ミュンヘンの寿司・日本食レストラン

目次
ミュンヘンの日本食レストランを概観し、どこが良くてどこが悪いかを見抜く 寿司 ミュンヘンにあるもの

バイエルン州の州都、ミュンヘンは、良い意味で 日本料理 と実 寿司 というのは、多くの寿司愛好家や日本の料理人の意見と同じです。そして、良い競争が多いからではなく、残念ながら悪い競争も多いのです。

この記事では、ミュンヘンの寿司の現状をどう捉えているか、また、どのお店を選んだか、さらに レストランSansaro を、良心的に薦めることができます。

日本食レストランをどう評価するか

もちろん、ひとつだけ気をつけなければならないことがあります。食べ物の判断は人それぞれです。 

私たちは、1990年代から日本の食文化に深く関わり、さまざまな角度から、常に自分たちの知識と味覚を発展させてきました。 

インターネット上には、人の数だけ意見がある。味や衛生面を考えても、お腹を壊すようなお店の熱烈なレビューを多く見かけます。 

例えばボーゲンハウゼンに住んでいる、あるいは働いている人が、必ず寿司屋に食べに行くというのは、物事の本質的なところである。いつも親切に迎えてくれるし、味もいいし、歓迎されていると感じるので、高く評価しているようです。 

引用元: 典型的なネットレビュー。

スーパーレストラン料理は素早く、新鮮に調理されますまた、一皿の寿司と飲み物で一人10€以下という安さも魅力です。また来たいと思います。フレンドリーな上司とボスレディ。すべてが整然としていて、清潔感があります

残念ながら、これはある種の日本人の味覚の質とは関係ない。料理のレベルが一定であることとも、他の地域からこの店に行く価値があるかどうかとも関係がないのです。これらのレストランや寿司スナックの多くは、少ないお金で美味しく、素早く親切にサービスしてくれたという事実によって評価さえされています。 

しかし、それが日本の良い味を追求するための決定的な基準であってはならないのです。

おいしいお寿司には高価な原料が必要

おいしいものは高価である必要はない。残念ながら、おいしいお寿司はそうなんです。 

だって、10ユーロ以下でお寿司をお腹いっぱい食べたら、確かにクオリティが低いですからね。それは、素材価格だけの結果です。それが好きな人もいるだろうし、もうそんなの食べられない!という人もいるだろうし。 

できるだけ安いサーモン、安いマグロ。それは強烈なソースをたくさん使ったものだけで、オーガニック、スローフード、料理の楽しさ、美味しい食べ物の仲介を重視する人には向いていないでしょう。

高価な寿司は、自動的に良い寿司とは限らない

その一方で たかずし - また、ミュンヘンには多くのレストランがあります。 一概に良いとは言えない

しかし、そのような高級店では、良い素材が使われている可能性は高い。しかし、ほとんどの場合、良い寿司や良い日本食を作るために必要な職人の技や加工が施されていないのだ。

長期的な視点のみが意味を持つ

ですから、古典的な日本料理や日本の古典的な寿司をどれだけうまく、安定して再現できるかという視点でレストランを見ています。 

私たちの経験では、これはベトナム料理やタイ料理とは相性が悪いのですが、同時に ベトナム語 このようなレストランでの料理は、とても素晴らしいものです。 

そして、特にミュンヘンでは、新しい店、新しい場所への熱意がすぐに起こり、その熱意がすぐに冷めたり、店を出したシェフが、経営者が日本人の感覚を長期的に議論するセンスがないために、また移動してしまったりする。

しかし、これは、ある日本の味のクオリティを長期にわたって確実に表現できるのはどの店かということです。

ハーネスも含めたフルアセスメント

ちなみに、日本食レストランの全面的な評価には、以下のようなものがあります。 "いつもおいしく、いつも親切に"。.

逆に、日本のサービスは、ヨーロッパの人たちには地味、あるいは不機嫌に映ることもあるようです。 

日本人は、イタリアンレストランで休暇を過ごしているような気分にさせることが自分の仕事だとは思っていない。むしろ、冷静に料理の注文を正しく取り、トラブルを避け、注文を運び、キッチンとの工程を確実にすることが仕事だと考えているのだ。 

例えば、ドイツでは、素晴らしいサービスは、単に人々が(当然ながら)心地よいと感じるため、最高の品質と勘違いされることがよくあります。一方、日本の優れたサービスは、少し風変わりな印象を与えることさえあります。

しかし、日本食レストランの評価には、器や細かい部分(盛付など)の感じ方、もちろん厨房のクオリティの安定など、もっともっと重要なことがあるのです。良い食材を使うこと、基本を理解すること、そしてイエス:ミュンヘンの日本食・和食レストラングループ内のレストラン経営者の性格と行動です。

過去30年間のミュンヘンの寿司の経験談

SUSHIYAの創設者であるアレクサンダー・ライネルトは、1990年代に日本学を学び、以来、趣味としてミュンヘンのあらゆる日本食レストランと日本料理を情熱と熱意を持って追いかけています。

彼の周りには、経験豊富な日本人シェフやサービススタッフ、そして個人的な熱意や日本のルーツ、コネクションから日本料理や日本文化に長く携わってきたミュンヘン在住の若者や年配の人々がいる。

ここでは、ミュンヘンの日本食レストランを少し紹介します。完全であることを保証するものではありませんし、絶対的な知識を持っているわけでもありません。 

しかし、常に公平に、日本料理への愛情から発言していると主張し、おそらくあらゆる種類のインターネットポータルや評価プラットフォームよりもはるかに多くの経験と舞台裏を見ることができるのです。残念ながら、美味しいお寿司を探すのには全く役に立ちません(それについてはまた別の機会に)。ミュンヘンでお勧めできるレストランでも、日本の競合店が多い都市では成功しないかもしれません。一方、ミュンヘンには本当においしい日本食レストランが少ないので、正しい酢飯を食べないと味覚の混乱がひどいので、お勧めはできません。

他のお店を覚えている方、これらに何かを加えたい方、あるいはどこかで違う意見をお持ちの方。 どういたしまして。 私たちは、他の意見や問い合わせに耳を傾け、協力します。

ミュンヘンの寿司 - 概要

ここでひとつ 先遣私たち自身がミュンヘンで15年間日本食レストランを経営しているのですから、市場の屋台や一部の競合店についてコメントするのは不適切だと思う方もいらっしゃるでしょう。 

しかし、私たちは また、日本料理が好きな方私たちは、ミュンヘンにおける寿司と日本料理の発展を30年以上にわたって見守り続けてきました。 そして、私たちの評価を注意深く読み、その見識に満足するか、もちろん内容的には同意できないか、あるいは競合の話として無批判に拒否するか、どちらかになります。しかし、私たちは経験上、何を言っているのか分かっています。また、もし根拠のある異なる意見をお持ちの方がいらっしゃいましたら、私たちはそれを受け入れ、ご意見をお待ちしています。

もうひとつの小さなヒント:あなたの家の近くに、小さな寿司屋、出前、レストランがあり、あなたが素晴らしい、美味しいと思うかもしれません。 

ただし、夜もおいしく食事ができる店、継続性のある店を中心に紹介しています。そうでなければ、クオリティはあまりにも刹那的で、一人のシェフに依存し、すぐに消えてしまう。特にミュンヘンではそうです。

先日、当ブログで記事を書きました。 日本料理屋の見分け方.

