エフビーピーエックス

ミュンヘンの寿司・日本食レストラン

目次
ミュンヘンの日本食レストランを概観し、どこが良くてどこが悪いかを見抜く 寿司 ミュンヘンにあるもの

バイエルン州の州都、ミュンヘンは、良い意味で 日本料理 と実 寿司 というのは、多くの寿司愛好家や日本の料理人の意見と同じです。そして、良い競争が多いからではなく、残念ながら悪い競争も多いのです。

この記事では、ミュンヘンの寿司の現状をどう捉えているか、また、どのお店を選んだか、さらに レストランSansaro を、良心的に薦めることができます。

日本食レストランをどう評価するか

もちろん、ひとつだけ気をつけなければならないことがあります。食べ物の判断は人それぞれです。 

私たちは、1990年代から日本の食文化に深く関わり、さまざまな角度から、常に自分たちの知識と味覚を発展させてきました。 

インターネット上には、人の数だけ意見がある。味や衛生面を考えても、お腹を壊すようなお店の熱烈なレビューを多く見かけます。 

例えばボーゲンハウゼンに住んでいる、あるいは働いている人が、必ず寿司屋に食べに行くというのは、物事の本質をついているのだ。いつも親切に迎えてくれるし、味もいいし、歓迎されていると感じるからだそうです。

引用元: 典型的なネットレビュー。

スーパーレストラン料理は素早く、新鮮に調理されますまた、一皿の寿司と飲み物で一人10€以下という安さも魅力です。また来たいと思います。フレンドリーな上司とボスレディ。すべてが整然としていて、清潔感があります

残念ながら、これはある種の日本人の味覚の質とは関係ない。料理のレベルが一定であることとも、他の地域からこの店に行く価値があるかどうかとも関係ない。 

これらのレストランや寿司スナックの多くは、少ないお金で美味しく、素早く親切にサービスしてくれたという事実によって評価さえされています。 

しかし、それが日本の良い味を追求するための決定的な基準であってはならないのです。

おいしいお寿司には高価な原料が必要

おいしいものは高価である必要はない。 美味しいお寿司は、残念ながら 

だって、10ユーロ以下でお寿司をお腹いっぱい食べたら、確かにクオリティが低いですからね。それは、素材価格だけの結果です。それが好きな人もいるだろうし、もうそんなの食べられない!という人もいるだろうし。 

できるだけ安いサーモン、安いマグロ。それはたくさんの濃いソースを使ったものでしかなく、オーガニック、スローフード、料理の楽しさ、良い食の媒介を重視する人々には向いていないのです。ところで、寿司はネタだけでなく、おいしいシャリも重要なコスト要因です。

高価な寿司は、自動的に良い寿司とは限らない

その一方で たかずし - また、ミュンヘンには多くのレストランがあります。 一概に良いとは言えない

しかし、そのような高級店では、良い素材が使われている可能性は高い。しかし、素材の加工や技術には、良い寿司や良い日本料理を作るためのスペースは与えられていないのが普通だ。

長期的な視点のみが意味を持つ

ですから、古典的な日本料理や日本の古典的な寿司をどれだけうまく、安定して再現できるかという視点でレストランを見ています。 

私たちの経験では、これはベトナム料理やタイ料理とは相性が悪いのですが、同時に ベトナム語 このようなレストランの厨房部門は、かなり優れていると思います。 

そして、特にミュンヘンでは、新しい店、新しい場所への熱意がすぐに起こり、その熱意がすぐに冷めたり、店を出したシェフが、経営者が日本人の感覚を長期的に議論するセンスがないために、また移動してしまったりする。 しかし、これはどのレストランについて 日本の味を長期に渡って確実に再現できる。 をマップ化することができます。

ハーネスも含めたフルアセスメント

ちなみに、日本食レストランの全面的な評価には、以下のようなものがあります。 "いつもおいしく、いつも親切に"。.

逆に、日本のサービスは、ヨーロッパの人たちには地味、あるいは不機嫌に映ることもあるようです。

ドイツ人の場合、まず雰囲気が重要であり、次に親切で颯爽とした応対、そしてその後に料理がある、というのが私たちの印象です。

一方、日本のサービス業では、当初は ノット というのも、彼らの仕事はイタリアンレストランで休暇を過ごしているような気分にさせることではなく、冷静に料理の注文を正しく取り、トラブルを避け、注文を運び、キッチンとの工程を確実にすることだからです。 

このように、ドイツでは、素晴らしいサービスは、単に人々が(当然のことながら)心地よく、お世辞を言うために、しばしば最高の品質と間違われる。

それに対して、日本の典型的なサービスは、ちょっと風変わりだとさえ思われることが多いのです。

しかし、日本食レストランを完全に評価するには、食器を見て、小さなディテールを感じ取るなど、もっともっと多くのことが必要です(中略)。 もりつけもちろん、キッチンの品質も安定しています。良い食材を使うこと、基本を理解すること、そしてイエス:ミュンヘンの日本食・和食レストラングループ内のレストラン経営者の性格と行動です。

過去30年間のミュンヘンの寿司の経験談

SUSHIYA 創始者 Alexander Reinelt 氏 1990年代に日本学を学び、以来、趣味としてミュンヘンのあらゆる日本食レストランや日本料理を情熱と熱意を持って追いかけています。2000年代に入り、日本食レストランの経営者とともに有限会社を設立していたが、2005年、ついに勇気ある仲間たちとともに、ミュンヘン向けの日本料理を確かな品質で提供する「SUSHIYA GmbH」を設立することになったのだ。2009年頃から、趣味が高じてSUSHIYA GmbHの本業になりました。

彼の周りには、経験豊富な日本人シェフやサービススタッフ、そして個人的な熱意や日本のルーツ、コネクションから日本料理や日本文化に長く携わってきたミュンヘン在住の若者や年配の人々がいる。

