ミュンヘンの閉店した日本食レストラン

目次

SUSHIYAの創設者であるアレクサンダー・ライネルは、幼少期から日本料理と日本文化に興味を持ち、30年以上もの間、熱心に観察してきました。 ミュンヘンの日本食レストラン、寿司屋。

ここでは、ミュンヘンの旧日本料理店や寿司店のリストを紹介します。

レストランTenno in Buttermelcherstaße

2007年頃から2019年頃まで、ミュンヘンのKlenzestraßeのすぐ角、Buttermelcherstraßeに日本料理店「Tenno」がありました。 

日本人には少々刺激的なネーミングでも、タイ料理と混在しているにもかかわらず、珍しくとても美味しい日本料理がありました。 

それは、日本人の料理上手な加藤晴夫と、タイ人のシリ・ラティウスという2人のオーナーのおかげである。 

このように、天王は長年にわたり、良質でいつも親切なサービスで知られていましたが、オーナーが常に責任を負い、スタッフとの心配をすることに耐えられなくなり、その意思を貫かなくなったため、閉鎖されました。
特に、雰囲気ではなく、本物の日本の品質を提供しようとしたり、効果で安い似非寿司を売ったりすると、経営がうまくいっている店でも、それだけでは成り立たないし、資金もない...ちなみに、天王は当時のマスコミでも人気が高く、何度も絶賛されたり、著名人が訪れたことを報道されたりしている。

今日の天王とミュンヘンの天王はフリーターです

しかし、Tennoが閉店して間もなく、ミュンヘンには似たような名前の寿司屋が2軒オープンしたのはとても驚きです。すぐ近くのKlenzestraße 16にTenno、そして私たちの近くのGeorgenstraße 35にTenoです。 

どちらも、格安宅配サービス「Shizoo」(「Shizoo」は、フランスの宅配チェーン「The Sushi Shop」をミュンヘンに設立しようとしたことから生まれた)から生まれたと思われ、かつてのTennoやその資質とは全く、何の関係もないのである。 

ミュンヘンのTenno's SushiやSushi by Tenoは、ホームページではいいように書かれていますが、現在では間違いなくお勧めできません。ButtermelcherstraßeとKlenzestraßeの角に長年あった日本食レストラン「Tenno」とは全く関係がないのです。

残念ながら、私たち自身もそのような日本人離れした行動をレストランで知っています。 ミュンヘンの「SUSHIYA BENTO」。 なぜなら、それは、はるやシリが受け継いできたものに対して、そして特に、あなたとは違う期待をもってやってくるかもしれないゲストに対して、単純に間違っているからです。それこそが、日本の飲食店経営者と他の国籍の人たちとの違いなのです......。 

そして、そのことも1曲かそれ以上歌えばいいのです。

現在のTENNOのオペレーターがいる場所

ちなみに加藤晴は、その後もミュンヘンの寿司/日本料理の分野で多くの重要な新規オープンに同行し、シリは現在、マンダリンオリエンタルのノブ・マツヒサでレセプションを担当している。

アグネス通りのレストラン「Sushi Se」。

アグネス通りの地下には、2013年頃(?)から2016年末まで、寿司職人の山口健太郎が経営する小さなレストランがあった。 

健太郎は、以前マキシミリアン通りにある寿司屋で働いた経験があり、絶対的な基準を持つプロフェッショナルで、自分の店では完璧を目指すことで知られていた。私たちのスタッフの中にも、彼と一緒に仕事をしたことがある者がいた。 

残念ながら、ミュンヘンでは経済的に生き残るためには、美味しい寿司だけでなく、もっともっと多くのもの(マーケティング、キッチンミックス、ロケーション、ゲストとのコミュニケーション、長い&たくさんの我慢など)が必要で、私たちが丁寧にサポートしようと思っても、彼はすぐに諦めざるを得なかったのです。
ちなみに、健太郎さんは先日2022年夏にsansaroを訪れ、その後、寿司は完璧だと絶賛していました。まあ、それが日本人の親しみやすさでなかったら...ですが😉。

今日のケンタロウの居場所

また他の場所でもケンタロウに会えることを期待しています、最後に報告されたステーションは スズキ座 ミュンヘン郊外にあるこのレストランは、私たちも近いうちにぜひ行ってみたいと思っています。デリバリーサービスであり、絶品の魚屋とつながった小さいながらも立派なレストランです。

レストラン「すし善

ヴォルカート通り(現在のAOIラーメン)とバーダー通り(現在のハグルマ)にあった。非常に良い評判だった。私たちの記憶では、2つの「すし善」は2000年代のごく初期まで存在していたようです。