ミュンヘンは、存在と能力ではなく、料理全体と外見で生きています。

寿司業界は今、野放図な演出でお客様に刺激を与え、本当の日本料理の味を完全に置き去りにする風潮にさらされていると言わざるを得ません。

日本の本物の工芸品は、なかなか手に入りません。 

これは、ドイツにおける美食の認識における根本的な問題であるらしい。ミュンヘンでは、少なくとも日本料理と寿司の分野では、特にそうであると言える。

しかし、フュージョン寿司が自動的に悪い寿司である必要はないのです。逆に、sansaroでは、日本の台所事情に合ったフュージョン寿司が、ドイツの人たちの心をつかむことができるのではないかと考えています。 

なぜなら、私たちドイツ人は異なる味覚に慣れていて、何十年も高級な日本料理で育っていないことも事実だからです。

フュージョンは、良い基本的な食材、日本料理に対する知識と理解をベースにすると、非常にクリエイティブで真の名人芸になります。

しかし、良いフュージョン寿司とは、単にサーモン、アボカド、マグロのバリエーションを組み合わせただけのものではありません。近年、トリュフオイルの香り、揚げ寿司、そして何よりも強烈なソースを使ったレストランが次々と誕生している。これは、全国的に有名な宅配サービスや、ミュンヘンやその周辺に新しくできた数多くのレストランに関するもので、その多くは日本語の名前が付いている。 

しかし、何が美味しい寿司で何がそうでないかの認識は完全に曖昧になっている。

ミュンヘンの寿司事情

2019年~2022年頃までの現在の市場状況は、以下のように考えています。

本格的な日本料理店が少なくなってきている

本当の日本の味、料理の奥深さを提供するレストランは少なくなってきています。 

2022年、夏にはクローズ シュヴァービングにある伝説の寿司バーを受賞している。 レストラン トシ.その他、三谷や吉兆などは、ほとんどメディアに取り上げられることもなく、残念ながら工夫や特別な展開が見られない。コロナの大流行をきっかけに、これまでお薦めしてきたお店のクオリティが変わってしまったことにショックを受けることもあります。ミュンヘンの人々がもう一度、本物の日本料理に目を向け、評価してくれること、そして実際に日本料理を作っているレストランが、もう一度、材料やスタッフにもっと投資してくれることを願うばかりである。

日本料理はとても手が込んでいて、下ごしらえも大変です。米や野菜、魚の下ごしらえを少なくして、代わりに寿司に濃い目のソースをかければ、もっと楽になりますよ。 

ユビキタス "な世の中で目玉焼き寿司また、「日本の味」という意識も薄れてきています。 和食がいかに満足感を与えるか、彼に会ったことのある人なら誰でもが、このことをとても残念に思っている。

小畠敏夫 経験豊富なシェフ、日本料理アンバサダー多くの汎アジア系レストランがそうであると "日本の文化を盗み、汚す" ということです。 その結果、お客様は、寿司の何が特別なのか、寿司とは何か、寿司とはどんな味なのか、ほとんどわからなくなってしまったのです。 

現代的な」寿司屋は、刺身のセビーチェ作りや新スタイルの刺身、マヨネーズの「刺身」などをメニューに載せているだけではない、という評価です。 熟練した職人による刺身の盛り合わせ そのため、新鮮で高品質な魚種を使用することができず、自然消滅してしまうのです。

ミュンヘンではランチタイムの日本料理は難しい

コロナのパンデミック以降、ミュンヘンの日本食レストランを取り巻く状況は大きく変化し、お客さまに不利益を与えています。2022年夏現在、ランチタイムに美味しい日本食を楽しむことはほぼ不可能なようです。 

自社レストラン sansaro は、大学やその周辺の生活が大きく変わったため、昼休みはやはり休み、スタッフは非常に少ないです。私たちにとって、ランチタイムに開店することは、単にペイしないのです。

この トシミュンヘンの中心街でいつも質の高いランチメニューを提供していた「ヴェンデル」は、現在完全に閉店しています。

レストラン 三谷以前は、安くておいしいランチタイムスナックとして知られていましたが、現在は夜間のみ営業しています。

鯉やあずきなどの "スタイルレストラン "のクオリティは、ランチタイムには話題にならないほどだと思います。 

私たちからすると、ランチタイムに日本の味を楽しめるのは、今のところ ハグルマ そして きっちょう とか、せめてラーメンのスープや小物足しには、匠やAOIのラーメンを。

日本の味と価値ある品質を楽しみたいのであれば、この品質を提供してくれる店に出会えたとき、本当に感謝しなければならないことがわかったのです。良いガストロノミーとは何か、良い寿司と悪い寿司をどう見分けるか、そんな時代の変化が訪れているのかもしれませんね。

トレンド:寿司をイメージした高価格帯の高貴な寺院

個人経営の高級レストランが次々とオープンし、時には有能な日本人シェフが登場することもある。

しかし、基本的な方向性は正統派日本料理ではなく、汎アジア(芸者グループ)、日経キッチン(居酒屋など)、あるいは構造的にシステムガストロノミー(Do & Coレストラン)であることがほとんどである。 

メニューは通常、ゲストに忍耐力を要求するのではなく、印象的なアレンジを求める欲求を素早く満たし、異なる料理を「シェアサイズ」で素早くテーブルに運ぶように設計されています。 

最終的には、見栄えのするものを素早く提供できるキッチン、大勢のゲストに対応できるサービス、そして、鍛え抜かれた体系的な販売方法が重要なのです。 

そのような店では、最近、非常に独創的で大げさな寿司の作品があり、しばしば一つの巻物に無数の材料が集積され、トリュフオイルが添えられ、フランベされ、ケータリング卸売業のスレート皿や全く日本ではない階段構造で提供され、また、そのような店でも、「このような寿司を作ることができる。 ごく最近ドライアイスで

しかし、私たちの経験では、これらの寿司は非常に平凡で一方的なものであることが多い。それらはたいてい、本当の日本料理や日本の美食とは何の関係もない。

トリュフや濃厚なソースが握りや細巻きにしみ込んで、強烈な味になることもある。 

しかし、これでは米や魚に対する理解が浅く、安価な魚やマグロを使った料理がほとんどで、魚本来の良さが失われ、お客様には伝わらない。 

そのため、1巻あたり15ユーロから25ユーロの手数料がかかる。

また、面白い観察もできました。その中の一軒で、メニューに「うなぎの白焼き」という、うなぎを特別に調理したものを見つけた。 我が家では、このために新鮮なものを切り刻んでいます。.このような取り組みをしているのは、私たちの知る限り、ミュンヘンでは当店だけです。しかし、もう一軒の店では、安価なレストランでプラスチックパッケージから出てくるような、まったく普通のプレハブのうなぎ「うな重」しか出てこなかった。私たちから見れば、これはぼったくりです。インターネット上では、経験の浅い日本の美食家たちが、このレストランがいかに素晴らしいかを囃し立てています。 

結論として、これらの観察は、残念ながら現実のものとなってしまった。新規出店の大半でソースや粉飾が多く、日本の味を詳しく理解していない、知識がない。

1990年代後半から2000年代前半のミュンヘンでは、中国人が経営する組み立て式の劣悪な寿司屋が、2020年代にはベトナム人が経営する、装飾や演出が素晴らしく、しかも美味しい日本料理の知識が全くないスタイリッシュな店が多くなっているのです。