ここでは、ミュンヘンの日本食レストランを少し紹介します。完全であることを保証するものではありませんし、絶対的な知識を持っているわけでもありません。 

しかし、常に公平に、日本料理への愛情から発言していると主張し、おそらくあらゆる種類のインターネットポータルや評価プラットフォームよりもはるかに多くの経験と舞台裏を見ることができるのです。残念ながら、これらは美味しいお寿司を探すのには全く役に立ちません(これに関する記事は別の機会に掲載する予定で、もうすぐ出来上がります...)。 

ミュンヘンでお勧めできるレストランでも、日本の競合店が多い都市では評価が下がるかもしれません。一方、ミュンヘンには本当においしい日本食レストランが少ないので、正しい酢飯を食べないと味覚の混乱がひどいので、お勧めはできません。

他のお店を覚えている方、これらに何かを加えたい方、あるいはどこかで違う意見をお持ちの方。 どういたしまして。 私たちは、他の意見や問い合わせに耳を傾け、協力します。

ミュンヘンの寿司 - 概要

ここでひとつ 先遣私たち自身がミュンヘンで15年間日本食レストランを経営しているのですから、市場の屋台や一部の競合店についてコメントするのは不適切だと思う方もいらっしゃるでしょう。 

しかし、私たちは また、日本料理が好きな方私たちは、ミュンヘンにおける寿司と日本料理の発展を30年以上にわたって見守り続けてきました。 そして、私たちの評価を注意深く読み、その見識に満足するか、もちろん内容的には同意できないか、あるいは、競合の話として客観的に拒否するか、どちらかです。しかし、私たちは経験上、何を言っているのか分かっています。また、もし根拠のある別の意見をお持ちの方がいらっしゃれば、私たちはそれを受け入れるとともに、皆様からのご意見をお待ちしています。 フィードバック.

もうひとつの小さなヒント:あなたの家の近くに、小さな寿司屋、出前、レストランがあり、あなたが素晴らしい、美味しいと思うかもしれません。 

ただし、夜もおいしく食事ができる店、継続性のある店を中心に紹介しています。そうでなければ、クオリティはあまりにも刹那的で、一人のシェフに依存し、すぐに消えてしまう。特にミュンヘンではそうです。

私たちの中で ブログ は、先日記事を書きました。 日本料理屋の見分け方.

ミュンヘンは、存在と能力ではなく、料理全体と外見で生きています。

寿司業界は今、野放図な演出でお客様に刺激を与え、本当の日本料理の味を完全に置き去りにする風潮にさらされていると言わざるを得ません。

日本の本物の工芸品は、なかなか手に入りません。 

これは、ドイツにおける美食の認識における根本的な問題であるらしい。ミュンヘンでは、少なくとも日本料理と寿司の分野では、特にそうであると言える。

しかし、フュージョン寿司が自動的に悪い寿司である必要はないのです。 

逆に、sansaroレストランでは、次のように考えています。 日本食の良さを生かしたフュージョン寿司は、ドイツの人々の心をつかむことができるのです。

なぜなら、私たちドイツ人は異なる味覚に慣れていて、何十年も高級な日本料理で育っていないことも事実だからです。

フュージョンは、良い基本的な食材、日本料理に対する知識と理解をベースにすると、非常にクリエイティブで真の名人芸になります。

しかし、良いフュージョン寿司とは、単にサーモン、アボカド、マグロのバリエーションを組み合わせただけのものではありません。 

近年、トリュフオイルの香りや揚げ寿司、そして何より強烈なソースを使ったレストランが次々と誕生している。これは、全国的に知られているデリバリーサービスや、ミュンヘンやその近郊にある多くの新しいレストランに関するもので、その多くは日本語の名前が付いている。 

何が美味しい寿司で、何がそうでないかの認識が完全に曖昧になっている。日本料理は、売れ筋の小道具として誤用されている。

ミュンヘンの寿司事情

2019年~2022年頃までの現在の市場状況は、以下のように考えています。

本格的な日本料理店が少なくなってきている

本当の日本の味、料理の奥深さを提供するレストランは少なくなってきています。 

2022年、夏にはクローズ シュヴァービングにある伝説の寿司バーを受賞している。 レストラン トシ

その他、以下のようなレストランがあります。 三谷吉兆はほとんどメディアで取り上げられることはないが、残念ながら革新的な特別な開発をしているわけでもない。そして、さらに ハグルマ10年来お世話になっているゲルトナープラッツ地区の小さなレストランが閉店の危機に瀕しているようです。(スタッフ不足)

場合によっては、私たちは少しショックを受けることもあります。 また、これまで弊社が推薦したレストラン は、コロナの大流行で品質が変わった!日本人が経営する店や、かつての品質で知られる老舗でも、粗悪な素材に頼らざるを得ないことは明らかである。

ミュンヘンの人々がもう一度、本物の日本料理に目を向け、評価してくれること、そして実際に日本料理を作っているレストランがもう一度、材料やスタッフにもっと投資してくれることを願うばかりである。

日本料理はとても手が込んでいて、下ごしらえも大変です。米や野菜、魚の下ごしらえを少なくして、代わりに寿司に濃い目のソースをかければ、もっと楽になりますよ。 

ユビキタス "な世の中で目玉焼き寿司また、「日本の味」という意識も薄れてきています。 彼に会ったことのある人なら、そして、その人がどれだけ よくできた日本料理「和食 を広げることができるのですが、これを非常に残念に思っています。

小畠敏夫 経験豊富なシェフ、日本料理アンバサダー多くの汎アジア系レストランがそうであると "日本の文化を盗み、汚す" ということです。 その結果、お客様は、寿司の何が特別なのか、寿司とは何か、寿司とはどんな味なのか、ほとんどわからなくなってしまったのです。 

現代的な」寿司屋は、刺身のセビーチェ作りや新スタイルの刺身、マヨネーズの「刺身」などをメニューに載せているだけではない、という評価です。 熟練した職人による刺身の盛り合わせ そのため、新鮮で高品質な魚種を使用することができず、自然消滅してしまうのです。

