ゲルトナープラッツ地区のハグルマ

目次
ミュンヘンの日本食レストランを概観し、どこが良くてどこが悪いかを見抜く 寿司 ここでは、ミュンヘンのレストランで、私たちが一般的にお勧めするレストランをいくつか紹介します。

バイエルン州の州都、ミュンヘンは、良い意味で 日本料理 と実 寿司 というのは、多くの寿司愛好家や日本の料理人の意見と同じです。そして、良い競争が多いからではなく、残念ながら悪い競争も多いのです。

一般的にお勧めできるレストランのひとつが、ミュンヘンのゲルトナープラッツ地区にある「はぐるま」です。以下、私たちの見解を述べます。

ハグルマ - ゲルトナープラッツ・クォーターにある伊皿子屋

フラウエンホーファー通り近くのイザール川に平行して、かつて2軒あった「すし善」のうちの1軒があった場所に、小さな日本料理店「はぐるま」(歯車)がひっそりとあります。 

いつも陽気な日本人女性が長年経営している小さな素朴なレストランで、寿司の品質にはばらつきがあるものの、温かい料理はいつも訪れる価値があります。

また、寿司職人が経営しているか、店主が数人の従業員で寿司の品質を一定に保っているかによっても、その店の良し悪しが変わってくるのは明らかだ。

現在(2022年8月現在)、ハグルマを切り盛りするのは、キュートな日本人シェフの平田雄三さんです。彼は、ごく短期間、私たちと一緒に派遣社員としても働き、その後、ホテルバッハメールの寿司バー「ミズ」で刺激を受け、現在は自らハグルマを切り盛りしています。

シンプルな雰囲気、小さな椅子とテーブル

前回同様、ハグルマはとてもシンプルな雰囲気で、高級レストランではなく、親友とのおしゃべりや、ちょっとしたご近所さんとの食事に最適です。現在、壁は非常に剥き出しで、屋外は少し即興的ですが、昼は太陽の下で、夜はあまり混んでいない一方通行で、ここに座ることができます。

簡単なアレンジ:シェイク・タタール

寿司&ホットキュイジーヌ

握りの質は、特に値段の割には、本当に大丈夫だと思いました。 

また、独創的なロールもいくつかありますが、バージョンによっては注意が必要です。酒粕巻きは焼いたサーモンの皮の歯ごたえがなく、レッドホットチリロールはベトナムの寿司を真似て作ったように見え、ドラゴングリーンロールはソースが効いているだけであった。

私たちはいつも何か新しいもの、特別なものを試したいと思っていますが、「はぐるま」のクラシックな寿司や刺身も悪くないですよ。 

ハグルマの伝統に則って、少し塩辛く、少し強いですが、私たちはとても気に入っています。

例えば、日替わりのおすすめ「シェイク・ハラス」は、量もそこそこあり、今風にアレンジされていて、なかなか美味しかったですよ。

日本専門家アクセル・シュワブ と、ちらし寿司を愛情を込めてアレンジし、適正な価格で提供してくれたことを褒めてくれました。

ミュンヘンの「はぐるま」の小さくて美味しいちらし寿司

サービス強化募集中

現在、サービスに弱点があり、それも補強が急務であるためです。昼休みになると、社長自らサービスと寿司屋の間を飛び回ることになる。

ハグルマで派遣社員または正社員として働きたい方は、WhatsAppに直接平田さんに書いてください!下の写真に番号が載っています。

✺ 開店時間 ✺ 開店時間
ランチタイムと夕方に見学可能。

ハグルマ・ミュンヘン営業時間 2022年10月

結論:ハグルマにチャンスを与えよう&試してみよう

ハグルマは、ゲルトナープラッツ地区のど真ん中にある居酒屋のようなものです。しかし、少なくとも、ミュンヘンの多くの華やかでスタイリッシュな店よりも、味という点で優れている日本人が働いている。

刺身、にぎり寿司、ちらし寿司、温かい料理が食べられる小料理屋「はぐるま」がおすすめ! 試して、応援して、見守ってください

連絡先ハガレマ|Baaderstraße 62, 80469 Munich|電話番号:089 13939926|ホームページなし

奉仕活動をしたい人、または知っている人がいたら、ハグルマに連絡してください。
sansaroメニュー2020

いよいよ2020年8月、日本料理店「sansaro」に待望の新メニューが登場します。そして、もちろん、私たちは新しいものを設定します。