ミュンヘンの新しい寿司レストランで、揚げ寿司に様々なソースをかけ、わさびを2回つけた無分別な飾り付けをした。

ミュンヘンの回転寿司、おすすめしません。

念のため:残念ながら、ミュンヘンでは組立式レストランはお勧めできません。私たちの評価では、これ以上納得のいくものはありません。 

そう、1990年代から2000年代初頭にかけて、私たち自身がこれらのレストランに通い、いつも食べていたのです。しかし、私たちの会社がオープンし、早くから日本人シェフに頼っていたため、私たち(と当時のスタッフ)にとって全く異なる味覚のイメージを持つことになりました。 

当時も今も、ミュンヘンにはお勧めの回転寿司はありません。また、日本人が働いているところ、日本人のシェフが働いているところも知りません。 

東京、新宿、築地、京都、富士、浅草......と、一見すると日本風の店名が並ぶ。 

しかし、初歩的な和のテイストがあるレストランは見たことがない。いい魚やいい米(!)を買うといくらかかるのか、下ごしらえにどれだけ時間がかかるのかがわかると、簡単に計算できるようになります。どうりで、冷凍食品売り場の焼きそばやデザートがベルトコンベアーで大量に流れているわけだ。 

結論:日本料理を知り、好きになりたければ、ミュンヘンの組み立て式食堂に手を出さないことだ。 

特に初めて寿司を食べるときは、質の高いものを選ぶべきです。そうでないと、間違った、しばしば人工的な味に慣れてしまうからです。

ミュンヘンで(基本的に)美味しい日本食が食べられる場所

しかし、ミュンヘンではどのレストランがお勧めなのでしょうか?

Aエルエス 大まかな目安 というのが妥当なところでしょう。 日本人が経営するレストラン 日本的なテイストでありながら、それぞれのレベルに見合った経済的な余裕がある。
具体的には、これらのレストランでミュンヘンにおける日本の味を見つけることができると思います。 

  • ハグルマ
  • 三谷
  • トシ
  • 海藤
  • SANSARO
  • きっちょう
  • ジェイバー
  • 庄や
  • 葵ラーメン
  • 拓海
  • 寿司佐野 
  • と一部寿司屋で(更新:閉店?)
 

他のほとんどのレストランでは、どちらかというと模倣品で、時にはくたびれ、時には非常に上品な演出が施されています。

注:ミュンヘンのレストランで、日本料理や寿司の分野に関連するものであれば、何度か訪れて見当をつけたことがあるはずである。ここで話していないレストランでも。 

ミュンヘンのおすすめ日本食レストラン・寿司

ミュンヘンで一番おいしい寿司はどこで食べられますか? 

ググってみると、いわゆるアグリゲーターや、ライフスタイル系のブログの記事も出てきます。これらのサイトは、その規模の大きさと、全国的あるいは国際的な分布から、Googleにランクインしているのです。 

しかし、よく見てみると、おいしい日本食を求めている人には何の役にも立たないことが多いのです。ブログは、あらゆる場所を気の利いた言葉でお勧めするのが主で、書き手はしばしば よりドラマチック 彼らは寿司のことを全く知らず、絶対的に議論の余地のない食味を勧めることもある。 

大多数の食べ物やライフスタイルのブログは、寿司に関しては有能なコンタクトではなく、そこでのお勧めは何の価値もない。運が良ければ、ネット上で以下のような地元で経験を積んだ胃袋ブロガーが書いた記事に出会えるかもしれません。 ビアンカ・マーシー または 日本の専門家たち アクセル・シュワブ と、良いオリエンテーションを提供するものです。

運が悪いと、Süddeutsche Zeitungやミュンヘンで広く読まれているイベント誌「In München」でさえ、ミュンヘンの寿司、あるいは日本料理では到底お勧めできないレストランをお勧めとして書き出してしまうのです。Süddeutscheのすべての記事が書かれているわけではないからです。 デム 長年の経験を積んだ美食のエキスパート。また、一つや二つの有名なレストランガイドでも、特に日本人ゲストの有無などのサイドファクターに着目すると、日本料理に対する評価が間違っていることがある。(日本人ゲストが海外の日本食レストランに求めるものについては、別途記事を掲載する予定です)。

もう一つ重要なことは、Süddeutsche Zeitungなどに掲載された記事は、時間的な制約を受けることで、人生におけるあらゆることと同様に、スナップショットに過ぎないということです。しかし、大規模なポータルサイトの記事は、ポータルサイトの市場パワーにより、何年も何年も経ってもインターネット検索で優位に立つことがあります。

しかし、特に寿司の分野では、長期的に継続した品質を提供するためには、多大な努力が必要です - 一番偉い寿司職人が休んでも、変わっても、完全に崩れることはない。 

私たちは20年以上、まさにこの、長期的な視点でシーンを観察してきました。長期的な発展、反省なしに急激なトレンドだけを見るのではなく、雰囲気と味を混同しないことです。

現在、味の面でお勧めできるのは、以下のお店です。

ハグルマ - ゲルトナー広場の近くにある小さなカジュアルレストラン

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド

現在最も活気のあるイザール川に平行して、かつて2軒あった「すし善」のうちの1軒があった場所に、小さな日本料理店「はぐるま」が隠れています。いつも陽気な日本人女性が長年経営していた、小さな素朴なレストランで、寿司の質にはばらつきがありますが、温かい料理はいつも訪れる価値があります。また、鮨職人が経営しているか、複数のスタッフで鮨の品質を一定に保っているかによっても、鮨屋の良し悪しは変わってくる。
現在(2022年8月現在)、ハグルマを切り盛りするのは、キュートな日本人シェフの平田雄三さんです。彼は、ごく短期間、私たちと一緒に派遣社員としても働き、その後、ホテルバッハメールの寿司バー「ミズ」で刺激を受け、現在は自らハグルマを切り盛りしています。

✺ アンビエンス

前回同様、ハグルマはとてもシンプルな雰囲気で、高級レストランではなく、親友とのおしゃべりや、ちょっとしたご近所さんとの食事に最適です。現在、壁は非常に剥き出しで、屋外は少し即興的ですが、昼は太陽の下で、夜はあまり混んでいない一方通行で、ここに座ることができます。

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ . 

この値段で、このクオリティの握りは本当に素晴らしいです。
また、独創的なロールもいくつかありますが、バージョンによっては注意が必要です。酒粕巻きは焼いたサーモンの皮の歯ごたえがなく、レッドホットチリロールはベトナムの寿司を真似て作ったように見え、ドラゴングリーンロールはソースが効いているだけであった。
私たちはいつも何か新しいもの、特別なものを試したいと思っていますが、「はぐるま」のクラシックな寿司や刺身も悪くないですよ。
ハグルマの伝統に則って、少し塩辛く、少し強いですが、私たちはとても気に入っています。例えば、日替わりの「シェイク・ハラス」は、ボリュームもあり、現代風にアレンジされていて、なかなか美味しかったです。

日本専門家アクセル・シュワブ と、ちらし寿司を愛情を込めてアレンジし、適正な価格で提供してくれたことを褒めてくれました。

ミュンヘンの「はぐるま」の小さくて美味しいちらし寿司

✺サービス ✺サービス
現在、サービスに弱点があり、それも補強が急務であるためです。 ハグルマで派遣社員または正社員として働きたい方は、WhatsAppに直接平田さんに書いてください!下の写真に番号が載っています。

✺ 開店時間 ✺ 開店時間
ランチタイムと夕方に見学可能。

注意 - Googleのエントリとは逆に、ハグルマは現在10月3日までお休み中です!