ミュンヘンではランチタイムの日本料理は難しい

コロナのパンデミック以降、ミュンヘンの日本食レストランを取り巻く状況は大きく変化し、お客さまに不利益を与えています。2022年夏現在、ランチタイムに美味しい日本食を楽しむことはほぼ不可能なようです。 

自社レストラン sansaro は、大学やその周辺の生活が大きく変わったため、昼休みはやはり休み、スタッフは非常に少ないです。私たちにとって、ランチタイムに開店することは、単にペイしないのです。

この トシミュンヘンの中心街でいつも質の高いランチメニューを提供していた「ヴェンデル」は、現在完全に閉店しています。

レストラン 三谷以前は、安くておいしいランチタイムスナックとして知られていましたが、現在は夜間のみ営業しています。

鯉やあずきなどの「スタイルレストラン」のクオリティは、ランチタイムには全く話題にならないレベルだと思います。(中略)

私たちからすると、ランチタイムに日本の味を楽しめるのは、今のところ ハグルマ そして きっちょう とか、せめてラーメンのスープや小物足しには、匠やAOIのラーメンを。

日本の味と価値ある品質を楽しみたいのであれば、この品質を提供してくれる店に出会えたとき、本当に感謝しなければならないことがわかったのです。良いガストロノミーとは何か、良い寿司と悪い寿司をどう見分けるか、そんな時代の変化が訪れているのかもしれませんね。

トレンド:寿司をイメージした高価格帯の高貴な寺院

ミュンヘンには個性的な高貴なレストランが次々と登場し、オープン時には有能な日本人シェフが登場することもある。

しかし、基本的な方向性は正統派日本料理ではなく、汎アジア(芸者グループ)、日経キッチン(居酒屋など)、あるいは構造的にシステムガストロノミー(Do & Coレストラン)であることがほとんどである。 

メニューは通常、洗練された職人技にゲストの忍耐力を求めるのではなく、印象的なアレンジを求める欲求を素早く満たし、異なる料理を「シェアサイズ」で素早くテーブルに運ぶように設計されている。 最終的には、見栄えのするものを素早く提供できるキッチン、大勢のゲストに対応できるサービス、そして、鍛え抜かれた体系的な販売方法が重要なのです。 

そのような店では、最近、非常に独創的で大げさな寿司の作品があり、しばしば一つの巻物に無数の材料が集積され、トリュフオイルが添えられ、フランベされ、ケータリング卸売業のスレート皿や全く日本ではない階段構造で提供され、また、そのような店でも、「このような寿司を作ることができる。 ごく最近ドライアイスで

しかし、私たちの経験では、これらの寿司は非常に平凡で一方的なものであることが多い。それらはたいてい、本当の日本料理や日本の美食とは何の関係もない。

トリュフや濃厚なソースのような強烈な味には、単にそのような効果があるのかもしれません。 握り とか、実は単純 細巻 を浸しています。 

しかし、これでは米や魚に対する理解が浅く、安価な魚やマグロを使った料理がほとんどで、魚本来の良さが失われ、お客様には伝わらない。 

そのため、1巻あたり15ユーロから25ユーロの手数料がかかる。

また、面白い観察もできました。その中の一軒で、メニューに「うなぎの白焼き」という、うなぎを特別に調理したものを見つけた。 我が家では、このために新鮮なものを切り刻んでいます。.私たちの知る限り、ミュンヘンでこのような努力をしているレストランは私たちだけです。 

しかし、もう1つの店では、安価なレストランでプラスチックパッケージから出てくるような、まったく普通のプレハブのうなぎ「うなぎ」が出てきただけでした。私たちから見れば、これはぼったくりだ。インターネット上では、経験の浅い日本の美食家たちが、このレストランがいかに素晴らしいか、同時に歓喜しているのだが......。

ミュンヘンには似非寿司がたくさんあり、日本品質は非常に稀です。

結論として、これらの観察は、残念ながら現実のものとなってしまった。新規出店の大半でソースや粉飾が多く、日本の味を詳しく理解していない、知識がない。

1990年代後半から2000年代前半のミュンヘンでは、中国人が経営する組み立て式の劣悪な寿司屋が、2020年代にはベトナム人が経営する、装飾や演出が素晴らしく、しかも美味しい日本料理の知識が全くないスタイリッシュな店が多くなっているのです。

ミュンヘンの新しい寿司レストランで、揚げ寿司に様々なソースをかけ、わさびを2回つけた無分別な飾り付けをした。

ミュンヘンの回転寿司、おすすめしません。

念のため:残念ながら、ミュンヘンでは組立式レストランはお勧めできません。私たちの評価では、これ以上納得のいくものはありません。 

そう、1990年代から2000年代初頭にかけて、私たち自身がこれらのレストランに通い、いつも食べていたのです。しかし、私たちの会社がオープンし、早くから日本人シェフに頼っていたため、私たち(と当時のスタッフ)にとって全く異なる味覚のイメージを持つことになりました。 

当時も今も、ミュンヘンにはお勧めの回転寿司はありません。また、日本人が働いているところ、日本人のシェフが働いているところも知りません。 

東京、新宿、築地、京都、富士、浅草......と、一見すると日本風の店名が並ぶ。 

しかし、初歩的な和のテイストがあるレストランは見たことがない。いい魚やいい米(!)を買うといくらかかるのか、下ごしらえにどれだけ時間がかかるのかがわかると、簡単に計算できるようになります。どうりで、冷凍食品売り場の焼きそばやデザートがベルトコンベアーで大量に流れているわけだ。 

結論:日本料理を知り、好きになりたければ、ミュンヘンの組み立て式食堂に手を出さないことだ。 

特に初めて寿司を食べるときは、質の高いものを選ぶべきです。そうしないと、間違った、しばしば人工的な味に慣れてしまい、強い調味料などで味を作ろうとしてしまうからです。

ミュンヘンで(基本的に)美味しい日本食が食べられる場所

しかし、ミュンヘンではどのレストランがお勧めなのでしょうか?

