ・ツナにつながり、残念ながら近年、とんでもない値上がりが続いている。そして、日本からの新鮮なハマチや、チリ産やガストロノミー卸売市場からの安いサーモンではなく「ラベル・ルージュ」のサーモンなど、イノベーションにつながるのです。 

ところで、面白い余談だが、ラベルルージュのサーモンの生産量は、卸売市場の安い養殖サーモンの生産量よりずっと少ないのだそうだ。つまり、同じ量を確保するために、厨房はより多くの鮭を秤にかけ、骨を取り、切り身にしなければならないのです。これについては、別のところで詳しく説明します。

マダイの刺身は、ドイツで普通に食べられるドラドよりも脂がのっている。皮の一部が残っていて、わずかに炎が上がるため、個々の黒い皮のフレークができ、特別な香りがします。

愛情あふれるアレンジメントと熟練の職人技

しかし、最高の魚だけでは、おいしい刺身を作ることはできない。経験豊富で、何をやっているのかを知っているシェフが必要だ。 

同じ厚さの「切り身」を切り落とすのではなく、魚の硬さや食感、味によって、ほぼすべての魚に独自の切り方があるのです。 

和食の味は、切ることから生まれる。そして、そのアレンジを引き立てるのが、美しい 刺身(ツマ)に適したおかずその準備自体、経験豊富な優秀なシェフを必要とし、具体的には視覚的かつセンス良くアレンジメントを提供するものです。

おいしい刺身 モリアオは値段が高く、時間がかかる

これは、何人かのお客様が同時に刺身盛合せを注文した場合に、何年も繰り返される待ち時間の説明にもなります(WalkInのお客様からの人気の定番:"I want to me")。 さっそく 刺身盛合せを食す!"- ただし、「刺身盛合せ」は当店のメニューの中で一番時間がかかる料理です)。 

一匹一匹違う方法で切り身にしなければならないとなると、時間がかかってしまいます。

そして、人は時に操作的に盲目となるため、私たちは、だからこそ魅了されるのです。 刺身というテーマへの深い関わり ミュンヘンのある場所で刺身として売られているものが何なのか、それを知って初めて、自分たちの家で品質を評価し、分類することができるようになりました。

ミュンヘンでおいしいお刺身が食べられるのはどこ?

ミュンヘンの日本料理は刺身が自慢ですが、それ以外にも美しい娘たちがいます。そして、私たちは彼らを推薦することを恐れていません(そして、これまで一度も躊躇したことはありません)。なぜなら、SUSHIYA.DEは美味しい日本食のためにあるのですから。

私たちの専門分野は主にミュンヘン周辺に限られていますが、時折ドイツや日本、その他の国々を訪問することは別です。 そこで、ミュンヘンでまだおいしい刺身が食べられるところを、簡単に、最新情報を交えてご紹介します。

もちろん、完全なものではありませんし、当然ながら非常に主観的なものです。

を知っています。 ミュンヘンの寿司レストラン 20年以上前から、ここで紹介した店をはじめ、多くの店を2022年の夏に再び訪れ、刺身を試したのが最後だった。

ハグルマの正直なお刺身

2022年8月、バーダー通りの小さなレストランで、徹底的に美味しい刺身を適正な価格で提供してくれました。 

もちろん、もっと完璧に調理することもできるし、もっと質のいい魚を調達することもできる。しかし、ハグルマは現在、刺身、握り、温かい料理でミュンヘンのちょっとした裏ワザになっているのである。

海人」のお刺身

この レストラン海人 は、2022年から新しい経営者のもと、若いシェフが運営しています。 

海人」の魚質は良く、刺身もまあまあ。そして、それはミュンヘンでも特別なことなのです。 

特選のお造りでは、例えばヒメジの酒蒸しやタコの頭など、他では見られない特別なものに驚かされることがあります。 

ミュンヘンの「レストラン吉兆」で「特選刺身盛合せ」を42ユーロで販売(2022年9月現在)

とはいえ、価格帯からして、もう少し基本に忠実で、魚の種類によってカット形状を変えたり、もちろん大根の細切りも欲しいところです。 海人のオフライン&オンラインで見たすべての刺身には、大根のツマが完全に欠けており、特に価格水準と海人の根本的なクラシック志向を考えると、少し残念です。

吉兆のお刺身の盛り付けが美しい

でのお刺身は、いろいろな経験があります。 Wurzererstr.のレストランKitcho。 を作りました。 

食品卸売市場で売られているスレート板の位牌ではなく、美しい器に盛られたとても日本的な美しさです。細かくカットされた大根のツマが、控えめに、しかしそこにあってアレンジメントを支えているような、そんな飾り付けです。

このような皿と刺身を楽しむことは、日本好きを自動的に内なる平和へと導き、このテーブルで自分だけのために座り、周囲を部分的に遮断し、適切に選ばれた食器で愛情込めて盛り付けられた刺身を楽しむことができるのである。

魚は様々な形にカットされ、それ自体が楽しいものでした。しかし、素材の選択(ほたて、まぐろ、たこなど、もっと質の良いものがあるはずです)には少し弱く、ホッキ貝の時にはまだ口の中に砂が入ってくることがあります。

魚ほど繊細で、何度でも作り直せる食材はない。新感覚のお刺身」なら、そんな弱点はすべてソースに紛れてしまい、気づかないほど。

ミュンヘンの吉兆で、思い出に残る美しい器に盛られたソリッドな刺身モリワセ

 

次の訪問では(今年3回目)、小さな刺身盛合せを試しましたが、このような立派な器ではなく、典型的な日本の丸い容器に入っていて、これもきれいに盛り付けられていて美味しかったです。 

私たちはお寿司よりも吉兆のお刺身が断然好きなので、日本料理のお刺身やおつまみにはぜひ吉兆をおすすめしたいです

小さな刺身盛合せも、典型的な日本の容器クラシックサイドボードで
ビジネス弁当 2021年11月

2021年11月、私たちは再び、ミュンヘンの日本企業のために特別な幕の内弁当を作る機会を得ました。