結論 ✺✺✺✺✺✺。
新経営の小料理屋「はぐるま」の刺身、握り寿司、ちらし寿司、温かい料理を明確に推薦する! 試して、応援して、見守ってください

連絡先ハガレマ|Baaderstraße 62, 80469 Munich|電話番号:089 13939926|ホームページなし

奉仕活動をしたい人、または知っている人がいたら、ハグルマに連絡してください。

レストラン「海人」 - ガベルスベルガー通りにある日本食レストラン

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド

重厚な木材をふんだんに使った敷地には、かつて庄やグループの本店である「庄や」が入居していた。 

数年前からある「カイト」ですが、2018年頃から、一部のグルメエディターが「ミュンヘンのトップ寿司店」と呼んでいます。庄屋時代から何度も海東を訪れ、間違いなく感謝している私たちでも、この意見には賛成しかねる。

ミュンヘン「カイト」のお寿司2018

ここでポイントになるのが、店内の雰囲気です。海人」は、日本のクラシック音楽が流れる数少ないレストランであり、日本語学習者は、カウンターでサービススタッフやシェフと直接、日本語の単語を慎重に交換しようとすることができます。

寿司カウンターでは、常に水しぶきが上がっていて、いい雰囲気を醸し出している。また、今では珍しくなったが、おしぼりをもらえる。

ミュンヘン「Kaito」の漬物小前菜2018

ちなみに、2021/2022年の変わり目には、少し前にミュンヘンに来て、ベトナムの大企業で短期間働いていた若いシェフ、綿引剛が経営と、寿司屋の裏方のポジションを引き継ぐことになりました。だから海人は、実は2021年末からまったく別の経営陣になっているんです。

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ . 

和の雰囲気ときちんとした寿司職人の技が、海人の強みです。シャリはもう少し「方向性」を、寿司ネタはもう少し「深み」を出して欲しい。でも、少なくとも海人は、納豆を使った寿司や前菜を全く提供しない数少ない店の一つです。海苔の歯ごたえもよく、トロも上質なものです。 

この 刺身はミュンヘンの中でも美味しい部類に入るしかし、折角の特典があるにもかかわらず、なかなか望むレベルには達しない。

 

2022年8月、ミュンヘンのカイトで美しい寿司の盛り合わせ

✺ アンビエンス 

海人」の素晴らしいところは、ホームページの予約リクエストの時点で、最初から和の雰囲気が表現されているところです。 

だから「海人」は、賑やかな夜に和服のサービスマンがきょろきょろしながら食事をするのにも、静かな夜に日本のクラシック音楽を聴きながら、東京郊外の田舎町や海岸の小さな町にある日本の居酒屋に来ているような気分に浸るのにも適しているのです。

✺結論 ✺結論
Kaitoは日本をイメージさせるレストランであり、私たちが徹底的にお勧めできるレストランです。 

吉兆」とともに、日本の静寂に浸ることができる逸品です。確かな品質のお寿司と、食べてみたいと思わせる前菜の数々!訪問してお楽しみください。

連絡先海人|Gabelsbergerstraße 85, 80333 Munich|電話番号 089 52059455|。 https://de.kaito-restaurant.com

WurzerstraßeのレストランKitcho - 見落とされがちで、過小評価されているかもしれません。

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド
吉兆は少なくとも25年以上の歴史がありますが、良くも悪くも、ほとんど名前が知られていません。少なくとも、メニューも料理も印象に残っていない。 

今回のレビューでは、この機会に何度か足を運び、感想をアップデートしてみました。要するに、この25年間、ほとんど何も変わっていないのです......。

✺ アンビエンス
吉兆の雰囲気は日本を感じさせてくれます。彫刻が施された美しい障子、ダークウッドのパネル、そして隅に吊るされた神社や店の窓に飾られたミニチュアなど、アンティークな雰囲気が漂っているのです。 ヨロイ (日本の伝統的な鎧)です。寿司カウンターでは、日本の木工芸品「組子」に見覚えがあるような気さえします。 

また、残念なことに、非常に日本的で、プラスチックや物がたくさん立っています。パンデミック期のせいもあると思われますが、日本には機能的に可能なものはすべて入れてしまおうという傾向があり、それがここでも顕著に表れています。すべてを、本当にすべてをビニールで覆い、実験室のようにダイニングとバーを完全に遮断することで、不思議な感覚を与えています。 

適度な温度でも淀んでしまう店内の空気は、客席の一角に置かれた扇風機で打ち消す。日本人であれば、立ち尽くす雑踏を遮断して、壁に掛けられた日本の花瓶や、いつも美しく愛らしい食器など、美しい小物に集中することができるだろう。ドイツ人ゲストにとっては、時に刺激的な雰囲気であり、代表的なものには見えないようです。

2022年9月、ミュンヘンの吉兆レストランで昼食時の弁当セットメニュー

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ . 

料理では、吉兆の家庭料理と寿司や刺身が楽しめる。お刺身はとても素敵な食器に盛り付けられ、視覚的にも上手に盛り付けられていました。残念ながら、3回の訪問のうち1回目は、ホッキ貝の周りのある砂のような食感がはっきりと記憶に残ってしまった。 

私たちが全く感激しなかったのは、軍艦と社内のシグネチャーロールです。軍艦のバランスは良いのですが、海苔の葉の形がゆるく、食べているうちに舟が崩れそうになります。また、海苔の葉の噛みごたえがやや硬く、例えば「海人」の海苔のような歯ごたえの良さがない。巻き寿司は普通の大きさの口で噛んで食べられるものであるべきだ。一方、ハウスシグネチャーロールは、何の変哲もないただのウラマキである。独自の明確なクリエイティブディレクションがあるわけではありません。 

しかし、吉兆の寿司をミュンヘンの他の日本食レストランと比較すると、やはり「海人」に遠く及ばない。

✺結論 ✺結論 

吉兆は、日本を感じることができる、やや年季の入った小さなレストランで、ミュンヘンでの最後の機会のひとつと言えるでしょう 日本人の間では、特に高級というわけでもなく、安いと思われている。

吉兆の強さは 刺身 とホットキッチンをご紹介しました。 

吉兆の美しい和食器に見とれ、見かけの些細なことに喜びを感じるのはいいことです。 つま大根のみじん切りは、刺身のつまとして出される。 吉兆で本当の日本気分が味わえるのはここからで、その点ではミュンヘンのちょっとしたインサイダーと言えるでしょう 

高級な料理を求めていないのであれば、吉兆は間違いなくお勧めできます。 

日本らしからぬ似非寿司屋に行くより、ここに行って奇抜さに触れる方がいい。

✺ 開店時間 ✺ 開店時間 

昼と夜に訪問可能だが、厨房スタッフが少ないため、客足が遠のく。

連絡先吉兆|Wurzerstraße 14, 80539 Munich|電話番号 089 2283882|ホームページなし
✓ 予約のススメ!(電話で!)