Aエルエス 大まかな目安 というのが妥当なところでしょう。 日本人が経営するレストラン 日本的なテイストでありながら、それぞれのレベルに見合った経済的な余裕がある。
具体的には、これらのレストランでミュンヘンにおける日本の味を見つけることができると思います。 

 

他のほとんどのレストランでは、どちらかというと模倣品で、時にはくたびれ、時には非常に上品な演出が施されています。

注:ミュンヘンのレストランで、日本料理や寿司の分野に関連するものであれば、何度か訪れて見当をつけたことがあるはずである。ここで話していないレストランでも。 

ミュンヘンのおすすめ日本食レストラン・寿司

ミュンヘンで一番おいしい寿司はどこで食べられますか? 

ググると、いわゆるによるブログ記事がいくつか出てきます。 アグリゲーター、またはライフスタイルブログから.これらのサイトは、その規模の大きさと、全国的あるいは国際的な分布から、Googleにランクインしているのです。 

しかし、よく見てみると、おいしい日本食を求めている人には何の役にも立たないことが多いのです。ブログの内容は、あらゆる場所を洒落た言葉で薦めることが中心で、それによって書き手が すしざんまい そして、時には絶対的な食のクオリティを誇る。 

料理やライフスタイルのブログの大半は すしざんまい と、そこに書かれている提言は何の価値もない。 

運が良ければ、以下のような地元で経験を積んだガストロブロガーが書いたウェブ上の記事に出会えるかもしれません。 ビアンカ・マーシー または 日本の専門家たち アクセル・シュワブ と、良いオリエンテーションを提供するものです。

運が悪いと、評判の良い出版物でさえ、ミュンヘンの寿司、あるいは日本料理では到底お勧めできないようなレストランをお勧めとして書き出してしまうのです。すべてのアイテムが推奨されているわけではないため デム 長年の経験を積んだ美食家たちによるところで、客や作家として、日本人客がいるかどうかといった側面的な要素で日本料理を評価する場合にも注意が必要です。(何 ジャパニーズ 海外の日本食レストランでゲストが特に求めていること、これについては機会があれば別記事で紹介します!)

このような記事の多くは、時間的な制約があるため、人生におけるあらゆることと同様に、スナップショットに過ぎないのです。しかし、大規模なポータルサイトの記事は、ポータルサイトの市場力により、何年も何年も経ってもインターネット検索で優位に立つことがあります。

しかし、特に寿司の分野では、長期的に継続した品質を提供するためには、多大な努力が必要です - 一番偉い寿司職人が休んでも、変わっても、完全に崩れることはない。 

私たちは、まさにこの、長期的な視点で30年近くシーンを観察してきました。長期的な発展、反省なしに急激なトレンドだけを見るのではなく、雰囲気とフレーバーを混同しないことです。

現在、味の面でお勧めできるのは、以下のレストランです。

(名前をクリックすると詳細記事に飛びます!)

ジャパパトシバー - Toshiの新しいIzakaya

アマリアンパサージュ内のレストラン「sansaro

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド

最後になりますが、もちろん自社レストラン「SUSHIYA(社名)sansaro(店名)」です。
SUSHIYAは、若い頃から日本が好きだったアレキサンダー・ライネルトと勇気ある友人たちが、ミュンヘンで日本料理を適正価格で提供するために2005年に設立した会社である。

創業者のアレクサンダー・ライネルトは、1990年代にミュンヘンの一流寿司レストランに頻繁に通った経験から、ミュンヘンに質の高い日本料理を提供し、しかもゴールドカードを持たず、学生、弁護士、生徒、年金生活者、工場労働者が気軽に利用できる場所があることが重要だと考えていました。つまり、身分や財布に関係なく、敬意と喜びを持って迎えてくれるのです。 

2007年には、日本建築の解釈として意図的に作られたレストラン「sansaro」をオープンしました。その中で、sansaroは、長いディープから成長してきました。 あまりんどう 本格的な日本品質を求める人たちの間では、隠れた新参者となっています。 

日本の美食の裏側では、ミシュランの星付きレストランでしか見られないような、奥行きのある、素材と洗練された仕事が行われているのです。 

✺ アンビエンス 

ミュンヘンの日本食レストランとしては非常にシンプルな雰囲気であり、インテリアデザインも地味で、時には私たちにとっても地味すぎるくらいです。しかし、それは本質的なことであり、日本的な明快さと、実際には極めて形式的な日本の食文化の集中です。sansaroは、居酒屋でも屋台でもなく、高級日本料理の寿司屋なのです。美味しい寿司を作るには、多くの準備と鍛錬、つまりある種の形式が必要なのです。

店内には、シェフがお客様との打ち合わせやサービスを行う大きな部屋が1つだけあり、シンプルで気取らない席が用意されています。 

大きなテーブルは、アマリアンパサージュの落ち着きのないファサードを持つ空間に構造を与え、さまざまなグループのゲストが集う場となることを意図しています。 

夏には屋外に2つの大きなテラスがあり、長年にわたって手入れをされてきた日本のカエデとシェフの庭にある大きな竹が縁取りとなっています。 

の緑地があります。 あまりんどう は、SUSHIYAの影響でかなり装飾されましたが、2020年に悲しいことに適さない庭師がいたため、見た目はかなり損なわれてしまいました。

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ . 

sansaroは、いつも一緒に仕事をしています。 可能な限りのオーガニック と、何度も何度も判断して、最高の素材を選びます。可能な限り持続可能な方法で仕事をし、可能な限りオーガニックを使用することは、創業以来、創業者の信念と持続可能性の問題でした。 SUSHIYA弁当屋 2006年の都心では、それが実現しました。 

