ミュンヘンの日本料理店「大東会」が長期休業

大東会レストラン
目次
We love 日本料理sansaroはもちろんのこと、ミュンヘン近郊の日本食レストランと取引しています。ミュンヘンの日本料理店「大都会」は、残念ながら2000年代初頭から存在しなくなってしまった。直接の後継者はいない。

ミュンヘンで「大都会」を検索すると混乱する結果

インターネットは何も忘れている....sometimesを混乱させる。特にミュンヘンで本当に美味しい日本食レストランを探しているときには...。

だから今日(2018年末)、レストランDAITOKAIはまだクルフュルステンシュトラーセ59にあると言われています - これはもちろん、悲しいかな、間違っています。

大東会は何年も前にミュンヘンで閉店しています。2016年から2019年にかけて「大都会ミュンヘン」で見つかった情報や写真のほとんどは、旧店舗とは関係がないものでした。

大東会のお店は何だったのか、なぜ閉店してしまったのか。

昔々、ミュンヘンには、ベルリンやケルンに似た大きなレストランがありました。 大きい 鉄板焼き-テーブル新鮮な日本料理で祝杯をあげました。一方、大東亜戦争で行われた鉄板焼きは、厳密に言えば、典型的な日本料理というより、国際化された日本料理なのだが、それはまた別の話......。

当時は、ミュンヘン出身者にとってはかなり珍しいことで、誰かが一緒に座っているかもしれない大きなテーブルに座ったり、迷子になりそうな場所に座ったりするんです。そして、決まったメニューしか出てこず、それを決まった時間にテーブルで直接調理する。もちろん、これは1テーブルに1人のコックという膨大な作業量を意味します。そして、鉄板焼きのテーブルにコックがいなければ、厨房で料理の準備に追われ、人件費がかさみ、西欧の人々には理解できないような高値になることもある。

ミュンヘンはまだその準備ができていなかったのかもしれない。または今日、人々はより多くのゲストにケータリングするより個々の概念を好む。

カルシュタットシュポルトハウス内の支店であり、ミュンヘンで多くの日本人料理人が集まる場所でもあります。

ちなみに、当時大東会はシュタッハスのカルシュタット・シュポルトハウスにも小さな支店を持っていましたが、1990年代後半にはミュンヘンの日本研究家や日本愛好家のためのインサイダー情報を提供していました。

菅原健一は、"菅 "を共有する最初の2人のシェフのうちの1人です。 レストラン sansaro を10年かけて作り上げた人。 元・TOKAMIさんの評判の良いお店ミュンヘンの大東会でも10年近く働いていました。

ちなみに、彼は竹内清茂の先輩でもあり、その間に趣のある素敵なお店をオープンしていました。 ジェイバー ミュンヘンで。いつ行っても見応えがありますが、それはそれとして。

今、ミュンヘンで「大東会」を検索すると、驚くことに、名前も場所も違う、大東会やその伝統とは全く関係のない、新しい「日本料理店」が出てくるのです。だから、インターネットで「大都会ミュンヘン」を検索すると、いきなりこの日本食レストランが出てくるのは意外なことである。

2000年代前半のいつの間にか、大東会が完全に音信不通で閉店してしまったのは悲しいですね。

ミュンヘン近郊の大東亜会代替施設

鉄板焼レストランの伝統は、現在ミュンヘンでは レストラン トシ Wurzererstr.内(Maximilianstr.付近)。 

(更新 Toshiは残念ながら2022年3月も閉店しました)

ミュンヘンから少し足を伸ばすと、アウクスブルクには レストラン万葉聞くところによると(少なくとも日本人と日本人の料理人はそこで働いている)。

日本料理は私たちにインスピレーションを与え、情熱を注いでくれます。皆さんにもぜひ、ミュンヘンの日本料理の様々な側面を見せる、本当に美味しい本物のレストランを訪れていただきたいと思います。ミュンヘンでの日本の鉄板焼きの素晴らしい情報をお持ちの方は、ぜひ書き込んでください。そしてもちろん、私たちに会いに来てくだされば、とてもうれしいです。 sansaro!

追記:2019年夏の悲しいアップデート:残り2つ ベルリンとケルンの大東会レストランが2019年9月に閉店するらしい.ドイツで本格的な品質の日本料理を確立するのは容易ではありません。残念ながら、私たちはそれを知っているのです。

現在(2019/2020年)、世界中で日本人シェフの需要が非常に高まっています。同時に、家賃も国際水準まで上昇しているドイツよりも、世界中で日本人シェフの給与が大幅に高くなっていることをよく経験します。同時に、これらの日本人シェフは、ここで働くときよりもずっと国際的な仕事を要求されることが多い。例えば、レストランsansaro(ここでは 日本料理店「sansaro」の料理人・経営者の仕事の裏側を見る).

グルメガイドGusto via SUSHIYA sansaro

もちろん、これは大変喜ばしいことです。グルメガイド「ガスト」では、5つのフライパンが評価され、2022年には上昇気流に乗るとされています。