ミュンヘンの日本料理店「吉兆」の美しい食器は、レストランでのひとときに華を添えてくれる。

スシバーレストラン&スシバーデリバリーサービス終了のお知らせ

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド
2001年にオープンしたMarschallstraße 2にあるKosta Baboulisの寿司バーは、長い間ミュンヘンで最高の日本寿司のベンチマークとされていた。 

多くの熟練した寿司職人が働いており、ネタは常に非常に良質で、さまざまな握りや軍艦の品揃えは他の追随を許さない。 

コスタはギリシャ出身なので、現地の漁師たちとは最高の関係を築いている。ミュンヘンの多くの日本料理店では、いつも彼から新鮮なマグロを仕入れて楽しんでいる。

以前は、マキシミリアン通りの中庭にあるスタイリッシュで小さな支店や、ミュンヘン市内の個々のホテルやカフェにも寿司屋があり、デリバリーサービスも非常に良い品質で提供していたのです。いつも楽しく注文しています。特にお握りや軍艦は宅配便にしてはとても美味しかったです。

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ .
個人的にはロールケーキのサイズや、近年はご飯の味もあまり好きではありませんでしたが、それは細部の批判であって、決して根本的な品質の低さと理解することはできないでしょう。
ミュンヘンのSushi Barは、高い品質で知られ、それゆえに尊敬に値する施設なのです。

✺ 開店時間 ✺ 開店時間 

2022年8月、突然「Sushi Barは夏休みです」と書かれた--ホームページの文章を解釈すればわかるように、やや不確かな結果である。数日後、一時的にホームページが完全に切り替わったようです。
Sushi Barが永久に閉店することなく、Kostaと彼のチームにまたすぐに会えることを願っています。Sushi Bar Munich Schwabingについて何か情報がありましたら、こちらまでご連絡ください。

追記:最新の噂によると、KostaはBogenhausenで何か新しいことを計画しており、そこで彼のシーフードの専門知識を披露する予定だそうです。レポートします!

連絡先寿司バー|Marschallstraße 2, 80802 Munich|電話番号 089 388996065|ウェブサイト

ローゼンハイマー・プラッツ近くのレストラン「ミタニ」 - 寿司と日本料理

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド

1990年代、Rablstraße 45番地はかつて トーカミレストラン は、当時すでに比較的質の高い日本料理や寿司を提供していたミュンヘンのレストランです。2004年頃からは、空手家の三谷陽子さんがこの場所を引き継ぎ、「レストラン三谷」を経営しています。三谷は以前、プラッツ3(現在は庄や居酒屋がある)の「Sushi Duke」で働いていたことがある。

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ .
握りずし、から揚げ、サラダ、味噌汁、デザート付きで8ユーロという破格の安さで、長年、三谷はその名を知られてきた。夕方、その時間帯は明らかに価格と品質の差が上に出ていた。

ミュンヘンのレストラン「ミタニ」の豪華な寿司盛り合わせ 2016

ミュンヘンの若い日本研究家は、「ハイツハウゼンは通の街です」と言う。

三谷もコロナ危機の影響を受け、サービススタッフの中には日本に帰って安心している者もいる。

メニューは、シンプルな和食の前菜から、しゃぶしゃぶやすき焼きなどの温かいメインディッシュ、寿司や刺身など、海外の日本食レストランでよく見られるメニューが揃っています。

2022年9月、ミュンヘンのレストラン「ミタニ」にて「刺身モリアオワセ」を開催。

しかし、昔も今も、三谷が一番楽しみにしているのは からあげ - 私たちの意見では、ミュンヘンで今までで一番おいしいと思います(そう、一部の人が話題にするAOIラーメンよりもおいしいのです)。からあげは、鶏のフィレ肉をスパイシーな皮で揚げたもので、通常、レモン、ソース、マヨネーズをディップして食べます。日本の一日の終わりには、とてもよく似合う。

2022年に再び寿司、刺身、様々な前菜を味わった後、典型的な日本の夜の外食に三谷をお勧めします:美味しいビール(三谷には「テレビビール」だけとは違うものがあります)、から揚げ、そしておそらく他の前菜をつまみに注文してください。からあげも何人前も😉次回はすき焼きを食べてみよう...。

✺ 開店時間 ✺ 開店時間

営業時間:火曜日~土曜日 18時キッチンのラストオーダーは21時です。三谷は席数が少なく、寿司は板前1人、温かい料理は料理人1人という狭い営業時間ですぐに満席になってしまうので、電話での予約をおすすめします。また、祝日や休館日はGoogleに掲載されていないことがあるので、突発的な訪問には注意が必要です。

結論 ✺✺✺✺✺✺。

寿司、刺身、温かい料理が楽しめる、活気あふれる日本の総合レストラン。私たちにとって、これまでのミュンヘンでの最高の唐揚げ&どこにでもあるわけではない美味しいビールを一緒に味わうことができました。

連絡先レストラン ミタニ|Rablstraße 45, 81669 Munich|電話番号:089 4489526|Restaurant Mitani|レストラン ミタニ 皆無 自社サイト
✓ 予約のススメ!(電話で!)

レストラン三谷のおすすめポイント:からあげがおいしい!?

レストラン「トシ」-移転準備中

WurzererstraßeにあったレストランToshiは、残念ながら現在閉店しています(2022年8月現在)。

小畠敏夫の新しい場所があれば、すぐに記事にしますよ。

UPDATE: 現在、MarschallstraßeのSushibarからToshioが場所を引き継いでいるようです。レポートします!

 

アマリアンパサージュ内のレストラン「sansaro

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド

最後になりますが、もちろん自社レストラン「SUSHIYA(社名)sansaro(店名)」です。
SUSHIYAは、若い頃から日本が好きだったアレキサンダー・ライネルトと勇気ある友人たちが、ミュンヘンで日本料理を適正価格で提供するために2005年に設立した会社である。

創業者のアレクサンダー・ライネルトは、1990年代にミュンヘンの一流寿司レストランに頻繁に通った経験から、ミュンヘンに質の高い日本料理を提供し、しかもゴールドカードを持たず、学生、弁護士、生徒、年金生活者、工場労働者が気軽に利用できる場所があることが重要だと考えていました。つまり、身分や財布に関係なく、敬意と喜びを持って迎えてくれるのです。 

2007年には、日本建築の解釈として意図的に作られたレストラン「sansaro」をオープンしました。その中で、sansaroは、長いディープから成長してきました。 あまりんどう 本格的な日本品質を求める人たちの間では、隠れた新参者となっています。 

日本の美食の裏側では、ミシュランの星付きレストランでしか見られないような、奥行きのある、素材と洗練された仕事が行われているのです。 

✺ アンビエンス 

ミュンヘンの日本食レストランとしては非常にシンプルな雰囲気であり、インテリアデザインも地味で、時には私たちにとっても地味すぎるくらいです。しかし、それは本質的なことであり、日本的な明瞭さと、実際には極めて形式的な日本の食文化に対する形式的な集中である。 

店内には、シェフがお客様との打ち合わせやサービスを行う大きな部屋が1つだけあり、シンプルで気取らない席が用意されています。 

大きなテーブルは、アマリアンパサージュの落ち着きのないファサードを持つ空間に構造を与え、さまざまなグループのゲストが集う場となることを意図しています。 

夏には屋外に2つの大きなテラスがあり、長年にわたって手入れをされてきた日本のカエデとシェフの庭にある大きな竹が縁取りとなっています。 

の緑地があります。 あまりんどう は、SUSHIYAの影響でかなり装飾されましたが、2020年に悲しいことに適さない庭師がいたため、見た目はかなり損なわれてしまいました。

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ . 

sansaroは、いつも一緒に仕事をしています。 可能な限りのオーガニック と、何度も何度も判断して、最高の素材を選びます。可能な限り持続可能な方法で仕事をし、可能な限りオーガニックを使用することは、創業以来、創業者の信念と持続可能性の問題でした。 SUSHIYA弁当屋 2006年の都心では、それが実現しました。 

その間、レストランと宅配サービスは、スローフード認証、オーガニック認証、日本食サポーターの認定を受けています。2022年以降、sansaroには、さらに ミシュランガイドに掲載されました。これは、素材選びやメニュー決定において、最高品質の道を歩み続けるための大きなモチベーションになります。 