その間、レストランと宅配サービスは、スローフード認証、オーガニック認証、日本食サポーターの認定を受けています。2022年以降、sansaroには、さらに ミシュランガイドに掲載されました。これは、素材選びやメニュー決定において、最高品質の道を歩み続けるための大きなモチベーションになります。 

寿司の品揃えはミュンヘンでも随一で、唯一無二です。 Marschallstraßeの寿司バー は、長年、こちらのほうがよかった。 

ここ数年、sansaroの寿司飯は完璧に満足できるものではありません。少し粒子が粗く、乾燥している場合もありますが、素材や使用する魚、切り方の技術は他では見当たりません。 

このガイドのためにミュンヘンの数え切れないほどの日本食レストランを再び訪れ、それでもなお、皿の上の品質の違いに驚き、また時にはショックを受け、何をやっているのかがわかるのである。

温かみのある料理は、常に季節のメニューや刺激的なメニューを提供しています。 イベント情報 例えば日本料理では、人気のテイスティングイベントで、取り上げるウイスキーや日本酒、ジンに合わせて、常に新しい、個性的なフードペアリングを開発することが重要であると強調しました。 

一方、これらのイベントや大晦日、バレンタインデーの特別メニューは、どれも見逃せないユニークな食の体験です。 

2022年以降、sansaroでは、個別、季節ごとの 懐石-の夕方、大成功を収めました。SUSHIYAのホームページでは、日本食や日本文化への関心を高めるとともに、多くの根本的な疑問をほぼ科学的に解決することに努めています。

✺結論 ✺結論 

アマリアンパサージュのsansaroは、長い間、次のように考えられてきました。 「ミュンヘンで最も落ち着いた最高級の日本料理店」。 (Munich Goes out 2011)。 

比較的シンプルでありながら、徹底的にリラックスした雰囲気の中、様々な席で非常に豊富な寿司セレクションや常に変化する季節の料理から選ぶことができます。 

sansaroは、最高の食材を使用し、長年にわたる緻密な厨房作業と日本人シェフや技術へのこだわりにより、ミュンヘンだけでなく日本国外ではほとんど見られない深みと品質を持つ、長年にわたりミュンヘンで最高の寿司レストランだと私たちは考えています。

ミュンヘンの日本食レストラン・寿司レストランをもっと見る

その他、ミュンヘンの日本食レストランは特筆に価する。 

リストはまだ完全ではないので、今後更新される予定です。

Shoya Izakaya at Platzl & Imbiss at Viktualienmarkt

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド

ミュンヘンの寿司シーンは、日本の成功者である大屋賢治が経営する「庄や」グループなしには考えられません。大屋は、高品質の尾崎和牛をドイツに輸入し、スターシェフの中村をはじめとする多くの人に供給しているのです。

30年以上前、ミュンヘンには、ガベルスベルガー通り(現在の)に、おいしい庄やがありました。 海藤)、Roeckplatzの「庄や料理」、そしてもちろんHofbräuhausの向かいの広場の角にある「庄やImbiss」です。三船の後継者である遠州も、かつてはボーゲンハウゼンの庄屋グループが運営していた。
スナックは数軒先に移転し、Viktualienmarktにも数年前から支店があり、Platzl 3にあったSushi Dukeの敷地には2階建ての「Shoya Izakaya」があり、近年はいつもちょっとした寿司のつまみを楽しんでいます。 

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ . 

もし、庄やの近くで日本のスナックを食べたいと思ったら、庄やのスナックレストランは確かに良い選択です - 数あるおしゃれなベトナム料理店よりも良いですね。庄やのレストランのとても良いところは、お寿司だけでなく、ラーメンや丼物など、他の料理も食べられることです。庄やは、ミュンヘン市民全員に日本料理を好きになってもらいたい」という見出しで、常に新しいものを生み出している。だから、庄やが今提供しているものでいいんです。いつもお寿司である必要はないのです😉。

✺結論 ✺結論 

庄やのレストランやスナックは少し時代遅れで、コロナ危機の打撃を受けている。しかし、庄やはミュンヘンで長い伝統を持ち、さまざまな日本食を提供し、日本人が経営している。庄やグループには、他にどんなことが期待できるのか!ちょっとしたおやつに立ち寄るのもいいですね。

問合せ先:SHOYA am Hofbräuhaus|オルランド通り 3, 80331 Munich|電話番号:089 292772|ホームページ
連絡先:SHOYA am Viktualienmarkt|フラウエン通り18番地、80469ミュンヘン|電話番号:089 24208989
連絡先lll:居酒屋SHOYA|Platzl 3, 80331 Munich|電話番号:089 5428315

Sushi Sano - Brunnstraßeにある日本ルーツの安価なレストラン。

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド
かつてJosephspitalstraße 4に、佐野高明という気さくな日本人がカウンターに立ち、ほとんどお客のいない小さな日本料理店「みなみ」があった。
アレクサンダー・ライネルト氏は、佐野氏の手伝いをしたいと思い、1999年に「ミナミ」を「SUSHI SANO」に変えた。新しい名前、プロフェッショナルな印刷物のレイアウト、内装のリフレッシュ、実際に客を惹きつける広告など、まったく予定外のレストランビジネスがスタートしたのである。

数年後、佐野高明氏とともにSUSHI SANO GmbHを設立し、ミュンヘンに複数の拠点と店舗を構える。 

オープン直後のミュンヘン「Sushi Sano Gallery Müllerstr.33」。

その後、手間と愛情をかけて作り上げたミュラー通り33番地のSUSHI SANO GALLERYは、不幸な事情で今は意味のない「寿司桜」になってしまい、日本の将棋、赤い大波のある部屋のコンセプトは 建築家セバスチャン・ラウシャー(現:コズミックスピリッツ) が理解されず、いつの間にか削除され、現在では別の使われ方をしている。

