ミュンヘンのレストランToshiが閉店

目次

2022年3月上旬、悲しい知らせが突然届いた。

"トシ"ミュンヘンのWurzererstr.18にある同業者、小畠敏夫氏のレストランが3月中旬に閉店することになりました。

Toshiでの最後の夜は、とても唐突に2022年3月12日となった。 

TOSHIから何か新しいものが出たら、すぐにこの記事で紹介します。まず、このビジネスがミュンヘンの日本料理にとってどのような意味を持つのか、少し紹介しよう。

toshi-muenchen.deのホームページで、2022年3月の閉鎖をお知らせしています。

レストラン「トシ」はミュンヘンの名店だった

トシは長年、施設にいた。当初は「Tokami & Lechthaler L-Bar」としてスタートしたが、2000年代前半に当時のオーナーであったライナー・クックリック氏(彼は別のところで忙しくしている)が小畠敏夫氏にかなりの金額で売却したようだ。 

トシと呼ばれる俊雄は、他の多くのドイツ出身の日本人シェフと同様、ドイツでいち早く活躍したシェフの一人である。 大都会グループキッコーマン/JFCがドイツをはじめ世界に展開した初期の鉄板焼きレストラン。 

しかし、ミュンヘンのマキシミリアン通りから少し入ったヴルゼラー通りにあるトシズ・レストランで、鉄板焼きはもう何年も生き続けていたのだ。

奇をてらった創作ではなく、和のテイストを

私たちも、ミュンヘンではなかなか味わえない日本料理の多様性を体験するために、いつもToshiを訪れて楽しんでいます。 

なぜなら、残念ながら ミュンヘンの中級以上の価格帯にある、一見モダンな日本食レストランや寿司レストランの多くは、(少なくとも私たちから見れば)純粋に粉飾しているに過ぎないのです。

「エキサイティングな味の組み合わせ、モダンなシェアリング・コンセプトは、シェフが本物の日本の味を知らないという事実を隠している。残念ながら、特にミュンヘンでは、これに引っかかる人が多い。スターや女優が、寿司や刺身をほとんど知らないレストランを巡礼し、寿司の現代的な解釈によって新しい何かを提示しているように見えるのです。 

しかし、そのような店では、日本の複雑な手仕事を簡略化し、簡潔なソースの組み合わせなどで表面的な効果を狙っていることが多いのです。普通のお客さんは、ご飯の味付けが悪いとか、魚の焼き加減が悪いとか、そういうことに気づかないんです。 和風カット でした。

日本食の愛好家にとっては、私たちが何度も足を運んだ本物の日本料理店がミュンヘンでは少なくなってしまったということである。

だって、ご飯の味付けも中途半端で、魚も正しい技術で切っていないような粋な店は、日本の食文化とは関係ないのですから。スパイシーな味付けでもその事実は隠せず、日本らしい良さは失われてしまう。

たくさんのお寿司と豊富なスピリッツの品揃え Toshi 2015

日本食の多様性を味わう

トシ」は日本のセンスと品質の高さの拠り所であった。 

ここには、寿司以外の日本料理の多様性を示す、価値あるメニューがあった。 

同時に、和牛やイベリコ豚などの特別な食材を使ったアラカルトメニューも充実していた。

Toshiが日本料理の知識を提供し、日本人らしい巧みなコース選択で待ち時間を制限した(ドイツ人客がよく理解できない話題、つまり、あれとこれの理由)。 寿司 は時間がかかる)。 

お寿司だけでなく、おいしいもの:Toshi 2022の3月メニューのすき焼き

寿司と鉄板焼きのフルハウス

その昔、トシたちは、中央玄関の南北にある2つの部屋で、最大90人の客をもてなすこともあったという。 

鉄板焼きを注文した人は、店の北側にある熱々のプレートの前で調理を見守り、その後テーブルに戻って食べることができる。 

また、南側の窓際には、ハイテーブル、グループテーブル、カウンター、肘掛け椅子など、さまざまな席が配されていました。カウンターの中では、若いシェフやトシが、斉藤正美さんらミュンヘンの寿司界で昔から知っている人たちと一緒に働いていた。

Toshiは何度も受賞し、表彰されている

セラーに降りれば、豊富な品揃えのワインキャビネットを通り過ぎ、階段を下りれば日本の陶芸工房「かん太」の美しい食器が並び、階下にはトシの賞状が壁一面に飾られていた。疑問のあるものもあれば、かなり印象的なものもある。どうやらトシは、何年も前からガイドミシュランやゴーミヨで繰り返し紹介されていたようだし、グストでも長年にわたって安定した数のパンを持っていたようだ。 

 

 

としても 日本料理親善大使 は、2019年にToshiが受賞したもので、日本以外では世界で100人程度にしか与えられない栄誉です。また、そのほとんどが日本の陶芸家の巨匠によるトシのためだけに作られた食器は、愛好家の間で高く評価されています。

東京の鑑定家アクセル・シュワブも桐を高く評価しており、『桐の花』では、「桐の花」を「桐の花」と呼んでいる。 南ドイツ新聞 ミュンヘンで一番おいしい日本食レストランとまで言われた。

私たちはこの評価に基本的に同意します。TOSHIは、レストランsansaroのお客様に、良心的に代替店として定期的にお勧めできる唯一のレストランだったこともあります。