寿司の品揃えはミュンヘンでも随一で、唯一無二です。 Marschallstraßeの寿司バー は、長年、こちらの方がよかった。ここ数年、sansaroの寿司飯は完璧に満足できるものではありません。少し粒子が粗く、乾燥している場合もありますが、素材や使用する魚、切り方の技術は他では見当たりません。このガイドのためにミュンヘンの数え切れないほどの日本食レストランを再び訪れ、皿の上の品質の違いに驚き、時にはショックを受けた。

温かみのある料理は、常に季節のメニューや刺激的なメニューを提供しています。 イベント情報 例えば日本料理では、人気のテイスティングイベントで、取り上げるウイスキーや日本酒、ジンに合わせて、常に新しい、個性的なフードペアリングを開発することが重要であると強調しました。 

一方、これらのイベントや大晦日、バレンタインデーの特別メニューは、どれも見逃せないユニークな食の体験です。 

2022年以降、sansaroでは、個別、季節ごとの 懐石-の夕方、大成功を収めました。SUSHIYAのホームページでは、日本食や日本文化への関心を高めるとともに、多くの根本的な疑問をほぼ科学的に解決することに努めています。

✺結論 ✺結論 

アマリアンパサージュのsansaroは、長い間、次のように考えられてきました。 「ミュンヘンで最も落ち着いた最高級の日本料理店」。 (Munich Goes out 2011)。 

比較的シンプルでありながら、徹底的にリラックスした雰囲気の中、様々な席で非常に豊富な寿司セレクションや常に変化する季節の料理から選ぶことができます。 

最高の食材を使用し、長年にわたる精巧な厨房作業、日本人シェフや技術へのこだわりにより、sansaroは長年にわたりミュンヘンで最高の寿司レストランであると私たちは考えています。 

ミュンヘンの日本食レストラン・寿司レストランをもっと見る

ミュンヘンの特筆すべき日本食レストランは他にもあります。リストはまだ完全ではありませんが、今後更新される予定です。

Shoya Izakaya at Platzl & Imbiss at Viktualienmarkt

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド

ミュンヘンの寿司シーンは、日本の成功者である大屋賢治が経営する「庄や」グループなしには考えられません。大屋は、高品質の尾崎和牛をドイツに輸入し、スターシェフの中村をはじめとする多くの人に供給しているのです。

30年以上前、ミュンヘンには、ガベルスベルガー通り(現在の)に、おいしい庄やがありました。 海藤)、Roeckplatzの「庄や料理」、そしてもちろんHofbräuhausの向かいの広場の角にある「庄やImbiss」です。三船の後継者である遠州も、かつてはボーゲンハウゼンの庄屋グループが運営していた。
スナックは数軒先に移転し、Viktualienmarktにも数年前から支店があり、Platzl 3にあったSushi Dukeの敷地には2階建ての「Shoya Izakaya」があり、近年はいつもちょっとした寿司のつまみを楽しんでいます。 

寿司&ホットキュイジーヌ ✺ ✺ . 

もし、庄やの近くで日本のスナックを食べたいと思ったら、庄やのスナックレストランは確かに良い選択です - 数あるおしゃれなベトナム料理店よりも良いですね。庄やのレストランのとても良いところは、お寿司だけでなく、ラーメンや丼物など、他の料理も食べられることです。庄やは、ミュンヘン市民全員に日本料理を好きになってもらいたい」という見出しで、常に新しいものを生み出している。だから、庄やが今提供しているものでいいんです。いつもお寿司である必要はないのです😉。

✺結論 ✺結論 

庄やのレストランやスナックは少し時代遅れで、コロナ危機の打撃を受けている。しかし、庄やはミュンヘンで長い伝統を持ち、さまざまな日本食を提供し、日本人が経営している。庄やグループには、他にどんなことが期待できるのか!ちょっとしたおやつに立ち寄るのもいいですね。

問合せ先:SHOYA am Hofbräuhaus|オルランド通り 3, 80331 Munich|電話番号:089 292772|ホームページ
連絡先:SHOYA am Viktualienmarkt|フラウエン通り18番地、80469ミュンヘン|電話番号:089 24208989
連絡先lll:居酒屋SHOYA|Platzl 3, 80331 Munich|電話番号:089 5428315

Sushi Sano - Brunnstraßeにある日本ルーツの安価なレストラン。

✺バックグラウンド ✺バックグラウンド
かつてJosephspitalstraße 4に、佐野高明という気さくな日本人がカウンターに立ち、ほとんどお客のいない小さな日本料理店「みなみ」があった。
アレクサンダー・ライネルト氏は、佐野氏の手伝いをしたいと思い、1999年に「ミナミ」を「SUSHI SANO」に変えた。新しい名前、プロフェッショナルな印刷物のレイアウト、内装のリフレッシュ、実際に客を惹きつける広告など、まったく予定外のレストランビジネスがスタートしたのである。

数年後、佐野高明氏とともにSUSHI SANO GmbHを設立し、ミュンヘンに複数の拠点と店舗を構える。 

オープン直後のミュンヘン「Sushi Sano Gallery Müllerstr.33」。

その後、手間と愛情をかけて作り上げたミュラー通り33番地のSUSHI SANO GALLERYは、不幸な事情で今は意味のない「寿司桜」になってしまい、日本の将棋、赤い大波のある部屋のコンセプトは 建築家セバスチャン・ラウシャー(現:コズミックスピリッツ) が理解されず、いつの間にか削除され、現在では別の使われ方をしている。

中2階の「SUSHI SANO GALLERY」では、スタイリッシュでクリアな空間と変化する展示が行われる予定であった。写真は、2005年ミュンヘンのジャパンフェストでのカリスマ佐野氏。

Zweibrückenstrasse19にある「ヌーデルハウス佐野」は、かつて日本料理店「写楽」があった場所で、今もそこにあります。 

一方、「寿司佐野本店」は、ヨーゼフシュピタル通りからブルン通り6番地に移転し、残念ながら亡くなった佐野さんのハーフの子供たちが切り盛りしている。

✺結論 ✺結論
Sushi Sanoでは、都会の真ん中で、新鮮で清潔な雰囲気の中で、とてもリーズナブルな価格でお寿司を食べることができるのです。

Sushi & Soul - グロッケンバッハフィアテルにあるジャパニーズウィスキーのエルドラド

Sushi & Soulは、Glockenbachviertel地区のKlenzestraßeにある、大きくてモダンなレストランです。 

特筆すべきは、ジャパニーズウィスキーの品揃えの良さだ。 ジャパニーズウイスキーの品揃えは世界最大級と言われています。ドイツでもアメリカでも日本でも、これほどの品揃えはないだろう(ただし、世界の高級ホテルでは、レストランsansaroの品揃えに遠く及ばないが)。 

しかし、Sushi & Soulはこの点では絶対に負けませんし、オーナーのクリス・ハーブスト氏はウイスキーに関しても名士です。過去10年間、日本のウイスキーはかつてないほど価値を高めており、ウイスキーやスピリッツを愛する人々にとって、これは実に印象的で貴重な宝物です。しかし、料理は、2005年から2019年にかけての様々な訪問において、個人的に極端に興奮することはなかった。