中2階の「SUSHI SANO GALLERY」では、スタイリッシュでクリアな空間と変化する展示が行われる予定であった。写真は、2005年ミュンヘンのジャパンフェストでのカリスマ佐野氏。

Zweibrückenstrasse19にある「ヌーデルハウス佐野」は、かつて日本料理店「写楽」があった場所で、今もそこにあります。 

一方、「寿司佐野本店」は、ヨーゼフシュピタル通りからブルン通り6番地に移転し、残念ながら亡くなった佐野さんのハーフの子供たちが切り盛りしている。

✺結論 ✺結論
Sushi Sanoでは、都会の真ん中で、新鮮で清潔な雰囲気の中で、とてもリーズナブルな価格でお寿司を食べることができるのです。

Sushi & Soul - グロッケンバッハフィアテルにあるジャパニーズウィスキーのエルドラド

Sushi & Soulは、Glockenbachviertel地区のKlenzestraßeにある、大きくてモダンなレストランです。 

特筆すべきは、ジャパニーズウィスキーの品揃えの良さだ。 ジャパニーズウイスキーの品揃えは世界最大級と言われています。ドイツでもアメリカでも日本でも、これほどの品揃えはないだろう(ただし、世界の高級ホテルでは、レストランsansaroの品揃えに遠く及ばないが)。 

この点では「Sushi & Soul」は絶対に負けませんし、オーナーのクリス・ハーブスト氏はウイスキーに関しても名士です。 

過去10年間、日本のウイスキーはかつてないほど価値を高めており、ウイスキーやスピリッツを愛する人にとって、これはまさに感動的で貴重な宝物であると言えます。しかし、料理は、2005年から2019年にかけての様々な訪問において、個人的に極端に興奮することはなかった。

✺結論 ✺結論 

グロッケンバッハフィアテルの真ん中にあるSushi & Soulは、若者と素晴らしい日本のウイスキーを楽しむための場所です。

テレージエン通り56番地のトーカミ:過去の栄光が台無しにされる

1990年代、トカミの各店は、ミュンヘンで最初の本当においしい寿司屋を保証したことがある。 

Rablstraßeにあった初代Tokamiは、その後売却され、現在のTokamiになりました。 三谷WurzererstraßeにあるTokami & L-Barが、この度、「Tokami & L-Bar」に生まれ変わりました。 トシ と、キャナルストリートのTokami Sushi & Seafoodは、マネジメントバイアウトにより、今日のJINという面白い中華料理店になりました。 

テレージエン通り56番地の「トーカミ」だけは、当初の経営で存続していましたが、現在は閉鎖しています。 もはや を、良心的に薦めることができます。 

私たちも長年、十神とは非常に友好的な関係を保ち、2018年までは、満席の時やお休みの時など、必ずお客様におすすめしていたほどです。 

残念ながら、今日は逆にそのような提言はできなくなった。

日本食レストラン「十神」のほか、隣接するテレージエン通り54番地には長年にわたりスナックがあり、「十神」の厨房で作られた料理が非常に安く提供されていたのです。 は、アジア料理を提供し、2022年9月に突然閉店した。

✺結論 ✺結論 

1990年代から2000年代初頭にかけて、最高級の寿司を提供していたトーカミの店舗 ミュンヘン

2022年現在、非常に根拠のある最新の知識によれば、テレジエン通りに唯一残っているレストラン「Tokami」には、多くの理由から訪問しないようにとしか言いようがありません。いつかまた変わるかもしれない。

マンゴスチン-ミュンヘン南部に伝わる汎アジア的な伝説

いまや「汎アジア料理」という言葉は、日本料理愛好家にとっては汚い言葉であり、警戒すべき言葉である。

ミュンヘンがまだ組み立て式レストランの侵略に直面していた頃、つまり寿司がまだエキゾチックな珍品だった頃、この店はすでに寿司を出していたのである。

1990年代前半にはすでに、当時和風の内装だった自室で、55Dマークで高級握りを含む素晴らしいビュッフェを楽しむことができたのです。当時は刺激的だったビアガーデンが人気で活況を呈した。

アジア料理と新鮮な魚介類をこよなく愛する大家とレストランの功績は大きいが、日本料理の観点から見ると、近年、マンゴスチンの周辺は少し静かな状況であった。

今日、マンゴスチンは、残念ながら日本の古典的な寿司の領域でその日を迎えてしまった。確かに、魚の質はミュンヘンとしては明らかにアッパーミドル級かもしれませんし、ご飯もそれなりの味付けがされているかもしれません。しかし、おいしい刺身を作るには、愛情のこもった肴、魚の種類によって異なる切り方、バランスのとれた食材の選択が必要です。特に握り寿司の場合、魚の下のご飯が大きな玉になって、平均的な大きさの口で噛むことができないようではいけないのです。また、ミュンヘンの他の多くの新商品よりも、こちらのマンゴスチンの方がはるかに信頼できます。

それでも、濃厚なソースと味気ないシャリで、同じように味気ない「新スタイル」の寿司店が無数にある中で、日本料理に貢献した店であることは確かだ。

マンゴスチンは、寿司やその他のアジア料理を意図的に、時には空間的に細分化しており、「汎アジア」が巧みに行われ、有能に生きているミュンヘンの唯一のレストランであると言えます。

✺結論 ✺結論
マンゴスチンは、美味しいものをたくさん教えてくれるドイツ人ならではの視点で、汎アジア料理へのアプローチを提案します。

たまにマンゴスチンで刺身や巻き寿司を食べるのは間違いではありませんが、マンゴスチンを寿司屋として見てはいけませんし、美味しい握り寿司を期待してはいけません。

ミュンヘン「アンビエンテ」寿司レストラン

ここでは「スタイルレストラン」と表現しているが、素晴らしい雰囲気と、通常、完璧で非常に販売志向の高いサービスが見られる。

以下に紹介するレストランも、楽しい時間を過ごしたい代表的な夜には適しているし、どこもとても美味しい食事ができる。しかし、そこで日本の味や最高の寿司や刺身が食べられるとは、決して思わない方がいい。それは、個人の好みの問題とは別に、事実として間違っていると思います。 

