TOKAMIの菅原健シェフ、2018年にSUSHIYAに復帰へ

10年以上前から、当店「sansaro」はミュンヘンで最高の寿司を提供していることで知られています。社員一人一人が誇りに思っていても、その裏にあるスタッフの話はほとんど報道しません。しかし、2018年秋には、私たちが特に喜んでいることを報告するための変化があります。

レストランsansaroのSUSHIYAのチームに戻ってきた菅原健一

菅原健一がチームに戻ってきてくれたことに喜びと誇りと感謝を感じています

ケンは2006年にすでに、最初の SUSHIYA弁当屋 がオープンしたとき、彼はsansaroレストランが建設され、オープンしたときにそこにいたのだ。

すし屋 ミュンヘン店 料理長 菅原 健
菅原健 2006年SUSHIYA sansaro(ミュンヘン)の(自作)組み立てにて

その時も、彼は健全な推理力と良心的な勤勉さ、そして何よりも美味しい温かい料理のための素晴らしいアイデアに感銘を受けました。そして、ミュンヘンの日本人コミュニティでは、彼は日本のクオリティーの高さで知られており、日本人にとって非常に重要な存在でした。- 謙虚さと性格の良さ。2009年、当店がまだ立ち上げの段階にあった頃、彼は重い心で「古巣」に戻ることを決意しました。 レストランTOKAMI テレジアン通りにあります。

ストップオーバー2009年~2018年:十日美のシェフ

[/vc_column_text][vc_column_text]Die letzten zehn Jahre war Ken dann als Chefkoch für die hohe Qualität des Tokami in der Theresienstrasse verantwortlich. Nun hat er sich entschieden, das TOKAMI endgültig zu verlassen und ist bereits als neuer Chefkoch seit September 2018 bei SUSHIYA tätig.

ケンは、熟練した日本人シェフ(ほとんどが女性シェフ)で構成されたチームと一緒に、sansaroレストランのためだけでなく、後には新しいプロジェクトのために、より質の高いサービスを開発していきたいと考えています。

私たちの "シニアマスター "斉藤正美は、より多くのことに集中するために、もう少し自由を持っています。 特別なイベント、美味しいテイスティングと寿司コース にフォーカスします。これがチームを今まで以上に強くしてくれています。今後数ヶ月間、ミュンヘンの美味しいお寿司や日本料理を愛する皆様に新しいアイデアを提供できるようになることを大変嬉しく思います。現在ケンは、2018.31.12.31の大晦日特別メニューをすでにチームで作っています。

これについての詳細は、いつものようにここのブログで、特に ニュースレター 常連のお客様のためにsansaroでのご利用をお待ちしております。 いつものように、ホームページ(www.sushiya.de)でオンライン予約するのがベストです。

PS 2019年末の更新:Kenは1年余り在籍した後、2019年9月に異動することを決めました。10年間のTokami、多くの6日間と多くの週7日間が負担になったようです。この件に関して、私たちが経験したこと、学んだことは、機会があればまた報告します。ミュンヘン近郊の日本食レストランで、あるいはまた私たちのチームで、ケンに会えることを楽しみにしています。最大限の品質と特別な創造性にこだわり続け、再びチームを再構築しています。 庶民派寿司 そして 試食イベント を提供できるように

 

 

すし屋 ミュンヘン店 料理長 菅原 健
SUSHIYA sansaro 2018で菅原健が新総料理長に就任

投稿数の増加

ジャパンクラフト21

SUSHIYA ミュンヘンでは、日本の料理と文化に魅了されています。私たちの仕事は、シェフが持つ日本の職人技や日本料理が持つさまざまなストーリーを、料理という形でお客様にお伝えすることです。

もちろん、日本のものづくりの奥深さは、キッチンだけでなく、日本の生活や創作のあらゆる場面で見ることができます。

しかし、職人技や正しい技術の保存は、もはや自動的なものではなく、どんどん知識が失われていきます。そして、それを実現するためには、往々にして外部の人間が必要なのです。アメリカ出身で現在京 都に住むスティーブ・バイメル氏は、日本の工芸品の保存に尽力し、支援に値する団体を設立しました。

続きを読む '