確かに、どこのレストランでもそうですが、「TOSHI」でも細部にこだわるお客様はいらっしゃいます。近年は、空間が少し古くなり、雰囲気がメランコリックになったり、シンプルなはずの巻き寿司が究極の情熱で作られていなかったりすることがあります。 

というのも、TOSHIはミュンヘンで最も美味しい寿司を長い時間提供し、様々な日本料理の中から素晴らしいセレクションを提供してくれたからである。 

ミュンヘンで本物の日本の品質を長期にわたって提供すること、それ自体が一生の仕事になるのです。 

なぜなら、ミュンヘン市民は目もくらむような流行を追いかけるのが好きだし、ドイツのレストラン経営者は、雰囲気や卑屈なサービス(日本の厨房の手順には従わないし、特に日本の厨房には従わない)にすぐに気がつくからである。 日本人が理解する「おもてなし」の心 というのも、多くのゲストにとって、安定した日本の品質よりも、より重要だからです。 

だから、ミュンヘンで本物の日本のクオリティを見せてくれるすべてのレストランに、本当に嬉しく、感謝することができるのです。

この際、ミュンヘン市民がもっと日本の味を知り、本物の日本食レストランを理解し、効率よく生産するために切り詰めた料理を提供する高級レストランにばかり足を運ばないようにしてほしいものである。

オフショット・ジャパタパ・ヌードル・バー

一時期は「Toshi Japatapa Noodle Bar」という小さな分室もあり、一本向こうの高級居酒屋のような存在になろうとしたこともあった。 

しかし、数年後、この試みは残念ながら頓挫することになりました。残念ながら、今日(2020/2022年)の時点では、ミュンヘンには本当に良い居酒屋がないのです。 マイストラーセにあるフレンドリーなJバー を離れています。

トシ・ミュンヘンは、なぜ閉店したのですか?

しかし、ここ数年、TOSHIの周辺は静かで、さまざまな噂が飛び交っている。アンビエンテとブレンダーの競争」がトシのビジネスを奪ったのではないかという疑惑もあり、ドイツ当局との問題が取りざたされることもあった。 

何しろ、Toshiの存在以来、その周辺にはマンダリンオリエンタル(ノブの高級システムレストランチェーン)、アノキ(後にアズキ、一時は旧天王に長年いた優秀なシェフ加藤晴がいた(現在の天王と天王は全く関係ない))、コイ(炉端、一時は優秀な寿司マスター矢川がいた)が徐々にオープンしたのである。 

これらの新しい、より見栄えのする、より大きな店ばかりが、トシから客を奪っているのだろう。そして、ミュンヘンの人々はしばしば雰囲気と品質を混同していることは、私たちの経験から確かなことです。

その後、コロナ危機でさらなる打撃を受け、私たちの経験では バイエルンの夜間外出禁止令 22時 を与えた。この2年間で、良い素材が買えなくなり、あきらめざるを得なくなった仲間の話も聞いています。特にToshiのようなレストランは、観光客や夜8時以降のメニューに時間のあるお客さんに依存していますし、そうでした。コロナ問題、無意味な規制、そして今回のウクライナ問題で、どちらもより困難な状況に追い込まれた。 

いずれにせよ、ミュンヘンの寿司シーンは20年後に小さな施設を失うことになり、私たちはとても残念に思っています。

Toshiの今後:ミュンヘンに期待

トシ自身は、話してみるとそれほど悲しそうには見えないんですよね。 

彼は、人生の最後まで何らかの形で働かなければならないことを知り、そのことに折り合いをつけているのです。 

しかし、もしそうなら、従業員が数人しかいないような小さなビジネスでは、飲食業は利幅がとてもとても薄く、リスクは常に高いからです。 

しかし、トシさんは将来について楽観的である。彼の経営する、あるいは彼が関与するレストランがどこかにオープンしたら、すぐにそこに行って、お祝いと試食をし、もちろんここでお知らせします。

ミュンヘンの美味しい日本食、それは私たちの身近にあるもので、いつも喜んでレポートさせていただいています。

小畠利夫とSUSHIYAの創始者であるAlexander Reinelt氏

ミュンヘンの「レストラン トシ」の代替施設

ミュンヘンでToshiの代わりに温かいものを食べるなら、RablstraßeにあるMitaniというレストランがあります(残念ながら現在のメニューはHPにありません)。お寿司はもちろんのこと、私たちのおすすめは レストラン sansaro において あまりんどうまた、最高の品質と、可能な限りの品質を重視しています。 オーガニック の買い物をする。

基本的に、ミュンヘンでお勧めできる寿司屋は、残念ながら少なくなってきているのです。 ブログにて.

他に何かコツやおすすめはありますか?私たちは喜んでいます to hear you と、ミュンヘンでの美味しい日本食をいつも楽しみにしています。

フェイスブック

投稿を読み込むことで、Facebookのプライバシーポリシーに同意したことになります。
詳細はこちら

負荷貢献

日本の寿司屋を訪問

SUSHIYAは日本文化が好きで、そのためにミュンヘンで初めて日本食レストラン「sansaro」を経営しました。から

鮨屋 ミュンヘン店の2017年の年越しメニューのグラフィック
2017年の大晦日

2017年の大晦日には、SUSHIYA sansaroでは、特別な和食を使った絶品メニューを3つご用意しています。今すぐ場所を確保しましょう