そのため、ここでは素晴らしい雰囲気、スムーズで丁寧なサービス、高級感のある印象が重視されますが、必ずしも日本料理の真髄を味わえるわけではありません。

オペレーターの中には、このことも知っている、というか レストランは、そのような目的で設計されたものではありません。.これは悪いことではなく、おいしいお寿司やお刺身を探すときに気をつけるべきことなのです。

ヴィッテルスバッハ・プラッツのレストラン「鯉」。

Wittelsbacher Platzにある美しい敷地、美味しいローストの味と時には良い素材を作り出す炉端焼き。 

しかし、優秀な日本人シェフが在籍していたとはいえ、寿司の質には大きな差がある。鯉は、非常に良い素材を使うこともありますが、期待値の高い多くのゲストを一定の時間でさばけるような仕組みも必要だと考えています。華やかさやグロリアは私たちを刺激するが、寿司はいつも私たちを幻滅させる。

ホテルルーマーズ・ランツベルガー・シュトラーセのレストランIzakaya

いくつかの支店やホテルを持つガストロチェーンの一部で、南米の味と素晴らしいバー、そして全体的にモダンな雰囲気が特徴的なレストランです。 

しかし、私たちにとっては、ここには日本の味がないので、日本料理という観点からすると、その意味では無駄な雰囲気です。部分的に類似 日本酒 のように、メニューにはsansaroと書かれているが、その後2倍から3倍(!)の値段になっていることが読み取れる。

レストラン ノブ・マツヒサ ミュンヘン

市内中心部にあるマンダリン・オリエンタルにて。世界的な高級レストランチェーンの一部で、日本の美しい雰囲気の中で、非常に格調高く、時には悪くはないが、日本人の好みに反するようなレストランもある。 

寿司は主に非常に高価で、何度か訪問した際に私たち(そして詳細に報告してくれた様々な常連客)を本当に納得させることはできませんでした。他の料理は日経の流れを汲んでいるので、日本料理の域を出ていない。 

松久ミュンヘンは、素晴らしい雰囲気の中で、完璧なホテルのサービスと、高価だが確かに美味しいフュージョン料理が楽しめる、お勧めのレストランです。

Do&Coレストラン

マリエン広場、FCバイエルン・ファンショップの1階。モダンでスタイリッシュ、時にはDJが登場し、後半からは大音量の音楽でディナーを楽しむこともできます。 

目に見える正面のクッキングバーのキッチンクルーは、私たちが知っている経験豊富な日本人シェフ、加藤治子さんが率いる。 バターメルチャーストリートのTenno を知っている。

料理は体系的に整理され、高額消費者のためのパーティーのようなレストラン体験に重点が置かれています。日本料理の影響を受けた美しい盛り付けの前菜をお酒と一緒に楽しむなら、Do & Coがおすすめです。ただし、日本の味はメニューのごく一部にしか見当たりません。寿司や刺身の種類は限られており、2022年末から2023年初頭に再び発見したように、残念ながらその質はまちまちだ。

エンターテイメントとエフェクト、でもお寿司はない!

これらのレストランでは、アジアンキッチュの上にトレンディなアジアンスタイル、モダンなベトナム料理、良い雰囲気と美しい装飾を楽しむことができます。しかし、私たちは、そこで売られているものは、本当は寿司と呼ぶべきではないと考えています。

なぜなら、この値段で提供されるサービスは、私たちの見解では正当化できないし、シェフはおそらく日本料理について全く知らないだろうからだ。

ただ、メニューを見比べてみてください。これらの店の「革新的な寿司」は、極めてよく似ています。正しいシャリとその絶妙な味付けに基づいた、本物の首尾一貫した寿司のイノベーションは見当たりません。基本が完全に欠落しています。握りは、魚、シャリ、味付けで、ほとんど食べられないんです。

握りやシンプルな細巻きは、サーモン、マヨ、和牛、トリュフオイル、揚げ油など、味覚と職人技を駆使して作られたものだとすぐにわかるだろう。この寿司は、実は寿司ではなく、きれいな雰囲気の中での粉飾決算です。

私たちの個人的な経験では、ミュンヘンの以下のレストランがこれに該当する。

  • 芸者
  • ウイキョウ
  • ゲイシャ・ザ・ファイブ
  • アイヴィ
 

...そして確かに他の多くの新規出店は、寿司の創作が揚げ寿司、たくさんのマヨネーズと濃いソースをベースにしています。 

ドライアイス、金のパゴダ、ドクロなど、どれも日本の食文化とは関係なく、寿司がシャリに何かを乗せただけという事実から目をそらしている。

ミュンヘンでの寿司デリバリーサービス

近年、特に戸締まり中のミュンヘンでは、いくつかの宅配便が新たに定着している。

これらのサービスでは、オリジナルや創作寿司、最高級の品質、東京で学んだ寿司職人、最高の素材、匠の技、日本料理の芸術などがテキストで紹介されることがあります。 いいかげんにしろ 

もちろん、デリバリーサービスや近代的な店舗もすべて試しましたが、私たちの意見では、彼らが提供するものは寿司と呼ぶべきものではありません。

現在、弊社がお勧めできる配送サービスは 自社配送サービス の配信サービスを開始しました。 寿司バー シュヴァービング (更新:一旦終了、復活するかはまだ不明)。

ちなみに、ヘンスラー・ゴーの全国配送サービスもあまりよく思っていない。しかし、私たちの意見では、HensslerGoは寿司や刺身、日本料理とは味の点で全く違うものだと思います。本物の日本料理を求めているならば、それは間違った場所です。(もちろん演出やマーケティングが優れていても・・・)。

見た目も個性的だが、一貫性、味、そして何よりも材料の品質という点では、寿司とは全く違う。

ミュンヘンでおいしいお刺身が食べられるお店は?