✺結論 ✺結論 

グロッケンバッハフィアテルの真ん中にあるSushi & Soulは、若者と素晴らしい日本のウイスキーを楽しむための場所です。

テレージエン通り56番地のトーカミ:過去の栄光が台無しにされる

1990年代、トカミの各店は、ミュンヘンで最初の本当においしい寿司屋を保証したことがある。 

Rablstraßeにあった初代Tokamiは、その後売却され、現在のTokamiになりました。 三谷WurzererstraßeにあるTokami & L-Barが、この度、「Tokami & L-Bar」に生まれ変わりました。 トシ と、キャナルストリートの「Tokami Sushi & Seafood」は、マネジメントバイアウトにより、今日の「JIN」というお勧めの中華料理店になりました。 

テレージエン通り56番地の「トーカミ」だけは、元の経営者のまま存続しているが、もう良心的に勧められない。 

長年、トーカミとは非常に友好的な関係を保ち、2018年までは、満席の時やお休みの時など、必ずお客様にお勧めしていたほどです。残念ながら、現在ではそのような推奨はできなくなっています。

日本食レストラン「十神」のほか、隣接するテレージエン通り54番地には長年にわたりスナックがあり、「十神」の厨房で作られた料理が非常に安く提供されていたのです。 は、アジア料理を提供し、2022年9月に突然閉店した。

✺結論 ✺結論 

1990年代から2000年代初頭にかけて、最高級の寿司を提供していたトーカミの店舗 ミュンヘン

私たちの知る限り、テレジアン通りに唯一残っているレストラン「トーカミ」には、いろいろな理由から行かない方がいいと思います。いつかまた変わるかもしれない。

マンゴスチン-ミュンヘン南部に伝わる汎アジア的な伝説

いまや「汎アジア料理」という言葉は、日本料理愛好家にとっては汚い言葉であり、警戒すべき言葉である。

ミュンヘンがまだ組み立て式レストランの侵略に直面していた頃、つまり寿司がまだエキゾチックな珍品だった頃、この店はすでに寿司を出していたのである。

1990年代前半にはすでに、当時和風の内装だった自室で、55マルクで高級握りを含む素晴らしいビュッフェを楽しむことができたのです。当時は刺激的だったビアガーデンが人気で活況を呈した。

アジア料理と新鮮な魚介類をこよなく愛する大家とレストランの功績は大きいが、日本料理の観点から見ると、近年、マンゴスチンの周辺は少し静かな状況であった。

今日、マンゴスチンは、残念ながら日本の古典的な寿司の領域でその日を迎えてしまった。確かに、魚の質はミュンヘンとしては明らかにアッパーミドル級かもしれませんし、ご飯もそれなりの味付けがされているかもしれません。しかし、おいしい刺身を作るには、愛情のこもった肴、魚の種類によって異なる切り方、バランスのとれた食材の選択が必要です。特に握り寿司の場合、魚の下のご飯が大きな玉になって、平均的な大きさの口で噛むことができないようではいけないのです。また、ミュンヘンの他の多くの新商品よりも、こちらのマンゴスチンの方がはるかに信頼できます。

それでも、濃厚なソースと味気ないシャリで、同じように味気ない「新スタイル」の寿司店が無数にある中で、日本料理に貢献した店であることは確かだ。

マンゴスチンは、寿司やその他のアジア料理を意図的に、時には空間的に細分化しており、「汎アジア」が巧みに行われ、有能に生きているミュンヘンの唯一のレストランであると言えます。

✺結論 ✺結論
マンゴスチンは、美味しいものをたくさん教えてくれるドイツ人ならではの視点で、汎アジア料理へのアプローチを提案します。

たまにマンゴスチンで刺身や巻き寿司を食べるのは間違いではありませんが、マンゴスチンを寿司屋として見てはいけませんし、美味しい握り寿司を期待してはいけません。

ミュンヘン「アンビエンテ」寿司レストラン

ここでは「スタイルレストラン」と表現しているが、素晴らしい雰囲気と、通常、完璧で非常に販売志向の高いサービスが見られる。

以下に紹介するレストランも、楽しい時間を過ごしたい代表的な夜には適しているし、どこもとても美味しい食事ができる。しかし、そこで日本の味や最高の寿司や刺身が食べられるとは、決して思わない方がいい。それは、個人の好みの問題とは別に、事実として間違っていると思います。 

そのため、ここでは素晴らしい雰囲気、スムーズで丁寧なサービス、高級感のある印象が重視されますが、必ずしも日本料理の真髄を味わえるわけではありません。

オペレーターの中には、このことも知っている、というか レストランは、そのような目的で設計されたものではありません。.これは悪いことではなく、おいしいお寿司やお刺身を探すときに気をつけるべきことなのです。

ヴィッテルスバッハ・プラッツのレストラン「鯉」。

Wittelsbacher Platzにある美しい敷地、美味しいローストの味と時には良い素材を作り出す炉端焼き。 

しかし、優秀な日本人シェフが働いていたとはいえ、寿司の質には大きなばらつきがある。鯉は、非常に良い素材を使うこともありますが、期待する多くのお客様を一定時間内にお出しできるような構成にしなければならないと考えています。

ホテルルーマーズ・ランツベルガー・シュトラーセのレストランIzakaya

いくつかの支店やホテルを持つガストロチェーンの一部で、南米の味と素晴らしいバー、そして全体的にモダンな雰囲気が特徴的なレストランです。 

しかし、私たちにとっては、ここには日本の味がないので、日本料理という観点からすると、その意味では無駄な雰囲気です。メニューの中には、sansaroのレストランと同じような日本酒もあるが、価格は2倍から3倍(!)である、とのこと。

レストラン ノブ・マツヒサ ミュンヘン

市内中心部にあるマンダリン・オリエンタルにて。世界的な高級レストランチェーンの一部で、日本の美しい雰囲気の中で、非常に格調高く、時には悪くはないが、日本人の好みに反するようなレストランもある。 

そもそもお寿司がとても高く、何度か訪れても私たち(と様々な常連さん)を納得させることはできませんでした。他の料理は日経の流れを汲んでいるので、日本料理の域を出ていない。 

松久ミュンヘンは、素晴らしい雰囲気の中で、完璧なホテルのサービスと、高価だが確かに美味しいフュージョン料理が楽しめる、お勧めのレストランです。

Do&Coレストラン

マリエン広場、FCバイエルン・ファンショップの1階。モダンでスタイリッシュ、時にはDJが登場し、後半からは大音量の音楽でディナーを楽しむこともできます。 

この目に見える正面のクッキングバーのキッチンクルーは、私たちが知る限りでは、特に、『Season2』や『Season3』で知られる経験豊富な日本人シェフ、加藤春が率いています。 バターメルチャーストリートのTenno を知っている。

料理は体系的に整理され、高額消費者のためのパーティーのようなレストラン体験に重点が置かれています。日本料理の影響を受けた美しい盛り付けの前菜をお酒と一緒に楽しむなら、Do & Coは最適な場所です。寿司や刺身の種類は限られていますが、こちらも悪くありません。

エンターテイメントとエフェクト、でもお寿司はない!