レストラン「わさび

それは、フォルカート通りにある、宇田原譲が経営する「すし善」の後継店であった。私たちが知る限り、彼は本物の日本の寿司職人であった。しかし、その間に「AOIラーメン」という日本の小さなラーメン屋が入居しており、そちらをお勧めする。

レストラン マトイ

ハンス・ザックス通り、現在のロータスラウンジにて。マトイは本当に美味しい日本のお寿司屋さんでした。私たちの記憶では、1990年代後半にオープンしていました。

レストラン富士屋 St.-Michael-Strasse 2

そのベルク・アム・ライムに、2006年、日本人の「海賊」(私たちからのニックネーム)後藤さんが自分のレストランをオープンさせた。 

日本料理や寿司もあったが、後藤はドイツ人に寿司以外のものも食べてもらおうと、わざと高価な寿司を用意した。行ってみると、全てがとても美味しく、素敵なお店でした。しかし、残念ながら数年後、2011年の津波災害により、家族の事情で日本に帰国することになり、断念せざるを得なくなった。ベルク・アム・ライムの「富士屋」は、ミュンヘンにある似た名前の組み立て式の飲食店とは全く関係がないのである。

ミュンヘンの不二家の小さな紙のチラシ Page 1
ミュンヘンの旧日本料理店「富士屋」のフライヤー

ルイ・ホテル内レストラン「エミコ

ViktualienmarktにあるHotel Louisには、数年前から「和食」のEmikoがありました。私たちはそこの寿司に納得していなかったが、ミュンヘンの上流社会は納得していた。素晴らしいロケーション、時には日本人のバーテンダーもいるが、結局は日本料理店ではなく、シェアリングコンセプトなど、ミュンヘンの典型的な「スタイル&ロケーション」レストランの一つである。 

評論家の中には、「エミコは遠く離れた最高の日本食レストランのひとつ」と分類する人もいる。しかし、有名なレストラン経営者がミュンヘンに高級店をオープンするときは、残念ながらそういうことがあるのだ。本物の和のテイストは必要なく、ちょっとした華やかさがあればいいのです。

大都会クアフュルステン通りミュンヘン

Kurfürstenstraßeにある鉄板焼きレストラン「大都会」は、長い間閉店していました。これについては、数年前にすでに記事を掲載しています。

ハイダハウゼンのレストラン「野宮

ハイドハウゼンの「野宮」は、寿司屋ではなく、バイエルンと日本のクロスオーバーで、串焼きがあり、その脇に寿司がある、という店だった。寿司はこれといったものがなく、雰囲気もよく、いつも満席で、当時はまだ本当に珍しかったウネルトル小麦のビールが飲めました。
コロナのパンデミックの頃、あきらめざるを得なかった。 

グロッケンバッハフィアテルにオープンした「野宮」のコンセプトを受け継ぐ店というのは、どこかの新聞で読んだが、ミュンヘンの日本事情に詳しい人の言葉を借りれば、「野宮」は、「野宮」ではなく「野宮」である。 野宮と何の関係もなく、まったく違うスタイルを提供しているこの店を、野宮の後継店などというのはとんでもない!」。.

ミュンヘン・ボーゲンハウゼンのレストラン「ミフネ

また、かつてミュンヘン・ボーゲンハウゼンにドイツ初の日本食レストランがあったことは、言うまでもない。 少なくともSUSHIYAの創始者であるアレキサンダー・ライネルトは、1980年代に16歳の誕生日に両親と一緒にこの店を訪れ、ある食べ物が舌や口の中で引き起こす全く異なる味、まさに異なる感覚(今日では「味覚的知覚」と言ってもいいかもしれない)に魅了されたという。 

当時、ドイツでは日本料理はまだ全く珍しいもので、ドイツ人は現在のように多くの食材の味に馴染みがないところもあった。お客さんの記憶では、テーブルの下に足を入れられる畳の部屋もあり、すき焼きも絶品だったそうです。

ミフネはやがて遠州(庄やグループ経営)となり、音もなく消えていった。おそらく、組み立て式寿司店の巨大な波が、ミュンヘンにおける日本料理とは何か、寿司とはどんな味なのか、という認識を破壊してしまったのだろう。 

現在、レストランとして使用されていない。

思い出のある日本食レストランは?

思い出のある日本食レストランや、ここで紹介しきれなかった詳細があれば教えてください。

私たちは日本料理が大好きで、日本料理に情熱を注いでいます。 接触 私たち、あなたからの思い出を取り入れることができるかもしれませんよ。

日本の寿司屋を訪問

SUSHIYAは日本文化が好きで、そのためにミュンヘンで初めて日本食レストラン「sansaro」を経営しました。から