念のため。 

あるに決まっている 刺身 寿司と共通する部分が多い。 

でも、お刺身は ノット 寿司の最も純粋な形であり、日本料理の別分野である。お寿司には必ずまろやかな酸味のあるご飯が必要ですから。

だから、私たちが美味しいと思わないお寿司屋さんや、そうでなければ全くお寿司がないお店でも、美味しいお刺身が食べられることがあるんです。例えば、刺身は非常によく登場します。 日本料理「懐石 一方、お寿司はどちらかというと珍しいですね。

別記事でまとめています。 ミュンヘンで今おすすめの刺身は? ができます。

おいしいと思う日本食レストランはどこですか?

ミュンヘンの日本食レストランや寿司屋で、私たちの意見を聞いてほしいところはありますか?新しいインサイダー情報は見つかりましたか?私たちは、日本料理についていつでも喜んでお話を伺い、日本の味と日本の品質原則を指向する老舗のプロフェッショナルや新しいインサイダー情報をサポートします。もし、タレコミがある場合は、以下の方法でタレコミをお願いします。 お問い合わせフォーム.

もちろん、この記事も定期的に追加・拡張しています。

付録:ミュンヘンで行った日本食レストラン

ミュンヘンで訪れた日本料理や寿司のレストランを少し紹介します。 

場合によっては、何度も足を運んで長年にわたって印象を固めている店もあるが、とりあえず、遠くから寿司を見たり、メニューを見たりして、その味を知るには十分である。形と内容は、互いに関係するものです。 

さらに、ミュンヘンには無数の小さな寿司スナックや組み立て式レストランがあり、それらはとっくに消滅しているのだが......。

このリストに掲載されているレストランで、ここにも特に記載がない場合や クローズドレストラン ということは、私たちにとっては「日本の寿司ではない/日本の味ではない/特別な品質ではない」部類に入るということでしょう。

あるいは、完全を期すために、本質的に寿司に関するものではないと言わざるを得ない(例:タケドン、ノムスズキ)、これらはそれでも美味しいかもしれないが、このガイドには含まれていない。追いつきましょう。

  • アイヴィ・イータリー
  • 浅草
  • アノキ / アズキ
  • AOI ラーメン
  • 朝霞
  • 弁当箱
  • 弁当屋
  • チャン・グリューンヴァルト
  • チャオ・チャン
  • 大都会スナックバー ミュンヘン(オーバーポリンガー・シュポルトハウス(Oberpollinger Sporthaus)
  • 大都会ミュンヘン(クアフュルステン通り(Kurfürstenstraße)
  • Do & Co レストラン
  • えみこ
  • エンシュウ
  • 富士レナタストル
  • フジ・スティグマイヤープラッツ
  • 富士屋本店 ベルク・アム・ライム
  • 富士火災ミュンヘン フリーダム
  • 芸者ホーエンツォレルン通り
  • ゲイシャ・ザ・ファイブ
  • ハグルマ
  • HensslerGO宅配便
  • 居酒屋ルーマーズ
  • Jバー(いつでも行く価値あり!)
  • ToshiのJapa Tapa
  • ジャパングルメ
  • JaVi
  • 仁(まさにかつての「十神寿司海鮮」、後の「仁の天匠」、その間に仁は一流の中華料理店になり、我々の知る限りではもう寿司は提供していない)。
  • ジュピターレストラン&バー
  • タンロンレストラン(Toshiとの合弁会社だった)のKAISEKI
  • カマトト
  • かんしゃ
  • キム・サン・パンアジア
  • キムズ・スシ
  • キンチア
  • きっちょう
  • オリッサンによるココロ
  • コクミ
  • 東京の串亭
  • 串揚げ
  • 小だるま
  • ラッキー寿司
  • マンゴスチン
  • マリア・パッセンヌ
  • マトイ
  • 松久ノブ
  • マキシム・スシ
  • 三谷
  • ミヤビ・グリューンワルド
  • ムン食堂
  • 日本ラーメン
  • 野宮
  • オハヨウ
  • ムイシュキン王子(当時のメニューに日本風の料理があったため)。
  • サスー
  • 新宿
  • シズー
  • 庄や(ヴィクトゥアリエンマルクト、居酒屋アムプラッツル、インビスアムプラッツ、PEP、庄や料理アムレークプラッツ)
  • スシ&ソウル
  • 寿司と肉(SAM, 数カ所でテスト済み)
  • 寿司バー(マーシャル・ストリート。 Maximilianstraße, 宅配便)
  • 寿司セント
  • 寿司サークル
  • すしデューク(現在の庄や居酒屋)
  • スシ・エキスプレス
  • すし仁
  • 寿司京都
  • 寿司マジック
  • 寿司プラス(数 ぶんや)
  • すしさくら(同名のものがいろいろ...。)
  • 寿司佐野
  • 寿司の瀬
  • すし東京
  • すし竹
  • すしや弁当 リンドヴルムストラッセ
  • スズキ ノムノム
  • タケドン
  • 拓海
  • 天満屋
  • 天王(旧 Buttermelcherstraße, had 如何せん天王・天王デリバリーショップ、これは の元支店から来たらしい。 格安配送サービスShizoo 出ている)
  • ザ・スシショップ (レオポルド通りと ホーエンツォレルン通り(Hohenzollernstraße)
  • トーカミ(ラブラブ通り)
  • トカミスシ&シーフード (キャナルストリート)
  • トーカミ・テレジエンシュトラーセ
  • トシ
  • 築地
  • ウキヨ
  • 梅酒
  • うさぎ
  • ウシ
  • ウシオ
  • わび・さび・しぶい
  • ワカ
  • ワヨ
  • 結城 陽菜
  • ユズムク
  • ウェスティン・グランド・ホテルの禅
  • ゼント