これらのレストランでは、アジアンキッチュの上にトレンディなアジアンスタイル、モダンなベトナム料理、良い雰囲気と美しい装飾を楽しむことができます。しかし、私たちは、そこで売られているものは、本当は寿司と呼ぶべきではないと考えています。

なぜなら、この値段で提供されるサービスは、私たちの見解では正当化できないし、シェフはおそらく日本料理について全く知らないだろうからだ。

ただ、メニューを見比べてみてください。これらの店の「革新的な寿司」は、極めてよく似ています。正しいシャリとその絶妙な味付けに基づいた、本物の首尾一貫した寿司のイノベーションは見当たりません。基本が完全に欠落しています。握りは、魚、シャリ、味付けで、ほとんど食べられないんです。

握りやシンプルな細巻きは、サーモン、マヨ、和牛、トリュフオイル、揚げ油など、味覚と職人技を駆使して作られたものだとすぐにわかるだろう。この寿司は、実は寿司ではなく、きれいな雰囲気の中での粉飾決算です。

私たちの個人的な経験では、ミュンヘンの以下のレストランがこれに該当する。

  • 芸者
  • ウイキョウ
  • ゲイシャ・ザ・ファイブ
  • アイヴィ
 

...そして確かに他の多くの新規出店は、寿司の創作が揚げ寿司、たくさんのマヨネーズと濃いソースをベースにしています。 

ドライアイス、金のパゴダ、ドクロなど、どれも日本の食文化とは関係なく、寿司がシャリに何かを乗せただけという事実から目をそらしている。

ミュンヘンでの寿司デリバリーサービス

近年、特に戸締まり中のミュンヘンでは、いくつかの宅配便が新たに定着している。

これらのサービスでは、オリジナルや創作寿司、最高級の品質、東京で学んだ寿司職人、最高の素材、匠の技、日本料理の芸術などがテキストで紹介されることがあります。 いいかげんにしろ 

もちろん、デリバリーサービスや近代的な店舗もすべて試しましたが、私たちの意見では、彼らが提供するものは寿司と呼ぶべきものではありません。

現在、弊社がお勧めできる配送サービスは 自社配送サービス の配信サービスを開始しました。 寿司バー シュヴァービング (残念ながら夏休み中で、今のところ結果は不明です)。

ちなみに、ヘンスラー・ゴーの全国配送サービスもあまりよく思っていない。しかし、私たちの意見では、HensslerGoは寿司や刺身、日本料理とは味の点で全く違うものだと思います。本物の日本料理を求めているならば、それは間違った場所です。(もちろん演出やマーケティングが優れていても・・・)。

見た目も個性的だが、一貫性、味、そして何よりも材料の品質という点では、寿司とは全く違う。

おいしいと思う日本食レストランはどこですか?

ミュンヘンの日本食レストランや寿司屋で、私たちの意見を聞いてほしいところはありますか?新しいインサイダー情報は見つかりましたか?私たちは、日本料理についていつでも喜んでお話を伺い、日本の味と日本の品質原則を指向する老舗のプロフェッショナルや新しいインサイダー情報をサポートします。もし、タレコミがある場合は、以下の方法でタレコミをお願いします。 お問い合わせフォーム.

もちろん、この記事も定期的に追加・拡張しています。

付録:ミュンヘンで行った日本食レストラン

ミュンヘンで訪れた日本料理や寿司のレストランを少し紹介します。 

場合によっては、何度も足を運んで長年にわたって印象を固めている店もあるが、とりあえず、遠くから寿司を見たり、メニューを見たりして、その味を知るには十分である。形と内容は、互いに関係するものです。 

さらに、ミュンヘンには無数の小さな寿司スナックや組み立て式レストランがあり、それらはとっくに消滅しているのだが......。

このリストに掲載されているレストランで、ここにも特に記載がない場合や クローズドレストラン ということは、私たちにとっては「日本の寿司ではない/日本の味ではない/特別な品質ではない」部類に入るということでしょう。

あるいは、完全を期すために、本質的に寿司に関するものではないと言わざるを得ない(例:タケドン、ノムスズキ)、これらはそれでも美味しいかもしれないが、このガイドには含まれていない。追いつきましょう。

  • アイヴィ・イータリー
  • 浅草
  • アノキ / アズキ
  • AOI ラーメン
  • 朝霞
  • 弁当箱
  • 弁当屋
  • チャン・グリューンヴァルト
  • チャオ・チャン
  • 大都会スナックバー ミュンヘン(オーバーポリンガー・シュポルトハウス(Oberpollinger Sporthaus)
  • 大都会ミュンヘン(クアフュルステン通り(Kurfürstenstraße)
  • Do & Co レストラン
  • えみこ
  • エンシュウ
  • 富士レナタストル
  • フジ・スティグマイヤープラッツ
  • 富士屋本店 ベルク・アム・ライム
  • 富士火災ミュンヘン フリーダム
  • 芸者ホーエンツォレルン通り
  • ゲイシャ・ザ・ファイブ
  • ハグルマ
  • HensslerGO宅配便
  • 居酒屋ルーマーズ
  • Jバー(いつでも行く価値あり!)
  • ToshiのJapa Tapa
  • ジャパングルメ
  • JaVi
  • 仁(まさにかつての「十神寿司海鮮」、後の「仁の天匠」、その間に仁は一流の中華料理店になり、我々の知る限りではもう寿司は提供していない)。
  • ジュピターレストラン&バー
  • タンロンレストラン(Toshiとの合弁会社だった)のKAISEKI
  • カマトト
  • かんしゃ
  • キム・サン・パンアジア
  • キムズ・スシ
  • キンチア
  • きっちょう
  • オリッサンによるココロ
  • コクミ
  • 東京の串亭
  • 串揚げ
  • 小だるま
  • ラッキー寿司
  • マンゴスチン
  • マリア・パッセンヌ
  • マトイ
  • 松久ノブ
  • マキシム・スシ
  • 三谷
  • ミヤビ・グリューンワルド
  • ムン食堂
  • 日本ラーメン
  • 野宮
  • オハヨウ
  • ムイシュキン王子(当時のメニューに日本風の料理があったため)。
  • サスー
  • 新宿
  • シズー
  • 庄や(ヴィクトゥアリエンマルクト、居酒屋アムプラッツル、インビスアムプラッツ、PEP、庄や料理アムレークプラッツ)
  • スシ&ソウル
  • 寿司と肉(SAM, 数カ所でテスト済み)
  • 寿司バー(マーシャル・ストリート。 Maximilianstraße, 宅配便)
  • 寿司セント
  • 寿司サークル
  • すしデューク(現在の庄や居酒屋)
  • スシ・エキスプレス
  • すし仁
  • 寿司京都
  • 寿司マジック
  • 寿司プラス(数 ぶんや)
  • すしさくら(同名のものがいろいろ...。)
  • 寿司佐野
  • 寿司の瀬
  • すし東京
  • すし竹
  • すしや弁当 リンドヴルムストラッセ
  • スズキ ノムノム
  • タケドン
  • 拓海
  • 天満屋
  • 天王(旧 Buttermelcherstraße, had 如何せん天王・天王デリバリーショップ、これは の元支店から来たらしい。 格安配送サービスShizoo 出ている)
  • ザ・スシショップ (レオポルド通りと ホーエンツォレルン通り(Hohenzollernstraße)
  • トーカミ(ラブラブ通り)
  • トカミスシ&シーフード (キャナルストリート)
  • トーカミ・テレジエンシュトラーセ
  • トシ
  • 築地
  • ウキヨ
  • 梅酒
  • うさぎ
  • ウシ
  • ウシオ
  • わび・さび・しぶい
  • ワカ
  • ワヨ
  • 結城 陽菜
  • ユズムク
  • ウェスティン・グランド・ホテルの禅
  • ゼント
閉店時間22時~盲目的な行動主義

2020年10月21日、SUSHIYA GmbHの創業者兼マネージングディレクター、アレクサンダー・ライネルト氏による現状の解説。 ケータリング業界は

和包丁
和包丁と切れ味 - 切れ味で味わう

2018年3月にデビューする上級寿司コースに合わせて、SUSHIYAブログで和包丁のことや切れ味のことなどをゆるーく取り上げていきます。