三谷インザラブストラーセ

目次

バイエルン州の州都、ミュンヘンは、良い意味で 日本料理 と実 寿司 というのは、多くの寿司愛好家や日本の料理人の意見と同じです。そして、良い競争が多いからではなく、残念ながら悪い競争も多いのです。

当記事では ミュンヘンの寿司 ミュンヘンの寿司の現状をどう見ているか、また、どのようなお店があるのかを少し紹介します。 レストランSansaro 安心してお勧めできます。RablstrasseにあるレストランMitaniについてです。

日本人が経営するレストラン「三谷

1990年代、Rablstraße 45番地はかつて トーカミレストラン 当時、比較的質の高い日本料理や寿司が食べられていたミュンヘンで、日本食の普及に努めたのです。 

2004年頃からは、空手家・三谷幸喜がこの場所を引き継ぎ、レストラン「ミタニ」を経営している。 

三谷さんは、私たちが知る限り、以前はスクエア3の「鮨デューク」(現在は「庄や居酒屋」が入っている)で働いていたそうです。

三谷の寿司と温かい料理

三谷は長年、激安ランチで名を馳せてきた。 

にぎり寿司、から揚げ、サラダ、味噌汁、デザート付きで8ユーロは破格です。 

夕方、その時間帯は明らかに価格と品質の差が上に出ていた。

ミュンヘンのレストラン「ミタニ」の豪華な寿司盛り合わせ 2016

一方、三谷は火曜日から土曜日までの夜間のみ営業しており、暇な日でも大変混雑しています。 "ハイツハウゼンは目利きのための地域だ!" と、ミュンヘンの若手日本専門家は説明する。

三谷もコロナショックで、サービススタッフの何人かが日本に帰国してしまった。危機に瀕したとき、安全志向の日本人は(ほとんどの日本人はそうだが)、慣れ親しんだ環境に帰りたがる。

メニューは、シンプルな和食の前菜から、しゃぶしゃぶやすき焼きなどの温かいメインディッシュ、寿司や刺身など、海外の日本食レストランでよく見られるものばかりです。

2022年9月、ミュンヘンのレストラン「ミタニ」にて「刺身モリアオワセ」を開催。

三谷商事の過去・現在における一押し商品:からあげ

しかし、昔も今も、三谷が一番楽しみにしているのは からあげ - 私たちの意見では、これまでミュンヘンで一番おいしいと思います(そう、一部の人が好んで話題にするAOIラーメンよりもおいしい)。 

からあげは、鶏のささ身をスパイシーな皮で揚げたもので、レモン、ソース、マヨネーズをディップして食べるのが一般的です。ところで、日本の一日の終わりには、ウィスキーのハイボールがとてもよく似合いますね。

もう一度2022年を振り返った後 寿司, 刺身 おいしいビール(三谷は "TVビール "とは違うものを提供しています)、から揚げ、そしておつまみになるような前菜を注文してみてはいかがでしょう。からあげも何人前も😉次回はすき焼きを食べてみよう...。

三谷の営業時間

営業時間:火曜日~土曜日 18時 

注意:キッチンは21時にラストオーダーを迎えます。 

三谷は席数が少なく、寿司は板前1人、温かい料理はコック1人という厳しい営業時間のため、すぐに満席になってしまうので、電話での予約をお勧めします。 

また、祝日や休館日はGoogleに掲載されていないことがあるので、突発的な訪問には注意が必要です。

結論:ハイドハウゼン市民のための日本料理オールラウンド・レストラン

寿司、刺身、温かい料理が楽しめる、活気あふれる日本の総合レストラン。私たちにとって、これまでのミュンヘンでの最高の唐揚げ&どこにでもあるわけではない美味しいビールを一緒に味わうことができました。 

駐車場が非常に不便で、今のところ他にちゃんとした日本食の店がないので、近くに住んでいる人には理想的です。

連絡先レストラン ミタニ|Rablstraße 45, 81669 Munich|電話番号:089 4489526|Restaurant Mitani|レストラン ミタニ 皆無 自社サイト
✓ 予約のススメ!(電話で!)

レストラン三谷のおすすめポイント:からあげがおいしい!?
鮨屋 ミュンヘン店で日本酒修行
和酒
SUSHIYA sansaroでの日本酒研修

昨日、当店のsansaroに素敵なお客様がいらっしゃいました:「利き酒の達人」の認定を受けた上野良子ミュラーさんが